サックス奏法

サックス演奏〜唾(つば)の音・ノイズの取り除き方

サックスを演奏していると、「ズルズル」という唾(つば)の音・ノイズが入ってしまうという悩む方がいます。

その悩みを解決すべく、道具と奏法から解決策を解説します。

この記事を読んでほしい方
  • サックスを演奏していると、唾の音が入ってしまう。

私バージェスが考える、唾の音の対処法はこちら!

結論

オクターブキーとリードを疑う

口の中が狭いアンブシュアで演奏する

どんなに良い音楽を演奏していても、唾の音がすると全てが台無しです。

簡単に試せる方法もありますので、唾の音への悩みを軽くできれば嬉しいです。

様々なアプローチを提案していきますので、ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.唾の溜まりやすい箇所とその対処法

まずは楽器の特性で、唾の音がしてしまうケースと、その対処法を解説します。

簡単にできますので、唾の音に悩む方は、ぜひ試してみてください。

1-1.オクターブキー

オクターブキーを押した音だけで、唾の音がする場合です。

サックスのオクターブキーは1箇所を押さえるだけですが、実は楽器が2つのオクターブキーを自動で切り替えています。

このどちらのオクターブキーにも、唾が溜まりやすい構造となっています。

唾だけでなく、結露がたまることもあります。

寒い場所で練習していると、楽器の外側は冷たいですが、内側は空気で温められます。

寒い日に、窓ガラス内側に水滴がつくのは、部屋の中が暖かいからで、これと同じ現象です。

1-1①.第1オクターブキー

真ん中のレ〜ソ#までは、第一オクターブキーを使用しています。

第1オクターブキー

この音域で唾の音がした場合、第1オクターブキーに水が溜まっている可能性があります。

第1オクターブキーの位置

低いレの運指のまま、オクターブキーを押したり離したりしてみましょう。

ネックと本体の結合部の少し下が動きます。

その場所が第1オクターブキーです。

対処法

第1オクターブキーに、思い切り息を吹きかけます。

息を吹きかけて、そこにある水を飛ばします。

音がするほど息をたくさん吹きかけないと、溜まった水が飛ばない可能性があります。

ですので、合奏中の休符の時などに行うのは避けましょう。

1-1②.第2オクターブキー

上のラより高い音は、第2オクターブキーを使用しています。

第2オクターブキーの音域
第2オクターブキーの位置

ネック部分にあります。

下のラの運指のまま、オクターブキーを押したり離したりすれば確認できます。

次の方法を試してみてください。

対処法
  1. 楽器本体とネックを外す
  2. ネックの息の出口を、タオルを持った手でしっかり塞ぐ
  3. 第2オクターブキーを手で開ける
  4. 楽器を吹くのと同じ要領で、息を吹き込む

このような状態で息を吹き込みます。

サックスの水抜き

こうすると、息の出口が第2オクターブキー部分だけになりますので、息圧で、溜まった水が外に出ます。

バリトンサックスは、第1・第2オクターブキーの位置が他のサックスとは違う位置にあります。

構造が違うため、バリトンサックスはオクターブキーに水が溜まることは、ほとんどありません。

1-2.リード

どの音も全体的に唾の音がする場合は、リードを疑います。

考えられる原因は2通りあります。

1-2①.リードの裏側に唾が溜まる

特に樹脂(プラスチック)のリードでは、リードが水分を吸わない分、この現象が発生しやすいです。

可能であれば、1度マウスピースからリードを外します。

リードの裏面(マウスピースと接する側)に唾が溜まっていた場合、それを拭き取ります。

リードを傷つけないよう、丁寧に拭き取ってください。

演奏途中などで、リードをマウスピースから外せない場合、唾を吸い取ります。

吸い取るときは、「息を吐くのでなく、吸う」という点以外は、楽器演奏をしているときと全く同じです。

ためらわずに、思い切り吸い込みます。

リードにデコピンする

時々見かけますが、リードへのデコピンは絶対にやめましょう。

リードに少しでも傷がつくと、音が出にくくなったり、汚くなったりして、演奏に悪い影響が出ます。

1-2②.1枚のリードを使いすぎ or リードが寿命

1枚のリードを使い過ぎても、唾の雑音は入ります。

リードを交換したら、唾の雑音が無くなるかどうか、試してみましょう。

葦(木)のリードの場合、ある程度の水分をリードが吸ってくれます。

しかし、リードが水を吸い過ぎてしまうと、唾の雑音が入ります。

特に新品のリードはデリケートなので、いきなり長い時間使うのは避けましょう。

また、リードが寿命を迎えると、水を少し吸っただけで、唾の雑音が入ります。

樹脂(プラスチック)のリードは、水を吸わないため、この事象は起きません。

2.奏法から見直す

ここまで解説した方法で、唾の音が改善しない場合、奏法を見直してみましょう。

2-1.口の中の状態・舌の位置

まずはアンブシュアを作るときの、口の中の状態について観察しましょう。

唾液はいくつかの場所から分泌されますが、舌の裏のあたりで作られる唾液が演奏に影響を与えます。

この唾液に影響を受けないようにする方法は、「口の中を狭くする」ことです。

次のような舌の位置を意識してみてください。

舌の位置
  1. 舌の先は、下の前歯の裏に置く
  2. 舌の両端の裏側は、上の歯に接している。
アンブシュア~口の中の状態・舌の位置

このような舌の位置でアンブシュアを作ると、息の通り道に、唾液が分泌されやすい舌の裏側が関わることはなくなります。

こちらの記事でもアンブシュアを作るとき、口の中の状態で注意すべきことを、詳しく解説していますので、ぜひお読みください。

>サックスのアンブシュア ~口の中と舌の位置、タンギングの苦手を無くす

2-2.息のスピード

息のスピードを上げておけば、「リードの裏に溜まった唾を吹き飛ばす」こともできます。

前述した、「口の中を狭くすること」との相性も良いです。

口の中を狭くすると、口の先がすぼまり、息の出口が狭くなります。

ホースの先をつまんだ方が水圧が高くなって、水が勢いよく出るのと同じで、息も細くまとめた方が圧力が高く、スピードも上がるということです。

息づかいの仕組み

【スマホだけあればOK】あなたが抱える雑音の悩み、解消しませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。雑音の原因は多岐にわたります。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

まとめ

サックス演奏で唾の音がする場合の対処法を解説してきました。ポイントは次のとおりです。

本日の要点
  • オクターブキーの水を抜いてみる
  • リードの水分を取り除く・新しいリードに交換する
  • 口の中が狭いアンブシュアにして、息のスピードを上げる

私自身も、楽器の特性なのか、オクターブキーの水抜きは頻繁にやっています。

今回の記事で、少しでも皆様の「唾の音」の悩みが軽減すると嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。