フラジオ・オーバートーン

サックスのオーバートーン・倍音のコツ〜譜例あり!音色改善の練習法

サックスのオーバートーン練習は、「フラジオ奏法の入り口」のような解説は多いですが、通常音域を向上させるメリットがあることまでは、あまり解説されていません。

バージェス

オーバートーン練習は、フラジオ練習だけでなく、ロングトーンの応用版でもある。

サックスのオーバートーンの基本的な考え方から、解説されることの少ない音色改善の具体的な方法まで、譜例・参考演奏を交えて、詳しく解説していきます。

この記事を読んでほしい方
  • サックスの倍音・オーバートーン練習を知らない
  • サックスの音色・響きを良くしたい
  • フラジオを出せるようにしたい・安定させたい

私バージェスが考える、オーバートーン練習で身に付けたい演奏法はこちら!

結論

全ての音域で、オーバートーンと同じ吹き方にする

私自身、全ての音をオーバートーンの吹き方にすることで、劇的に音色や響きが良くなりました。

皆さんにとっても、音色や響きを向上させるヒントがありますので、ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.オーバートーン・倍音とは

まずは、オーバートーン・倍音の定義と、サックスでいうオーバートーン練習について、紹介していきます。

1-1.オーバートーン・倍音の定義

実際に鳴っている(聴こえている)音には、かすかにその音より高い音が鳴っています。

このかすかに鳴っている高音のことを、オーバートーン・倍音と呼びます。

実験

可能であれば、グランドピアノの低音を、ペダルを踏んで弾いてみてください。

グランドピアノ

良く聴くと弾いた音よりも、高い音がいくつか聴こえます。

これがオーバートーン・倍音です。

1-2.サックスにおけるオーバートーン・倍音練習

サックスでのオーバートーン練習は、一般的に次のように行います。

アンブシュアや喉、息づかいを変えて、かすかに鳴っている倍音の方を強調して演奏する。

「高い倍音を強調する」点がフラジオ奏法と同じですので、フラジオ奏法の導入に、オーバートーン練習が採用されています。

実際にやってみよう

下段が運指、上段が実際に出す音です。

運指はずっと固定です。アンブシュアや喉、息づかいを工夫して音の高さだけ変化させます。

オーバートーン練習1-1

実は、サックスの構造的に、第3倍音が1番出しやすいです。

まずは、第2・第4倍音まで出すのを目指してみましょう。

相当難しいので、根気強く取り組んでみてください。



ヒント

難しければ、次の指をプラスしてください。

  • 第2倍音…オクターブキーを押す・3番キーを離す
  • 第3倍音…オクターブキーを押す
  • 第4倍音…E♭キーを押す
  • 第5倍音…C1キーを押す
  • 第6倍音…フロントキーを押す

※キー名称がわからない場合、こちらをクリック→サックスキー名称一覧

指を足して音が出たら、吹いたときの感覚や音程を覚えて、下のシ♭の運指に戻してみましょう。

次のように、下のシとドの運指でも練習してみましょう。

オ^バートーン練習1-2
オーバートーン練習1-3

1-3.サックスでオーバートーンを出すコツ

オーバートーンを出すコツは、次の通りです。

オーバートーンのコツ
  • 口の中を狭くする
  • 息は細く・入れ過ぎない
  • 頭のてっぺんを響かせるイメージ
  • マウスピースを噛む必要はない
バージェス

私は「ク」というつもりで発音している。

これで口の中をかなり狭くできる。

2.オーバートーンを使った音色改善

次に、オーバートーンを使った音色改善の練習について解説していきます。

2-1.音色改善のための練習メニュー

同じ音で、通常の運指と、オーバートーンの運指を交互に使って練習していきます。

オーバートーンの吹き方で、通常運指のときも演奏する。

キーが塞がる数が違うので、音程差は若干出てしまいますが、どちらの運指でも、音色・響きを統一するように練習していきます。

第2倍音

オーバートーン練習 第2倍音

第2倍音(オクターブキー)

運指が変わるのが、オクターブキーだけの場合、音程も変化しません。

オーバートーン練習 第2倍音(オクターブキー)

第3倍音

オーバートーン練習 第3倍音

第4倍音

オーバートーン練習 第4倍音

第5倍音

第5・第6倍音は、指もかなり難しくなります。

オーバートーン練習 第5倍音

第6倍音

オーバートーン練習 第6倍音

2-2.オーバートーンを使うと音色が良くなる理由

通常運指で演奏するときも、オーバートーンの演奏方法に合わせると、音色・響きが改善する理由を解説していきます。

楽器全体を使って鳴らせる

オーバートーンを出す運指は、本来低音を出すための運指なので、ほとんどのキーを塞いだ状態になっています。

そのため、オーバートーンの吹き方で演奏すると、ベルの先まで息が通っていることになります。

つまり、通常の運指よりもオーバートーンを出す運指の方が、楽器をより鳴らせます。

オーバートーンの演奏法は、ベルの先端、楽器全体を使って鳴らすことができる。

より正しい演奏法になる

サックスは音が出しやすい楽器である反面、間違った奏法でも、簡単に音が出てしまいます。

しかし、オーバートーンは狙った音を出すこと自体が難しい。つまり「音を出すツボが圧倒的に小さい」ことになります。

通常運指では見つけにくい、「楽器が良く鳴るツボ」にピンポイントで当てないと、オーバートーンでは音が出ません。

オーバートーンは「楽器が良く鳴るツボ」にピンポイントで息を当てられる。

バージェス

通常の運指では、砂漠の中から指輪(=正しい奏法)を探し出すようなもの。

でもオーバートーンは、音を出すこと自体難しいので、砂漠が砂場くらいにはなる。

【スマホだけあればOK】あなたがオーバートーンが上手く出ない・出しにくい原因をお伝えします!

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。オーバートーンのような特殊奏法が上手くいかない場合、基本的な奏法に問題があることも多いです。レッスンではあなたの問題に合わせた、課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

【参考】オーバートーン練習のための教本

オーバートーンを学ぶための教本は、ルソー氏が書いた教本を推奨しています。

フラジオを学ぶための教本ではありますが、オーバートーン練習も掲載されています。フラジオの教本としても、自信をもって推奨できる1冊です。理由は次の通りです。

まとめ

私自身の演奏を劇的に変えてくれた、倍音・オーバートーン練習について解説してきました。

今回の要点
  • オーバートーン練習は、運指を変えずにアンブシュアや喉、息づかいを工夫して高音域を出す練習
  • オーバートーンの吹き方で、通常運指のときも演奏する。
  • 通常の運指と、オーバートーンの運指を交互に使って音色をそろえる練習が効果的

難しい技術なので、根気強く練習して行ってください。

バージェス

個人的には、第4倍音を演奏するイメージの吹き方が、基本の奏法になっている。

リードやマウスピースの選定でも、倍音の具合はチェックしている。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。