サックス奏法

サックスの独学は難しい?実体験をもとに練習法などを解説

サックスを独学で始めること、独学で続けることに不安を感じている方は多いです。

そこで、今回はサックスの独学について注意点、練習方法について解説していきます。

バージェス

私も楽器を始めてから、10年ほどは独学だった。

独学中に、吹奏楽の全国大会にも出場した実績もある私が、独学について解説していきます。

この記事を読んでほしい方
  • サックスを独学で習得できるか知りたい。
  • サックスの独学の効果的な方法を知りたい。
  • 楽器やマウスピースは何を選ぶべきか、相談できる先生がいない。
  • 独学で学ぶか、レッスンに通うか悩んでいる。

私バージェスの、サックスの独学に関する考えはこちら!

結論

サックスは独学でも上手くなれる

独学で成功するためのポイントは「必要な情報をつかむ」こと

レッスンに通う方が、効率的であることは間違えありません。

しかし、レッスンにはお金がかかるので、できれば独学にしたい気持ちも理解できます。(昔の私もそうでした。)

サックスの独学に関する有益な情報をまとめましたので、ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.独学とレッスンの違い

サックスを上達するためにやることは、独学でも、レッスンに通っても変わりません。

独学で約10年、レッスンは現時点で9年ほど通っていますが、これは間違えないです。

「レッスンに通ったら、練習メニューが劇的に変わる!」なんてことはないです。

練習メニューの一覧
  • ロングトーン
  • タンギング
  • ビブラート
  • エチュード(練習曲)など

ほとんどの練習は、独学でもレッスンでもやりました。

書籍や、インターネットから練習方法の解説も見つけることができます。

  • レッスンであっても、独学と取り組む練習は同じ
  • 練習方法の解説は、書籍やインターネットで手に入る。

つまり、独学でも上達できる。

吹奏楽部の
男子部員

じゃあ、わざわざお金払ってレッスン通うことはないね。

バージェス

そうとは限らない!レッスンの良さも、もちろんある!

独学では得られない、レッスンのメリットを感じているのは、この2点です。

レッスンのメリット
  1. 今まさに生徒が必要としている情報を、提供してくれる。
  2. 検索してもなかなか見つからないような、深い知識を提供してくれる。

②の「深い知識」を得ることはなかなか難しいです。

ですが、自分の課題を認識して、適切に情報を探せれば、独学でも大きな成果を出すことができます。

独学で上達する鍵は、自分が必要としている情報をつかむこと

バージェス

私のブログは、「自分がつまづいてきた演奏技術などを、深い知識を含めて提供する」ことをコンセプトの1つにしています。

ぜひ他の記事も読んでください。

レッスンも気になる、という方はこちらの記事も参考にしてください。

>【サックスのレッスンで迷う方へ】教室の選び方・内容・料金などを徹底比較!オンラインレッスンも解説

私自身が考える、良い先生の選び方についても解説しています。

ここから、独学で上達するための情報を、私の体験をふまえながら解説していきます。

2.正しい道具をそろえる

前提として、使っている楽器やマウスピースが良いものでないと、どんなに練習しても、なかなか上達しません。

むしろ、その楽器やマウスピースのせいで、変な癖がつくこともあります。

2-1.使うメーカーを選ぶ

楽器やマウスピース、付属の部品までかなり多くの種類が発売されています。

オーソドックスなものを選べば、間違えないです。

個人的にオススメする、オーソドックスなモデルをご紹介します。

バージェス

上手い人ほど、オーソドックスなセッテイングをしているが多い気がする…

楽器

結論

セルマー・ヤマハ・ヤナギサワの中から選びましょう。(サックスの“御三家”と言ったりします。)

セルマーは魅力的な楽器ですが、安いモデルがないので、予算を抑えたい方は、ヤマハ・ヤナギサワから選びます。

御三家のメリット
  • 実績のある老舗メーカー。
  • 全国どこでも修理が受けられる。(他のメーカーだと、部品がないとかで、修理を断られる可能性があります。)
  • 不要になったとしても、比較的高値で売れる。

御三家から選べば、中古であってもOKです。

バージェス

私自身、楽器本体はソプラノからバリトンまで、全て中古でそろえています。

マウスピース

マウスピースは、特に差がつくポイントです。

メーカーモデル開き
セルマーS80C⭐︎
(バリトンはD or E)
セルマーS90170 or 180
(バリトンは190 or 200)
セルマーコンセプト1種類のみ
(バリトンは無し)
(テナーは個性強いので△)
バンドレンプロファイル1種類のみ
(ソプラノ・アルトのみ)

リード

初心者のうちは、硬めのリードは避けた方が無難です。

メーカーモデル硬さ
バンドレントラディショナル
(通称“青箱”)
3(〜3 1/2)
バンドレンV12
(通称“銀箱”)
2 1/2〜3
ダダリオレゼルブ3(〜3 1/2)
レジェールシグネチャー3(〜3 1/4)
バージェス

「リードは、硬い(3より3 1/2)を吹ける方が上手い」という話しがあるが、あれはデマなので気にしないように!

