書籍・オススメ商品紹介

【楽器の紛失・盗難防止】3,800円で買える安心!AirTag(エアタグ)

  • 楽器を持ち歩く際に、どこかに置き忘れてしまわないか心配
  • 高価な楽器なので、盗難対策をしたい

実は、これから紹介するAirTag(エアタグ)を持てば、楽器の置き忘れなどによる紛失や、盗難に関する心配はほとんど無くなります。

私自身、数年前に楽器を紛失しました。そのときAirTagさえあれば、スムーズに楽器を発見できたはずです。

この記事では、AirTagの基本的な性能・初回設定方法・楽器紛失や盗難対策につながる情報を、私の実体験を交えて解説していきます。

この記事を読むと、AirTagを使う楽器紛失・盗難対策方法と、メリット・デメリットを理解することができます。

結論

AirTagは楽器の完璧な紛失対策となり、盗難対策にも一定の効果あり

代替品があるわけではないので、何か起こる前に購入しておくべき

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.AirTagは、iPhoneを使って位置情報を検索できる

AirTagとは、Appleから発売された紛失防止のタグです。このタグを取り付けておくと、iPhoneの「探す」アプリから、位置情報を検索できます。

AirTagを楽器ケースにつけておけば、このようにマップ上に位置を表示できます。

AirTag操作

2.AirTagの設定方法・使い方は超簡単!

AirTagは非常にシンプルなつくりになっています。

2-1.AirTagの初期設定は簡単、2~3分で終了

AirTagの初期設定は、本当に簡単で、箱を開けてから2~3分で終了します。手順を紹介します。

手順① iPhoneのBluetoothをオンにして、AirTagに近づける

AirTag設定1

AirTagに近づけると、iPhoneに登録用の画面が表示されますので、iPhoneの画面で、手順に沿って操作していくだけです。

手順② AirTagの名称設定

AirTagをつける一般的なものである「財布」「鍵」などがありますが、「楽器ケース」は選択肢にないので、「カスタム」を選び、自分で名称をつけます。

AirTag設定2
バージェス

自分は楽器ケースが複数あるので、楽器名を入力しました。

手順③ 絵文字の登録

アプリの地図上で表示される絵文字を選択します。LINE等で使える絵文字と同様の種類があります。

AirTag設定3

手順④ AirTagとAppleIDの連携

自動的にAirTagとiPhoneのAppleIDを紐づけてくれます。これで初期設定は終了です。

AirTag設定4

2-2.AirTagの使い方は基本「探す」アプリを起動するだけ

「探す」アプリから「持ち物を探す」を選択すると、手順③で選択した絵文字が、地図上に表示されます。

AirTag操作

3.【体験談あり】AirTagは、完璧な楽器紛失対策になる

遺失届
※当時はまだ、AirTagが発売する前でした

AirTagがあれば、楽器を紛失した場合、地図上に位置を示してくれるため、必ず発見できます。

過去に私自身が、楽器を紛失した体験を例にお話しします。(写真はそのとき、警察に遺失届を出したものです…)

実際どこのタイミングで、楽器を紛失したのか定かではなかったので、立ち寄った場所も含め、確認しました。

  • 警察
  • 鉄道会社(JR・私鉄)
  • 立ち寄ったお店や施設

幸い、自分のケースでは紛失した次の日の夕方に、JRからの連絡があり、無事楽器は手元に。

もしこのとき、AirTagが自分の楽器ケースについていたと仮定すると、JRの駅に楽器があることが、自分のiPhoneから確認できたことになります。

連絡する先が、JRだけで済むこともメリットですが、何より楽器がどこにあるのか把握できると、精神的にかなり落ち着けたはずです。

バージェス

楽器を始めて20年以上たちますが、こんな経験は1回のみです。

誰にとっても「紛失なんて絶対しない」とは言い切れないので、何かある前に準備しておきましょう!!

4.AirTagは楽器の盗難対策にも一定の効果あり!

残念ながらAirTagは、紛失対策とは異なり、盗難対策としては万能ではありません。

しかし、盗難対策としても一定の効果はありますので、やはりAirTagは準備しておくべきです。

4-1.盗難対策としてAirTagが万能でない理由

まず、楽器を盗んだ人がAirTagを発見した場合、AirTagだけをどこかに捨ててしまうはずです。

また、AirTagは、自分の手元から離れて、8~24時間内の間でランダムに音がなる仕様があります。つまり、AirTagを隠していても、音が鳴って見つけられてしまいます。

これはストーカー対策として、AirTagに標準的に備わっている機能であるため、変更できません。

4-2.盗難対策としてのAirTagの使い方

盗難対策として、AirTagを使う場合、考えられる方法は次の2つです。

  1. 楽器ケースの外の目立つ位置に、AirTagをつける
  2. 楽器ケースの中に、AirTagを隠す

推奨するのは①の「楽器ケースの外の目立つ位置に、AirTagをつける」です。

目立つ位置にAirTagがあれば、盗難の抑止になります。(わざわざ危険を冒して、AirTagがついているものを盗むことは考えにくいです。)

AirTagのケースは様々なものが発売されていますが、Belkin社の「ワイヤーケーブル付きセキュアホルダー」がオススメです。

ワイヤーを切断するか、専用の工具(六角レンチ)がないと、楽器ケースからAirTagを外すことができないため、より盗難対策効果が強くなります。

AirTagケース2
↑ワイヤーがホルダーの中に埋め込まれています。蓋を外した状態(写真右)にするには、六角レンチが必要です。

②の「楽器ケースの中に、AirTagを隠す」というのは、現実的には難しいです。

確かにAirTagが見つからなけれれば、盗まれてから最短8時間は追跡できますが、そもそも楽器ケースの中に、AirTagを隠せる場所がほとんどないからです。

応用技としては、「楽器ケースの目立つ位置につけながら、ケースの中にも隠しておく」というのも有効かもしれません。

外についたAirTagを外した後に、まさか中にまでAirTagが隠されている、とはなかなか考えないはずです。

5.代替品はあるけど、コストがかかり過ぎる

AirTagと似たような機能を持つ商品としては、GPS発信機がありますが、コストがかかり過ぎるというデメリットがあります。

GPS発信機自体の料金も高いですが、何より月に定額で料金がかかるものが多いです。

特に複数の楽器ケースがある方にとっては、大きな負担です。

GPS発信機自体は1つ購入しておいて、都度入れ替えることもできますが、そもそもGPS発信機を入れ忘れてしまったら意味がありません。やはり、楽器ケースごとに紛失・盗難対策はしておくべきです。

まとめ

「全ての楽器演奏家はAirTagを使うべき」と私は考えます。その理由は次の通りです。

AirTagを持つべき理由
  • AirTagは完璧な紛失対策が可能
  • AirTagの盗難防止対策は、完璧ではないが、一定の効果あり
  • AirTagの代わりになるのは、現状GPS発信機だが、コストがかかり過ぎる

ついうっかり楽器をどこかに置き忘れてしまう、というのはいつ発生するか分かりません。今すぐ、AirTagを準備しておきましょう!

【スマホだけあればOK】あなたの演奏のお悩み、すぐに解決しませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できオンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

サックスは上達すればするほど、より楽しめるようになります。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。