アクセサリ

誰でもできる!サックスのリード調整法〜削り方と寿命の延ばし方

「1枚でも多くのリードを、長く使いたい」

こう考えるサックス奏者に向けて、リードの削り方・寿命の延ばし方を解説していきます。

誰でもできる、簡単な内容に特化して解説していきます。

この記事を読んでほしい方
  • リードの調整方法がわからない。
  • リードが不調の場合、交換する、以外の方法が思いつかない。

私バージェスが使う、リード調整方法はこちら!

結論

リードの裏側を軽く削る

吹いて曲がったリードを、手でほぐすように戻す

「リードの調整には、熟練の技術が必須」というわけではありません。

確かに、熟練の技術を持つ方がいることは事実です。

しかし、誰でもできる、リードの調整方法があることも事実です。

そんな、誰でもできるリードの調整方法を解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.リードの削り方

1-1.リードを削る上での大前提

リードを削る上での大前提を2つ、解説します。

大前提①

リードを削って、質が向上するのは、「リードが硬い」・「吹いた時の抵抗感が強い」場合のみ。

リードに手をつけない状態で、少しの息の圧力で鳴りすぎてしまうようなリードには、適しません。

削ってもうまくいかない場合がほとんどです。

大前提②

少し削っただけで、質が大きく変化することがある。

少しだけ(1〜2回)削って、試し吹きをする。

少し面倒でも、この工程を繰り返すようにしてください。

1度削ったリードは、元に戻りません。取り返しがつかなくなります。

1-2.リードを削る道具

リードを削る道具には、以下のものがあります。

リードを削る道具一覧
  • 紙やすり
  • リードリサーフェイサー
  • リードギーク

紙やすりは、ホームセンターなどに売っている市販のもので、大丈夫です

リードリサーフェイサー・リードギークは、リードを削るための専門の用具です。

価格が高いのがネックですが、どちらも一生使えるものです。

私は、どちらも使用しましたが、リードギークをオススメします。理由は次の通りです。

リードギークを勧めるポイント
  • 小さくて、持ち運びに便利
  • 切れ味がよく、よりしっかり削れる
  • 樹脂リードも削ることができる(※)

※樹脂リードが削れるのは、「ブラック・ダイヤモンド」モデルのみです。

1-3.リードを削る具体的な箇所

リードの削る箇所を3つ解説していきます。

①→②→③の順で、リードに与える影響が大きくなります。

「影響が大きい=劇的に良くなる可能性もあれば、使い物にならなくなる可能性もある」ことに注意してください。

①→②→③の順で、試していくことをオススメします。(私自身もそうしています。)

①裏側を削る

リードを削る箇所1

反応が良くなることも多く、少し削っただけでは、影響が小さいです。

先端部分は繊細なので、基本は削りません。

バージェス

裏側を削るのは、特に簡単だし、効果もあるのでぜひ試してほしい。

私自身も多くのリードでやってきた。

②表側を削った部分の両サイド

リードを削る箇所2

裏面を削るより、大きな効果を感じられると思います。

左右のバランスに注意しながら、少しずつ削ります。

③口元から遠い、マウスピースとの接地面

リードを削る箇所3

角の部分を削っていきます。

影響が大きいので、慎重に行います。

バージェス

ここで解説した、3つの手順全てをやる必要はない。

①から試し、こまめに試し吹きをして、満足いく結果になったらそこでやめるべき。

2.リードの寿命を延ばす

次に、リードの寿命の延ばし方を解説していきます。

2-1.新品のリードを吹きすぎない

新品のリードは、状態が安定していません。

少し吹いただけで、すぐに状態が変化してしまったり、雑音が入ってしまったりします。

少しずつ、慣らしていく必要があります。

新品のリードの取り扱いや選び方に関しては、こちらで解説していますので、ぜひお読みください。

>サックスのリードの選び方〜新品を買う→使い始めまでの正しい行程

2-2.ゆがみを手で直す

マウスピースにリードをつけた状態で、正面から覗きこむと、次のように見えます。

マウスピース・リード 良い状態

マウスピースとリードが平行になっています。

しかし、演奏をしていくと、徐々にリードがゆがみ、両サイドが曲がってきます。

マウスピース・リード 悪い状態

このような状態になると、音も鳴らなく、反応も悪くなります。

そこで次の写真のように、両手で、リードの両サイドを軽く曲げ、真っ直ぐな状態に戻します。

リードメンテナンス方法

手で優しくほぐすようなイメージです。

限度はありますが、またリードが使えるようになることが多いです。


誰でもできる、簡単なリード調整方法を解説してきました。

リードの調整は、実際にやればやるほど、慣れてきて、感覚がつかみやすくなります。

前向きにチャレンジしてみてください。

選定品リード販売のお知らせ

音色・演奏に大きな影響を与えるリードですが、一般的に、楽器やマウスピースのような選定品は販売されていません。

良いリードを良い演奏に直結します。また、良いリードを知らないと、良いリードを選ぶ技術も身に付きません。

詳細は以下のリンクを参考にしてください。リード原価+1,200円(送料・梱包量込み)ほどの価格となります。

レジェールリード選定サービス

【スマホだけあればOK】あなたの演奏が思うようにいかない、本当の原因を探してみませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。あなたの実際に演奏を聴いて、原因は奏法にあるのか、リードにあるのかを探っていきます。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。