書籍・オススメ商品紹介

楽譜の電子化~メリット・デメリットと導入手順、使用感など全て解説

徐々に浸透してきている電子楽譜、気になっている方も多いのではないでしょうか?

私自身、電子楽譜を1年半ほど使用し、周りの演奏家とも情報交換をしてきました。

そこで電子楽譜について、私自身導入前に気になっていた内容や、使ってみて知った電子楽譜の使用感について解説していきます。

電子楽譜について、私バージェスの考えはこちら!

結論

電子楽譜を検討している方は今すぐ導入すべし

手持ち楽譜が増えるほど、導入が大変になるので、早く導入した方が楽

私個人としては、電子楽譜なしの生活はもう考えられません。

単に楽譜をタブレット端末で読むだけではない、想像していたよりはるかに便利なものでした。

電子楽譜が気になっている方、メリットから導入に向けて揃えるべきもの、使用感など全てを解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

【無料オンラインレッスン】受付中

サックスの演奏にお悩みでしたら、無料オンラインレッスンを受けてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・学校などの演奏できる環境に行くだけで受講できます。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で、お気軽に体験できます。

無料オンラインレッスン受付中!

電子楽譜のメリット・デメリット

電子楽譜のメリットとデメリットを解説していきます。

デメリットはありますが、それでも電子楽譜を導入すべき理由についても解説します。

電子楽譜のメリット

まずは電子楽譜のメリットを解説します。

大量の楽譜が1度に持ち運べる

数百曲分の楽譜は入っていますが、容量的に全く困ることはなく、まだまだ入ります。

1度登録しておけば、急遽必要になった楽譜でも、すぐに取り出すことができます。

楽譜を忘れにくい

家にある大量にある楽譜の中から、必要な楽譜だけを持ち出すのは手間がかかりますが、電子楽譜の場合、タブレット1台持てばOKです。

紙の楽譜の場合、必要な楽譜が全て入っているかを確認する必要がありますが、電子楽譜ではその手間はありません。

楽譜の管理が楽

大量の楽譜が入りますが、検索機能も充実しているため、目的の楽譜が探しやすいです。

登録方法にもよりますが、次のような内容で、検索をかけることができます。

  • 曲名・タイトル
  • 作曲者(編曲者)
  • ジャンル
  • 編成

検索だけでなく、電子化することで多くの便利な機能を使うことができます。(便利な機能については後述します。)

紙の楽譜をすぐに取り込める

楽譜を紙で配られた場合、後述するPiascoreとScanableというアプリを使えば、その場でタブレット端末に楽譜を取り込めます。(オフラインでも可)

一度タブレットに取り込んでしまえば、書き込みも自由にできます。

電子楽譜のデメリット

一方で電子楽譜にもデメリットはあります。

初期費用が高い

初期費用は、15万円ほどです…(タブレット代+1~2万円)

