楽器演奏全般

サックス・吹奏楽部員向け〜声楽から学ぶ音色・ピッチ改善・高音域の当て方

「音色」「音程」「高音域を当てたい」など、演奏の悩みはつきません。

しかし、これらを一気に解決する手段があります。

それは、「歌・声楽から学ぶ」ということです。

古くから「楽器を自分の身体の一部だと思って、演奏するように」という指導法があります。

これは、自分の身体だけで音楽を表現する、つまり「歌・声楽から学べ」ということに他なりません。

今回はサックス・管楽器演奏に役立つ、声楽の知識を紹介していきます。

この記事を読んでほしい方
  • 自分の楽器で、もっと良い音色を出したい
  • 音程の悪さに悩んでいる
  • 高音域・低音域を当てる確率を高めたい

私バージェスが考える、サックス・管楽器に応用できる声楽の奏法はこちら!

結論

喉・声帯の状態と、共鳴する場所を声楽から学ぶ

今回の内容は、イメージの問題が大きいので、知っているか・知らないかで大きな差がつきます。

知るだけで、より自由に音楽ができるようになりますので、ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.喉・声帯の使い方

まずは、声楽家から喉や声帯の使い方を学びます。

1-1.喉・声帯を正しく開くと音色が良くなる

歌と同じような声帯の状態で、サックス・管楽器を演奏すると音色が良くなり、響きが増します。

実際にやってみよう

音楽の授業で、合唱するようなイメージで、歌を歌ってみましょう。

そのときの、喉・声帯や身体の状態を確認しましょう。

声楽1

同じ「声を出す」という動作でも、歌と普通の会話とは次の点で違いがあります。

会話と歌の差
  • 歌を歌うと、自然と声帯が開く
  • 歌を歌うと、身体が響き、振動を感じる

これと同じ感覚で、サックス・管楽器も演奏すると効果的です。

楽器だけでなく、身体ごと響くイメージが大切です。

バージェス

地声と同じ喉の使い方で楽器を演奏すると、地声のような音で、美しい音色からは遠い。

意図して喉を開くのは止めましょう。あくまで歌っている時と同じ、自然体で声帯を開くことが重要です。

「喉を意図的に開く」ことだけをしようと思うと、舌の奥が下がりがちでアンブシュアが不自然になりますし、力みにも繋がります。

1-2.喉・声帯を使って音程を合わせる

歌で音程を変えるときには、声帯を使います。

サックス・管楽器の演奏であっても、声帯を使って音程を変化させることは有効です。

声帯は、小さな動きで音程を変化させる、超精密な器官です。

アンブシュアを駆使して、無理やり音程を変える

アンブシュアで変化を作ると、どうしても音色が変わってしまいがちです。

また、無理にアンブシュアを変えることで、鳴りや響きも損なわれます。

まずは声帯を使って、音程を変化させてみる。

足りない分は、アンブシュアなどで補助する。

音程を頭でイメージしないと、声帯は使えません。

どうしても合いにくい音は、声帯を使った後に、アンブシュアを使います。

こうすることで、アンブシュアを使いすぎることがなくなります。

バージェス

色々なことを考えすぎず、シンプルに歌と同じように喉や声帯の状態を作ろう。

「喉を開くように」と意識しすぎて、喉を開きすぎて、力んでしまっている人もたまに見かける。

2.楽器の響きが増す身体の共鳴箇所は5つ

声楽家は、歌う音域によって、共鳴(身体を響かせる箇所)させる部分を変えています。

共鳴させる場所

1→5の順で、徐々に高音域になります。管楽器の演奏でも、共鳴の場所は声楽と変わりません。

  1. 首の下側
  2. 首の後ろ
  3. 口蓋垂(こうがいすい・のどちんこのこと)
  4. 頭のてっぺん
  5. 眉間(みけん)

具体的にどの音がどの場所で共鳴するのかは、個人や楽器によっても異なります。

上記「共鳴させる場所」を参考に、自分の楽器ではどこが共鳴しているのか、観察するようにしてみてください。

共鳴する身体の場所の感覚を知れば、出しにくい高音域や低音域を、楽に出せるようになります。

【スマホだけあればOK】地声のような音色から、歌声のような美しい音色に変えてみませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。音の響きや音程は、喉や声帯以外にも様々な奏法が複雑に関係にしています。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

まとめ

声楽から学べる、サックス・管楽器の演奏法について解説してきました。

今回の要点
  • 歌と同じように喉・声帯を使う
  • 音程もまずは声帯で合わせるイメージ
  • 身体を共鳴させる場所は、音域によって5つ

「今まで意識した方ことがなかった」という方が、多いのではないでしょうか?

今回の内容は、イメージするだけで演奏が大きく向上する可能性がありますので、積極的に取り組んでみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。