アクセサリ

サックスのリードの選び方〜新品を買う→使い始めまでの正しい行程

良いリード選びは、演奏の上達に直結します。

悪いリードで練習してしまうと、変な癖がついたり、力んでしまったりと悪影響があります。

この記事を読んでほしい方
  • どのようにリードを選べば良いかがわからない。
  • 自信を持って、良いリードを選べない。
  • リードが寿命を迎えてから、新品のリードに交換している。

私バージェスの、リードの選び方に対する考えはこちら!

結論

新品の箱を開けた後、全てのリードを試す

基準は、硬さ→ppが吹ける→表現しやすいの順で判断

全てのリードで、良い音を出そうとしない

リード選び自体がサックス吹きの技術なので、継続して練習する

リードの選び方を間違えている方は、多く見かけます。

リードを選ぶ具体的な方法、選び方の基準まで詳しく解説していますので、ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.サックスのリードを選ぶときの具体的な手順

新品のリードを買ってから、リードを選ぶ工程を具体的に解説します。

1-1.箱から全てのリードを出す

サックス吹きの男子学生

あ、このリードもう寿命だ、交換しなきゃ。

新品のリードを1枚出そう。

バージェス

それはアカン!

リードは1箱開けて、全てのリードから選ぶんだ!

リードが寿命を迎えるたびに、新品のリードと交換する方、多くありませんか?

このやり方は、良くありません。理由は次の通りです。

  • 新品のリードは状態が安定しないので、すぐに演奏には使えない。
  • 複数枚からリードを選ぶようにしないと、リードの良し悪しが判断できるようにならない。

リードを買ったら、箱から全て出して選ぶ。

使っているリードが寿命になってから、新品のリードと取り替える。

上達のためには、リードを選ぶスキルは必要です。

バージェス

お金がもったいない気持ちは分かる、昔の私もそうだった…

しかし、これは上手くなるための出費として考えよう。

コストパフォーマンスを考えるなら、樹脂製のリードを検討してみてください。

近年の樹脂リードは、非常に質が良いです。詳しくはこちらの記事で解説しています。

>サックスの樹脂・プラスチックリードの評判と選ぶときの注意点

1-2.初めは少しだけ吹く

箱から開けたリードを全て試しますが、最初は吹きすぎないことが重要です。

新品のリードは、状態が安定しません。

少し吹いただけで、すぐに状態が変化してしまったり、雑音が入ってしまったりします。

  1. 30秒〜1分ほど吹いて、次のリードを演奏する。
  2. 箱のリード全て演奏したら、最初のリードに戻る。
  3. これを2〜3セット繰り返す。

新品のリードですぐに練習・曲に取り掛かる。

1-3.リードに硬さのランクをつける

次に吹いたリードに、硬さのランクをつけます。

私自身は、以下の4つに分けています。

S息がすぐに音になり反応は良いが、少し息の圧力をかけただけで、音が広がって使えない。
SHそれなりに鳴って、コントロールしやすい。
HS音はしっかり鳴るが、重いのでコントロールが少し難しい。
H硬さがありすぎて、音を出すことさえ大変。

S→SH→HS→Hの順番で、硬いリードとなります。

SはSoft(柔らかい)、HはHard(硬い)という意味でつけています。自分が分かれば、どのような表記でもOKです。

SH〜HSの間に入ったリードから、さらに厳選します。

厳選するポイントは、次の2点です。

厳選するポイント
  • ppで演奏ができるか。(特に高音域・低音域でppが使えるとかなり良いリード!)
  • メロディをきちんと歌えるか。(=表現しようとしていることができるか。)

このポイントまでクリアできると、本番でも使えるリード候補に仲間入りです。

少し硬いものは、使い続けていくことで、柔らかくなっていくこともあります。

しばらく使っても硬いものは、削る方法もあります。

このランク付け→厳選ポイントのチェックの過程は、マウスピースやリガチャーを選定する際にも使えます。

1-4.徐々に演奏時間を伸ばしていく

初めは、1分以内で吹いていましたが、それを数分→十数分→…、と徐々に伸ばしていきます。

この過程で、リードが育ち、安定した状態となります。

また、長持ちするようにもなります。

2.リードを選ぶときの重要ポイント

リード選びをする上で、重要な考え方を解説していきます。

2-1.全てのリードで良い音を出そうとしない

リードを選ぶときに陥りがちな盲点として、「全てのリードで良い音を出そうとしてしまう」というものがあります。

これでは、正しくリードを選ぶことができないばかりか、演奏に変な癖もつてしまう可能性があります。

重要ポイント

それぞれのリードで、良い音を出そうとして、吹き方を変えてはいけない。

普段の吹き方で、良いリードかどうかを判断する。

バージェス

私たち演奏者が、リードという道具に合わせる必要はない。

演奏者に合う、道具を探すことが重要。

この考えはリードに限らず、マウスピース・リガチャーなどを選ぶ場合であっても、重要です。

2-2.リード選びも練習である

リード選びも、サックス奏者にとって大切な技術です。

初めから良いリードを選べる人はなかなかいません。

継続していくことで、良いリードを見分けるコツがわかったり、速くリードを選ぶことができるようになります。

バージェス

私自身も「リードの選び方」をレッスンしてもらった経験がある。

「リード選び=サックス吹きの技術の1つ」であることがよく分かる。

【スマホだけあればOK】あなたの演奏が思うようにいかない、本当の原因を探してみませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。あなたの実際に演奏を聴いて、原因は奏法にあるのか、リードにあるのかを探っていきます。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

まとめ

リードの選びの具体的手順、選ぶための基準と心構えを解説してきました。

今回の要点
  • 新品の箱を開けた後、全てのリードを試す
  • 基準は、硬さ→ppが吹ける→表現しやすいの順で判断
  • 全てのリードで、良い音を出そうとしない
  • リード選び自体がサックス吹きの技術なので、継続して練習する

選定品リード販売のお知らせ

音色・演奏に大きな影響を与えるリードですが、一般的に、楽器やマウスピースのような選定品は販売されていません。

良いリードを良い演奏に直結します。また、良いリードを知らないと、良いリードを選ぶ技術も身に付きません。

詳細は以下のリンクを参考にしてください。リード原価+1,200円(送料・梱包量込み)ほどの価格となります。

レジェールリード選定サービス

最後までお読みいただき、ありがとうございました。