エチュード・教本

【クローゼ:25の日課練習】効果的な練習方法とメリット~サックス教本・エチュード解説

  • クローゼのエチュードは、数多くの種類があり、どれを使えば良いのかわからない
  • クローゼのエチュードに取り組んでいるが、どのように練習していくのが効率的か知りたい
  • クローゼに取り組むと、得られる効果・メリットを知りたい

実は、 サックスのテクニック練習曲の定番である「クローゼの25の日課練習」には、 楽譜に直接は書かれていませんが、練習のルールがあります。

私の知る何人ものサックス奏者が、これから紹介する練習方法でクローゼに取り組んでいまます。

また私は、25曲全てをプロのレッスンで学び、また私自身もクローゼをレッスンした経験があります。

この記事では、「クローゼの25の日課練習」の効果的な練習方法と、取り組むメリットを中心に解説していきます。

この記事を読むと、サックスのテクニック練習曲の定番である「クローゼ」を、より効果的に練習できるようになります。

結論

①サックスの定番であるクローゼの教本は、「サクソフォンのための25の日課練習」(LEDUC社)

②ブレスマークの後に休符を入れて、しっかりブレスをとってfで練習する。

③音階練習と並行しながら、練習する。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.購入すべきはLUDEC社出版の「サクソフォンのための25の日課練習」

「クローゼのエチュード」は、サックスの技術・テクニックを磨くために、最初に取り組むべき定番の教本です。

一般的に、サックスで「クローゼのエチュード」と言った場合、こちらの「25の日課練習」のことを指します。

定番は「25の日課練習曲」です。クローゼ氏は、サックスの教本として「25のメカニズムの練習曲」も書いているので、混同しないよう注意してください。

25の日課練習曲は、複数の出版社から出てますが、LUDEC社のものを選ぶようにしてください。

LUDEC社のエチュードを選ぶべき理由は、次の通りです。

バージェス

LUDEC社のクローゼは、他の出版社のものより、若干価格が高いが、圧倒的にオススメ。

長きにわたって使えるエチュードなので、LUDEC社のものを選ぼう。

2.クローゼの練習方法

クローゼに、練習方法についての具体的な記載はありませんが、練習するうえで、注意事項があります。

2-1.ブレスマークの前の音を伸ばし、休符を入れる

LUDEC社のクローゼには、ブレスマークが書かれています。ブレスマークは次のように取り扱います。

ブレスマークの取扱方法
  1. ブレスマークの前の音を伸ばす。
  2. 伸ばした後、休符を入れ、しっかりブレスをとる。
  3. ブレスマークの後の音を、リズム通り始める。
クローゼ記譜
↑記譜
クローゼ演奏例
↑演奏方法

演奏方法は一例です。ブレスがしっかりとれない、ブレス後に音を出す準備が間に合わない、などの問題があったら、休符を長くして練習してください。

LUDEC社以外のクローゼでは、このブレスマークがないので、注意してください。

2-2.練習時の注意点

具体的な練習方法や、練習時の注意点について解説します。

メトロノームを使ってゆっくりから、基本f(フォルテ)で練習する

具体的な音量記号(mfやp)があっても、まずはf(フォルテ)で演奏できるようにしましょう。

クローゼはテクニカルなエチュードなので、1つ1つの音が短いです。

短い音をきっちり鳴らしきるのは、長い音を鳴らすよりも難しいため、意識的に鳴らしていく必要があります。

fでの演奏ができるようになってから、楽譜通りの音量記号で演奏できるようにしましょう。

バージェス

pは「音量の小ささ」や「音の柔らかさは大切」。でもfのように、しっかり音が鳴っていることも良い演奏の条件ですよ。

正確なアーティキュレーションで練習する

アーティキュレーションを正確に演奏するよう心がけてください。特にスラーとスタッカートは、明確に吹き分けます。

スタッカートの語源は「離す」です。スタッカートのついた音の「前後」を離します。

「離す」には、スタッカートのついた音だけでなく、その前の音も短く切ります。

クローゼ記譜2

上記の譜例では、スタッカートのついた音の他に、2拍目表拍のソ、3拍目裏拍のファの音を短く切ります。

音階練習と並行して練習する

クローゼを始めるにあたって、ある程度、音階が演奏できる方が望ましいです。

可能であれば、事前に♯・♭がそれぞれ2つまでの長音階・和声短音階は、暗譜したうえでクローゼを始めるとスムーズです。

理由は、クローゼは臨時記号を使って、細かく転調していく曲が多いからです。

クローゼ記譜3

例えば、上記の譜例は、変ロ長調・B-dur(♭2つ)です。読み方は大きく2通りです。

  1. 「シ♭」「ミ♭」と都度、臨時記号付きで読む
  2. B-durを演奏しているから、シとミは常に♭をつける

この2つの読み方では、圧倒的に②で読んだ方が速いです。

音階を暗譜するのは、導入としては大変です。しかしクローゼ以外でも調性を意識して、楽譜読む(②のパターン)方が速いので、将来的に大きなメリットを得ることができます。

