書籍・オススメ商品紹介

吹奏楽部員・初心者におすすめの楽典 勉強法も解説〜楽典 理論と実習

「楽器がより上手くなるために、楽典や音楽理論を勉強したい」という方は多いですが、どこから始めたら良いのか悩まれますよね。

そこで初めて楽典や音楽理論を勉強される方向けに、おすすめの書籍と勉強の仕方を解説します。

「楽器上達のため」という部分に注目して、内容を絞って解説していきます。

この記事を読んでほしい方
  • 楽器の上達のために、楽典や音楽理論の勉強を始めたいけど、何から手をつけていいかわからない。
  • 楽典や音楽理論を勉強するのに、使うべき教材が知りたい。
  • 楽典を勉強するのに「楽典 理論と実習」という本が良いと聞いたけど、使い方がわからない。

私バージェスがおすすめする、楽器上達のために最初に必要な教材はこちらです。

本書を選んだ理由・使い方は、次の通りです。

結論

吹奏楽に限らず、音楽を本格的に勉強する人は必ず読む本

本格的な音楽理論を勉強するための用語を知るための本

本書をおすすめするだけの記事は多いですが、今回の解説では、本書を使った勉強方法にまで踏み込んで解説していきます。

楽典の知識や音楽理論に裏付けされた演奏は、流暢な英語を話すのと同じです。

楽典の知識や音楽理論がない演奏は、下手な英語のような、ぎこちなさを感じます。

私自身も本書から勉強を始めて、何冊も本を読んできました。この本を読んだ先につながる勉強法にも触れていきますので、ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.本書の誤解と注意点

昔の私も誤解をしていましたので、最初に重要な事実をお伝えします。

本書には、演奏が上達するような情報は、ほとんどありません。

それでも本書をおすすめするのは、次の理由です。

楽器演奏の上達につながる良書は多くある。

しかし、本書に書かれている用語が理解できないと、それらの良書を読むことができない。

まずは音楽理論を、体系的に理解していくための本ということを理解してください。

英単語や文法を覚えないと、英語の文章が読めないのと同じです。

ですので、残念ながら読んでいて楽しいものではないと、私は感じました…

しかし、本書の内容が理解できると、演奏の上達に役立つ、様々な音楽理論の本が読めるようになります。

バージェス

「本書を読めば上達する」ではなく、「本書は上達するための本を読むための基礎知識」となります。ここを理解しないで、楽典を勉強し始めると挫折しやすい。

「楽典は定番の本を1冊読んで勉強したけど、特に役に立たなかった」となりがち。

2.本書を選んだ理由

本書と同じ様式の本もありますが、やはり本書は実績が違います。

  • 1965年から発行されて、今も楽典の中の定番、という歴史がある
  • 本格的に音楽を勉強している人の大多数が使ってきた。(「黄色の楽典」と言えば大体の人に通じます。)
  • レッスンを受ける先生も使っていることが多いので、質問しやすい。

吹奏楽に特化した楽典もありますが、まずはど定番である本書を読んでみることをおすすめします。

(「吹奏楽に特化したものは良くない」「読むべきではない」というわけではありません。楽典を複数冊読むことも良いことです。)