もちろんタブレット端末には、電子楽譜以外にも使用用途はあるので、電子楽譜=15万円、と考える必要はないです。

バージェス

例えば私の場合、多くの音楽関連の電子書籍をタブレットで読めるようにして、レッスンで紹介しています。

譜めくりに技術が必要

多くの楽譜は、見開きでの譜めくり(2ページごとの譜めくり)を想定して作られています。

タブレット端末は、1ページ1画面で使用することが多いので、難しい箇所でも譜めくりが必要な場合があります。

譜めくりは足元に置いたボタンを押すので、どんな箇所でも譜めくりはできますが、「譜めくりの練習」も必要になります。

導入するまで時間がかかる

  1. 手持ちの楽譜をPDF化する
  2. PDFを登録して、タイトル等の情報をつける

手持ちの楽譜が多いほど、これら2つの作業には時間がかかります。

電子楽譜を推奨する理由

メリット・デメリットを解説してきましたが、私自身は電子楽譜推奨派です。

電子楽譜は早く導入するほど有利

デメリットにも記載しましたが、紙の楽譜をPDF化やタイトル等の情報をつけるのに時間はかかります。

手持ちの紙の楽譜が、増えれば増えるほど大変さは増す

つまり、早く電子楽譜に早く移行してしまった方が楽

電子楽譜の導入を悩んでいる方は、すぐに導入することをオススメします。

音楽を続けている限り、手持ちの楽譜は増えていく一方です。

電子楽譜は今後どんどん広がっていく

楽譜だけではなく今の時代、どんどんペーパーレス(紙媒体のデータ保存)が進んでいきます。

電子書籍などが良い例です。電子楽譜がどんどん衰退していくという、時代に逆行する事態は考えにくいかと。

例えば「ぷりんと楽譜」のように、電子媒体で楽譜を販売する出版社も少しずつですが、増えてきています。

多くのプロの演奏家が使っている

プロの演奏家が、演奏会本番で、電子楽譜を使うケースも見かけるようになりました。

電子楽譜のメリットの大きさが実証されています。

電子楽譜を導入する

電子楽譜導入に必要な機器やアプリを解説していきます。

必要な端末・機器

必要な端末や機器は数多くありますが、自分や周りの方が実際に使って良かったものを、厳選して紹介をしていきます。

タブレット端末

タブレット端末は、iPad Proの12.9インチ。これ以外の選択肢は、ほぼ考えなくて良いと思います。

12.9インチはA4サイズとほぼ同じなので、楽譜を読むうえで不自由さはありません。

ここで予算をケチって、サイズが小さいものを購入してしまうと、楽譜は読みにくくなり、必ず後悔します。(私の周りでも12.9インチにしなかった人は、全員後悔していました。まさに安物買いの銭失いですね…)

電子楽譜サイズ感
販売譜(左・バイエル)と12.9インチのiPad(右)

また、電子楽譜専用のタブレットもありますが、個人的には推奨しません。

電子楽譜専用端末は、サービス終了の恐れがあります。一方でiPadのサービスが終了することは考えにくいです。(終了するとしたら、それに代わる新たな大きなサービスができているはずです。)

電子楽譜専用端末である「GVIDO(グイド)」は、2018年頃に発売されましたが、2022年3月に発売中止が決まりました。

それに伴い、2024年3月にはサポート終了とのことです。(やはり電子楽譜専用端末のサービス終了は恐ろしい…)

実際、iPad以外のタブレット端末を使っている人は、私の周りでは見かけません。

バージェス

電子楽譜を使うだけなら、ハイスペックな機能は必要ないが、12.9インチは必須。しかし12.9インチの安価なモデルは現状ない…

今後登場するかわからない物を待っていても仕方ないので、すぐに導入して、電子楽譜のメリットを享受できた方が良いと思っています。

ケース

電子楽譜のタブレットのケースを選ぶポイントは、次の通りです。

これらの要素を満たしていれば、どれでも大丈夫です。

保護シート

タブレット端末の保護シート選びのポイントは、かなり多いです。全ての要素を満たすのは難しいので、以下のポイントからご自身の優先順位を考えてみてください。

タッチペン

楽譜の書き込みに使用するタッチペンは必須です。Apple純正が1番のオススメです。

性能はApple純正には劣りますが、十分使用できるレベルの廉価版も紹介しておきます。

フットペダル(譜めくり用)

譜めくりの際、足もとにフットペダルを置き、操作するのが一般的です。

フットペダルの定番&オススメは、こちらの「iRig BlueTurn」です。しっかりと押し込め、安心感があります。

ウインクなどで譜めくりできる機能もありますが、意図せず譜めくりされるような事故もあるので、フットペダルの使用を推奨します。(私の周りも皆、フットペダルを使用しています。)

譜面台

必須ではありませんが、ヤマハの譜面台が1つあると安心です。

紙よりタブレット端末はずっと重いので、譜面台のネジの強度が重要となります。ヤマハの譜面台は、持ち運びの軽さと強度のバランスが丁度いいです。

ヤマハの譜面台は、角度調節部分に凹凸があり、重いタブレット端末を置いても角度が変わりません。

譜面台(電子楽譜用)

電子楽譜導入にあたり、譜面台は軽視されがちですが、しっかり選ぶと安心感が違います。

アプリ

電子楽譜を使うのにオススメのアプリは「Piascore(ピアスコア)」「Scannable(スキャナブル)」の2つです。

Piascore(ピアスコア)

PDF化した楽譜ファイルを、加工・編集できるアプリとなります。

楽譜管理の中で最もメジャーなアプリです。ほとんどの機能が無料で使用できます。

https://apps.apple.com/jp/app/piascore-hd/id406141702

バージェス

Piascoreは細かな機能まで充実していて、かゆいところに手が届く本当に使い勝手の良いアプリ。(詳細は後述します。)

Scannable(スキャナブル)

タブレット端末で撮った写真を、PDF形式で保存できるアプリです。無料で使用できます。

https://apps.apple.com/jp/app/evernote-scannable/id883338188

スキャナブルでPDFにしたデータは、そのままピアスコアに連携できますので、非常に相性が良いです。

(DropboxやGoogleドライブなどに、いったん保存して取りに行く、などの手間はかかりません。)

スキャンを行うのは、自身で購入した楽譜のみにしてください。

楽譜を購入せずスキャンを行うのは、著作権法違反となる恐れがあります。

自炊代行サービス(PDF化代行)

