選曲

ソロコンテスト曲オススメ5選ーアルトサックス中~上級編・金賞狙い

サックスのソロコンテスト向けの曲を紹介していきます。

曲名だけではなく、演奏時間や難易度、難しいポイント等も紹介していきます。

今回はアルトサックスの中級〜上級編です。

アルトサックスでソロコンで入賞を狙いたい方、将来的に難しい曲にチャレンジしたい方、ぜひ最後までお読みください。

他の方の評判や、実際にソロコンで演奏されているかも調べてはいますが、私自身が演奏したことのある曲から、選んでいます。

実際に演奏した生の感想をお伝えしていきますので、ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.プロヴァンスの風景(モーリス作曲)

基本情報
  • 演奏時間…約13分半(1楽章:約2分半・2楽章:約1分半・3楽章:約1分半・4楽章:約4分半・5楽章:約3分半)
  • 難易度…中級(1〜4楽章)・中級〜上級(5楽章)
  • フラジオ…なし

ソロコンで推奨されるのは、1楽章+2楽章、または5楽章になります。

2楽章と3楽章の長さは同じくらいですが、2楽章の方が音色・歌がより表現できます。

4楽章は名曲ではありますが、終止ゆったりした曲で、コンテスト向けとは言い難いです。

5楽章は、Allegroのテンポの中で、曲の大半が16分音符です。

大きな跳躍は少ないですが、音数が多いので、高い集中力と練習量が求められます。

ポイント・難所
  • 高音のド#が多く出てくるので、音程に注意。
  • 技術的に難しい箇所であっても、アーティキュレーションは明確に。

2.ソナタ(クレストン作曲)

基本情報
  • 演奏時間…約13分半(1楽章:約4分半・2楽章:約5分・3楽章:約4分)
  • 難易度…中級〜上級
  • フラジオ…1楽章にあり(ソ♮)

ソロコンでは、1楽章の人気が圧倒的に高いです。

基本的には技術重視の曲ではありますが、歌う箇所もいくつか見られます。

この曲を取り組む場合、まずは1楽章にチャレンジするのが良いです。

2楽章は、音色と歌勝負で、技術をアピールする部分はありません。

3楽章は、フラジオは登場しないものの、ピアノとの掛け合いも難しく、指定テンポ(♩=160)まで上げるのがかなり大変ですが、チャレンジする価値はあります。

ポイント・難所
  • 1楽章の冒頭部分の指が難しい。第一印象を決める場所なので、指をテキパキ動かす。根気強く練習。
  • 高音域でアクセントを多用するので、力んで音程高くなったり、音がキツくなったりしないように。
  • 指回しの部分と歌う部分では、明確に音色を変える。

3.アディオス・ノニーノ(ピアソラ作曲・啼鵬編曲)

基本情報
  • 演奏時間…約5分(途中のピアノソロ1分をカットすることも可)
  • 難易度…中級〜上級
  • フラジオ…あり(ソ♮・ソ#・ラ♮)※ただし、ソ#はオプションなので必須ではない

サックスの技巧的な独奏(ピアノなし)→ピアノを入れて歌うメロディ→フラジオを伴う壮大なメロディ、という構成です。

まさにソロコンには、もってこいの構成となっています。

色々な音源を聴いて、リズムを少し楽譜と変えてみても良いです。(楽譜の書き換えがダメと、ソロコンの規定にある場合はもちろん不可です。)

冒頭の独奏部分は、独奏ならではのテンポ感・間の取り方がありますので、この曲に限らず、様々な独奏曲を聴いて、研究してみてください。

ソロコンでも取り上げられる曲ですが、コンサートで演奏しても、かなりウケが良い選曲です。

ポイント・難所
  • 冒頭の独奏部分の表現方法。
  • フラジオのラ♮→ファ♮の速い動きがあり。ファ♮をフロント+1+2のキーで取るなど、替え指で対策を。
  • 最後の音がフラジオ(ラ♮)の伸ばしなので、外してしまうと印象が悪い。プレッシャー対策を。

演奏を公開しています。練習しやすいように、曲想の変わり目ごとにチャプターで区切っています。なお、楽譜とは若干リズムを変更して演奏しています。

4.スカラムーシュ(ミヨー作曲)

基本情報
  • 演奏時間…約8分(1楽章:約3分・2楽章:約4分・3楽章:約2分半)
  • 難易度…中級〜上級
  • フラジオ…なし

2楽章は美しいメロディですが、ソロコンという意味では、1楽章か3楽章から選択するのが良いです。

人気があるのは、1楽章ですね。

音数が多い曲なので、譜読みには時間がかかります。

1楽章と3楽章に関しては、歌う箇所は少ないので、歌よりも技術に自信のある方は、候補にしてみても良いのではないでしょうか。

ポイント・難所
  • 終止高いテンションと、明るい音色で演奏する。
  • 速いフレーズの中にも大きな跳躍がある。柔軟なアンブシュアと息づかいが必須。

5.ワルツ形式のカプリス(ボノー作曲)

基本情報
  • 演奏時間…約5分
  • 難易度…上級
  • フラジオ…なし

この曲は独奏(ピアノ伴奏なし)なので、ピアニストが見つからない場合に、重宝される曲です。

ただし、演奏難易度はかなり高いです。

プロの録音を聴くと、特別難しそうには感じないかもしれません。

しかし、実際に曲を練習してみると、全く印象が変わります。

譜読みだけで、かなり時間のかかる曲ですので、覚悟を持って取り組むようにしてください。

ポイント・難所
  • 調号は書かれていないが、臨時記号だけでかなり目まぐるしく調性が変わっていく。
  • 数多くの装飾音符と跳躍

フラジオ運指

今回紹介した曲では、フラジオを使う曲があります。フラジオの運指はこちらを参考にしてください。

>フラジオ運指表~アルトサックス 音の連結と宝島の運指例

また、フラジオの演奏方法・導入練習については、こちらの記事で解説しています。

>サックスのフラジオ~演奏のコツ・フラジオ特有の演奏方法と導入練習を解説

【スマホだけあればOK】ソロコンテストで入賞を目指すため、プロの指導を体験してみませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

ソロコンテストの入賞は、その後の演奏人生を変えるほど、大きなインパクトをもちます。プロの指導を受けて、入賞を目指すための方法を無料で学んでみませんか?

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

(番外編)サックスのソロコンで選曲をするときの注意点

サックスのソロコンの選曲をするときに注意すべき点は、「ピアノ伴奏の難易度」です。

実は、サックスよりもピアノ伴奏の方が、はるかに難しいケースが多いです。

ピアノ伴奏をお願いする人と、必ず一緒に選曲をするようにしてください。

ピアノ伴奏は、完璧にできれば素晴らしいですが、「一部の音を抜く」ことも考えて演奏してみてください。

(プロのピアニストでも、曲によっては音を抜いています。)

  • ピアノ伴奏者に、選曲の相談をする。
  • ピアノ伴奏は、場合によっては音を抜いてもOK

最後までお読みいただき、ありがとうございました。