先へ進むほど、より複雑な調性が出てきますので、クローゼと並行しながら、より複雑な調性の音階も暗譜できるよう練習していってください。

また、長調と短調で音色などが吹き分けられると、なお良いです。

サックスで行うべき音階練習の楽譜は、こちらからダウンロードできます。

音階練習は、数ある練習メニューの中で、最も重要な練習の1つです。メリットは数多くあります。

音階練習のメリットや練習方法に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>【意味ある?】サックスの音階・スケール~練習の意味と選ぶべき教本

>【無料楽譜あり】サックスの音階・スケール表と音階の覚え方

3.クローゼを練習するメリット

クローゼを練習することで、得られるメリットを紹介していきます。

譜読みが速くなる

譜読みが速くなるには、次の3点が必要です。

  1. 音階を暗譜する(臨時記号を都度読まない)
  2. リズムを正確にとらえる(裏拍の正確な場所を覚える)
  3. 譜読みの数をこなす

この3つのうち、まずクローゼをやるだけで③の条件を満たします。また、前述した音階と並行してクローゼを練習することで、①の条件も満たします。

なお、残念ながらクローゼでは、そこまで複雑なリズムは登場しません。クローゼで学べないリズム練習の方法に関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>楽譜のリズムの取り方を学ぶたった1つの練習法〜吹奏楽・サックス奏者のための

基本的なテクニックが身につく

クローゼは基本的なテクニックを学ぶには、最適なエチュードです。

なぜなら、クローゼの構成が次のとおり、曲で頻発されるパターンを網羅しているからです。

  • 多くのフレーズで、調性がはっきりしている
  • 音と次の音の幅が、2度~4度のものが多い

3度・4度の跳躍を含む、基本的な音階練習のパターンを曲にしたものが、クローゼと言えます。

3度・4度の跳躍練習まで含む教本で、オススメは次の「Perfect Scale for Saxophone Vol.1」です。音階練習を通じて、替え指を含む正しい運指まで、学ぶことができます。

集中力がつく(中級者向け)

ある程度演奏ができる人にとって、このクローゼというエチュードは、集中力の練習です。

似たような音形が転調されたり、アーティキュレーションが変わったり、と難しくはなくともノーミスで演奏することは大変です。

まずは「●回までのミスはOK」と決めて、通しで練習し、ミスを減らしていきましょう。

4.クローゼとその他の定番エチュード

クローゼは、サックスの定番エチュードの中で、「初級のテクニック練習」という位置づけです。

テクニックのエチュードとはいえ初級なので、「指づかい自体が難しい」と感じることは、多くはないです。しかし、音数は多く、目まぐるしく転調します。

吹奏楽の曲だけをやってきた人が挑戦するには、難易度が高いと感じるかもしれません。(私自身もそうでした。)

バージェス

当時、吹奏楽しかやったことのなかった私が、テクニックの練習としてこのエチュードを購入し、難しすぎてビックリしたのを今でも覚えています。

「サックスの技術はまだまだ先がある」「吹奏楽の練習ばかりしていては、ダメだ」と気が付かせてくれたエチュード。

サックス奏者が取り組むべき、定番のエチュードについては、次の記事でまとめています。

>サックスのエチュード・教本〜おすすめとやる順番(初心者~上級者)

【スマホだけあればOK】あなただけの効果的なクローゼの使い方を知りたくないですか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。レッスンではあなたの問題に合わせた、課題解決プログラムをご提案します。エチュードは演奏者のレベルや悩みによって学ぶべき内容が、1人1人違います。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

まとめ

今回は、「クローゼの25の日課練習」について解説してきました。

今回の要点
  • 購入するなら、LUDEC社がオススメ・「25のメカニズムの練習曲」は別のエチュード
  • ブレスマークの後に休符を入れて、音を区切る
  • メトロノームを使い、fで正確に演奏する(特にアーティキュレーション)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。