3.本書の学習方法

3-1.学習にあたっての前提

冒頭で解説した通り、「楽器上達」に特化した本書の使い方を解説します。

本書を読む目的は、「楽器上達につながる他の良書を読むために、必要な知識を得る」ことです。

本書に書かれた内容は、最終的に覚えることが望ましいです。

しかし、受験勉強で使うわけではないので、覚えきるまでずっと勉強し続ける必要はありません。

他の本を読んで、本書で学んだ用語だけど内容を忘れていたら、本書に戻って思い出せば十分です。

これを繰り返せば、記憶は定着していくので、どんどん本書の内容が覚えられます。

楽器上達につながる他の良書を読むために、必要な知識を得る

まずは本書の内容を理解して、他の本を読んで不明点があったとき、すぐに本書に戻れるようにしておく

3-2.読むべきポイント

読むべきポイントは、「楽器上達につながる良書」で頻繁に出てくる内容です。

「楽器上達につながる良書」を読む目的で使うのであれば、これから記載する以外の内容は、流し読みで問題ありません。

3-2①.強起と弱起・完全小節と不完全小節

小節の数え方がポイントです。

音楽理論の本では、様々な楽譜が引用されています。

引用された楽譜の小節ごとに説明されることも多いです、その際に小節を数え間違えてしまうと、間違った理解をする恐れがあります。

次の2つの譜例は、出る音は同じです。

しかし、最後の小節は、上が3小節目、下が2小節目となります。

小節カウント1
小節数カウント2

これは下の楽譜の最初が、4/4拍子なのに1拍しかなく小節として完結していない(不完全小節)となります。

不完全小節は、1小節としてカウントしません。

3-2②.拍子の種類

それぞれの拍子での、強拍の位置は理解しておきましょう。

強拍の位置は当然理解しているものとして、解説していない音楽書は多いです。

3-2③.音程

全般的に理解が必要です。ポイントは以下のとおりです。

ポイント
  • 度数の数え方
  • 完全系・長短系
  • 複音程
  • 転回
  • 協和音程・不協和音程

3-2④.音階

ポイントは以下のとおりです。

ポイント
  • 長音階・短音階
  • 主音・属音・下属音
  • 自然短音階・和声短音階・旋律短音階
  • 長調・短調
  • 同主調・平行調・属調・下属調
  • 近親調・遠隔調
  • 移調・転調
  • (教会旋法)
  • (全音音階)

重要ではありますが、実際の演奏で登場頻度がそれほど高くないものは()としました。

3-2⑤.和音

全般的に理解が必要です。ポイントは以下のとおりです。

ポイント
  • 三和音と七の和音
  • 長三和音・短三和音・減三和音・増三和音
  • 基本形・転回形
  • 主和音・下属和音・属和音
  • 属七の和音・減七の和音
  • トニック・サブドミナント・ドミナント
  • 主要三和音・副三和音

3-2⑥.奏法を指示する用語・記号

音楽書を読むという目的より、トリルやターンの演奏方法が非常によくまとまっているので、実際の演奏で重宝しています。

トリルやターンをはじめとする音楽記号については、こちらの記事にまとめています。

>【実践】音楽用語の意味と具体的な表現方法~サックス・楽器演奏

3-3.読みにくい箇所

3-3①.調の判定

本書を通じて、異様なまでに難易度の高い部分がここです。

そもそも何の調で演奏しているのかは、細かい理論よりも感覚で覚えていくべきです。

プロの作曲家の方も、この箇所は特に重要視していないとのことでした。

3-3②.速さ・強さ・曲想の表示法

わからない表示法があった場合、別で音楽用語辞典を準備した方が、アルファベット順で検索できて、便利です。

【スマホだけあればOK】あなたの演奏のお悩み、すぐに解決しませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

サックスは上達すればするほど、より楽しめるようになります。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

まとめ

楽典・音楽理論の学習の導入に使える「楽典 理論と実習」について解説させていただきました。

今回の要点
  • 本書は、音楽専門書を読むための基礎知識を学べるもの(本書を読めば、上達するわけではない)
  • 内容を覚えるのがベストだが、他の音楽書を読んで、不明点があったら本書に戻ればOK

音楽理論の学習は、成果が出るまで時間がかかり、根気強くやっていく必要があります。

今回の解説を読んでいただき、音楽理論習得の手助けになれれば嬉しいです。

【番外編】楽器上達につながる良書

参考までに、私が実際に読んだ中でも特に良かった、楽器上達につながる良書を一覧でご紹介します。

機会があれば、今回のように解説していきます。

(音楽用語編)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。