私自身も、プロでも柔らかいリードを好む人も多い。

リガチャー

様々な金属の素材が出ていますが、まずは基本のGL(ゴールドラッカー)かGP(ゴールドプレート)でOKです。

音色に違いが出るので、好みが出てきたら買い直しましょう。

メーカーモデル
セルマー1種類のみ
BGトラディション
ハリソン1種類のみ

2-2.個体差

楽器やマウスピースなど、同じメーカーの同じ型番の商品でも、品質に大きな差があります。

品質が悪いもの(いわゆるハズレ)を引いてしまうと、上達の妨げになります。

楽器本体は、腕の良いリペア(修理屋さん)にお願いすれば、ある程度まではなんとかなります。

しかし、マウスピースは個体差が大きいので、特に注意しましょう。

マウスピースは、同じモデルを買う場合でも、複数本から試奏して、吹きやすいものを選びます。

吹奏楽部の
女子部員

じゃあAmazonとかネットショップで、型番だけ選んで注文しちゃダメってことですね。

バージェス

その通り!

私自身、昔は吹奏楽部に来てくれる楽器屋さんに、マウスピースを注文しただけで、選んで買うことはしなかった…

選定に自信がない方は、プロの選定品マウスピースを取り扱うお店もありますので、探してみましょう。

選定品リード販売のお知らせ

音色・演奏に大きな影響を与えるリードですが、一般的に、楽器やマウスピースのような選定品は販売されていません。

良いリードを良い演奏に直結します。また、良いリードを知らないと、良いリードを選ぶ技術も身に付きません。

詳細は以下のリンクを参考にしてください。リード原価+1,200円(送料・梱包量込み)ほどの価格となります。

レジェールリード選定サービス

3.独学で上達するための練習方法

ここからは、独学で上達するための練習方法を解説します。

私自信が取り組んで、効果が高かったものですので、ぜひ参考にしてください。

3-1.音楽を聴いて、マネする

レッスンでは先生が、自分が演奏する曲の見本を演奏してくれますが、独学ではそうはいきません。

次のような練習をします。

練習方法
  1. 曲を演奏してみる。
  2. 自分が演奏した曲と同じ曲を色々聴く。
  3. 色々聴いた中から、自分が好きな演奏を、見本の演奏とする。
  4. 見本の演奏をイメージしながら、練習する。
  5. 自分の演奏を録音して、見本の演奏と比較して、改善点を探す。

まずは自分で演奏してみてから、見本の演奏を聴くようにしましょう。

最初からマネをしてしまうと、楽譜(特にリズム)が読めるようになりません。

このように練習することで、レッスンに近い効果を得ることができます。

独学レッスン
見本の演奏を探して、聴く。先生が見本で演奏してくれる。
見本の演奏と自分の演奏を比較して、改善点を探す。先生が自分の演奏を聴いて、改善点を指摘してくれる。

自分が上達するための情報(ポイントや改善点)を、見本の演奏から探すことができます。

3-2.練習メニューを考える

前述した通り、独学でもレッスンでも、練習メニューはほとんど同じです。

しかし、「今自分が、何の練習を重点的にやるべきか」ということは、独学の場合は、自分で考える必要があります。

吹奏楽部の
男子部員

先生は、どのような練習のメニューがいいと思いますか?

バージェス

決められたメニューだけをやみくもに取り組むのはダメ!

「自分ができないことができるようになる」練習メニューが良い。

だから練習メニューは、日々変わることだってある。

レッスンでは、練習の意義や効果を教えてくれます。

さらに言えば、レッスンで課題や練習メニューを提案してくれるので、練習の意義や効果を考えなくともうまくいきます。

独学では、次のように練習していきます。

練習方法
  1. 自分の演奏の改善点を探す。(録音する・他の人に聞いてもらう、など)
  2. 練習メニューや練習の意義・効果をインターネット等で調べる。
  3. 自分の改善点を直せるような、練習メニューを組む。

独学では、自分ができていないこと、それを補うための練習を自分で考える。

4.参考記事

独学で練習するうえで、参考になる記事を抜粋しました。

練習論

独学に限らず、全ての練習で参考にしてほしい考え方です。

私自身も、独学している頃から、この考え方は徹底していました。

>楽器上達のコツ!毎日の楽器練習を効率よく行うための2つの考え方

エチュード・練習曲

サックスを練習する上で、ラクールの教本は避けては通れません。

ラクールを使った練習方法も、こちらの記事で解説しています。

>サックス教本・エチュード~ラクールの練習方法と得られる効果

ここで紹介した記事以外にも、「アンブシュア」「タンギング」「ビブラート」など個別の演奏法について解説してますので、ぜひお読みください。

【スマホだけあればOK】今のメンバーといつまで演奏できるか分かりません。最短で上手くなって、今の活動をより充実させませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

独学で学ぶということは、体調を崩したときに、医者に行かず医学書を読んで、自分の症状を見つけるのと同じで難しいです。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案し、最短の上達をお約束します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

まとめ

今回は、「独学」という観点から、上達のためのヒントを解説しました。

私も含め、レッスンをする・指導を行う人間も、プライドや熱意を持ってやっているので、「独学でレッスンを上回る」というのは難しいかもしれません。

しかし、レッスンに通えない事情がある方にとって、今回の記事が有益だったと思っていただければ嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。