大量の楽譜をPDFにするのは時間がかかりますので、自炊代行サービスを活用するのも手段の1つです。

「自炊」とは、書籍などを裁断・スキャンして、PDFファイルにすること。

自炊代行は、書籍のPDF化を代行してくれるサービスのことです。

自炊代行業者は十数社あり、料金体系などそれぞれ特色がありますので、ご自身に合う業者を調べてみてください。

バージェス

私の場合、厚手の曲集や音楽書籍を代行業者にお願いしました。

冊子になっているものは、個人ではスキャンしにくいが、代行業者にお願いしたら綺麗な仕上がり。

自炊代行業者は、書籍を裁断・スキャンした後、書籍を破棄します。

そのため、自炊代行業者に楽譜のスキャンを依頼した場合、手元に楽譜は戻りません。

電子楽譜の使用感

Piascoreは様々な機能が充実していることから、楽譜管理アプリの定番で人気も高いです。

作業イメージを動画で解説していきます。

PDFファイルの取込方法

準備した楽譜のPDFファイルを、Piascoreに取り込むことで、様々な機能を使うことができます。

事前準備

楽譜のPDFファイルを、事前にDropboxに保存しておいてください。

先ほど紹介した Scannable でPDF化した場合、Dropboxに保管しなくても、直接PiascoreにPDFを取り込めます。

無料楽譜のダウンロード

IMSLPとPiascoreが連携しており、著作権が切れた楽譜を、Piascoreのアプリ上でダウンロードすることができます。

IMSLPとは、国際楽譜図書館事業の略語で、著作権の切れた楽譜を無料でダウンロードできるサイトとなります。

詳細はこちらのリンクを参考にしてください→IMSLPについて(外部リンク)

楽譜への書き込み

Piascoreに取り込んだ楽譜は、次のように様々な方法で書き込むことができます。

楽譜への書き込み方
  • タッチ書き込みでの書き込み(色・太さを選べる)
  • 音楽記号のスタンプ
  • テキスト入力
  • 線などの図形入力

楽譜情報の登録

Piascoreに取り込んだ楽譜に、様々な情報を登録できます。登録できる内容は次の通りです。

登録できる楽譜情報
  • 表紙
  • タイトル
  • 解説
  • キーワード
  • アーティスト作曲者
  • 作詞者
  • ジャンル
  • 楽器

楽譜の検索方法

登録した楽譜情報から、楽譜を検索することができます。

沢山の曲を登録しても、楽譜情報さえ登録しておけば、すぐに見つけ出すことができます。

ページ設定

PDFファイルのページ順を入れ替えたり、一部のページを複製したりする機能です。

曲の中に繰り返しがある場合に有効です。

また、余白が多い楽譜などは、拡大して登録しておくこともできます。

ブックマーク機能

目次のような機能で、特定のページにブックマークとタイトルを付けて、管理できます。

ブックマークをタップすると、該当ページに飛ぶことができます。

バージェス

ブックマーク機能を使って、エチュードに練習番号を登録しておくと便利。

セットリスト

楽譜のファイリングのような機能です。本番の曲順に、クリアファイルに楽譜を入れるイメージでしょうか。

例えばある演奏会で10曲演奏する場合、その10曲を曲順に並べることができるような機能です。

事前に設定しておけば、曲間に毎回検索して楽譜を探す、といった手間はなくなります。

メトロノーム・チューナー

Piascoreは、アプリにメトロノーム・チューナー機能がついています。 (チューナーのみ有料機能、2021年8月現在、610円)

新たにメトロノームやチューナーを準備したり、別アプリを立ち上げたりする必要はないので、練習が非常にやりやすいです。

バックアップ

Piascoreはバックアップも充実していますので、全く心配いりません。

「データが消えないか心配、だから紙が良い」と心配される方が多いのではないでしょうか?

過去、Piascoreの公式Twitterアカウントから、以下のような回答が出ています。

まとめ

電子楽譜に関する情報を解説してきました。要点は次の通りです。

今回の要点
  • 電子楽譜の導入には時間がかかるので、なるべく早く導入した方が良い
  • 単に楽譜をタブレットで読むだけではない、様々な便利機能がある
  • 楽譜に書き込んだ内容なども、バックアップが取れる

私自身、電子楽譜を使用してみて、想像していたよりもはるかに使い勝手の良いものでした。

今回の記事を通して、電子楽譜の魅力が伝われば嬉しいです。

【スマホだけあればOK】あなたの演奏のお悩み、すぐに解決しませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

サックスは上達すればするほど、より楽しめるようになります。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。