サックス奏法

【無料楽譜あり】サックスの音階・スケール表と音階の覚え方

サックスの音階・スケール練習には、誰もが行う、決まった練習方法があります。

今回はその練習方法の仕組みと、実際の楽譜を掲載します。

また、音階の暗譜の仕方についても、解説します。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.サックスのスケール練習の取り組み方

サックスのスケールは、以下のとおり練習します。

練習のルール
  1. 主音(調の最初の音)で、サックスで出せる1番低い音域からスタートする。
  2. 調の音のうち、サックスで出せる、1番高い音まで上行する。
  3. 調の音のうち、サックスで出せる、1番低い音まで下行する。
  4. 最初に吹いた音に戻る。

練習ルールを、上の譜例に当てはまると、次のようになります。

  1. ハ長調=ドから始まる音階。サックスで出せる1番低い「ド」の音からスタート。
  2. サックスの最高音は、「ファ#」だが、ハ長調はファに#がつかないので、その下の「ファ♮」で演奏。
  3. サックスの最低音は、「シ♭」だが、ハ長調はシに♭がつかないので、「シ♮」で演奏。
  4. 最初の「ド」に戻る

また、これから掲載する楽譜は、暗譜で演奏できるまで練習をすべきです。

音階・スケール練習の暗譜の重要性は、こちらの記事でも解説していますので、ぜひこちらもお読みください。

>【意味ある?】サックスの音階・スケール~練習の意味と選ぶべき教本

2.練習メニュー

サックスで練習すべき、具体的な音階・スケールの表はこちらです。

調の表記について

練習課題には、3通りの調性が記載されています。

【 ①C譜 / ②E♭譜 / ③B♭譜 】

2-1.長調

長調のスケール練習課題は、以下の通りです。

長音階(サックス用)

2-2.短調

短調は、「自然短音階」「和声短音階」「旋律短音階」の3種類があります。

自然短音階

定義

自然短音階とは、長調の音階を、短3度(半音5つ分)下げた音階のこと。

例えば、ハ長調の音階を、短3度下げると、イ短調の自然短音階になります。

長音階と自然短音階

多くは使われないことから、多くのスケール練習のエチュードでも、自然単音階の課題は扱っていません。

和声短音階

定義

自然短音階の7つ目の音を、半音上げた音階

音階の7つ目の音は、導音(どうおん)と言います。

導音は、主音に向かう性質が強いことから、半音上げて、より主音に近い音程となります。

自然短音階と和声短音階

和声短音階が、短調の中で1番多く使われます。

和声短音階のスケール練習課題は、以下の通りです。

和声短音階(サックス用)

旋律的短音階

定義

上行形は、和声短音階の6つ目の音を半音上げる

下行形は、自然短音階と同じ

和声短音階を作るにあたり、導音を半音上げてしまうと、音階の6つ目の音と導音の間の音が、増2度(半音4つ分)開いてしまいます。

音域の幅が広い増2度は、繋がりが悪いので、音階の6個目の音も半音上げることで、導音に近づけました。

このことで、音階の5〜6個目の間も、6〜7個目(導音)の間も、全て長2度(半音3つ分)の距離となります。

一方、導音は主音に向かうために半音上げたので、下行形の場合、導音の次の音は主音でないため、半音上げる必要がありません。

旋律短音階の練習メニューは、以下の通りです。

和声短音階ができるようになったら、取り組んでみてください。

旋律短音階(サックス用)

2-3.頭拍をずらす練習

今まで提示した練習メニューを、次のリズムパターンに変更して練習します。

サックス用リズム練習

この練習の難易度は高いですが、全てのリズムパターンで24調できるようになると、演奏のクオリティが劇的に上がります。

裏拍の位置を正確に記憶できるようになるためです。

正確な裏拍の位置は、正確なリズムに、正確なリズムは演奏のクオリティに直結します。

バージェス

私自身、この練習に取り組んでから、演奏の質が大きく向上しました。

数ある練習メニューの中でも、強くオススメしたいものの1つ。

具体的なメリットは、こちらの記事で解説していますので、ぜひお読みください。

>楽譜のリズムの取り方を学ぶたった1つの練習法~吹奏楽・サックス奏者のための

【スマホだけあればOK】今のあなたに最も必要なスケール練習、知りたくありませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

スケール練習は、楽器を始めたばかりの初心者向けのものもあれば、プロが取り組むような複雑な音階練習まで様々です。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。