フラジオ・オーバートーン

サックスのフラジオ~演奏のコツ・フラジオ特有の演奏方法と導入練習を解説

  • フラジオを出せるようにしたい
  • フラジオの運指は知っているけど、出せるようにならない・安定しない

実は、サックスのフラジオ奏法は、運指が注目されますが、息づかいやアンブシュアなどもフラジオ特有のコツがあります。

なぜなら、フラジオは「倍音を強調して演奏する」という特殊な演奏方法であるため、通常の音域のように、指だけ押さえれば、正しい音程で鳴るわけではないからです。

私は長年、フラジオの研究を続け、今では「D(レ)」まで、演奏できるようになりました。(さらに高音域は研究中。)

この記事では、フラジオを出す上で特に大切になる奏法と、フロントFキーを使った導入練習を中心に、フラジオの原理やオススメの教本も紹介していきます。

この記事を読むと、フラジオ特有の演奏方法が理解でき、やみくもに吹くよりもずっと早く、フラジオを出せるようになります。ぜひ最後までお読みください。

結論

①フラジオを出すうえで、特に重要なのは、「息を入れ過ぎない」「口の中をなるべく狭くする」

②まずはフロントFキーを使い、通常音域にはない、フラジオが鳴るツボを探す

【無料オンラインレッスン】受付中

サックスの演奏にお悩みでしたら、無料オンラインレッスンを受けてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・学校などの演奏できる環境に行くだけで受講できます。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で、お気軽に体験できます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.フラジオ奏法とは・原理

サックスは、ファ#が最高音なりますが、それより高い音を出す奏法です。

(ソプラノサックスは、機種によって半音上のソが最高音)

サックス最高音

実際に鳴っている(聴こえている)音(=「基音」)には、かすかにその音より高い音(=「倍音」)が鳴っています。

グランドピアノの低音を、ペダルを踏んで弾いてみると、倍音が聴こえやすいです。

「倍音で鳴っている音を強調して、実際の音として鳴らす」、これがフラジオ奏法の原理です。

そのため、フラジオ奏法は、通常の音域とは違った、息づかいやアンブシュアなどで演奏する必要があるのです。

高い倍音を強調するために、フラジオ特有の演奏方法が必要

2.フラジオを出すためのコツ

フラジオを出すためのコツは、通常の高音域を出す方法に近いです。

高音域を出すコツ
  1. 息を入れ過ぎない
  2. 息は細く・スピードを上げる
  3. 口の中は狭く・噛まないアンブシュア
  4. 頭のてっぺんで響かせる
  5. 音程をイメージする

フラジオ奏法では特に、「息を入れ過ぎない」「口の中を狭く」がポイントになります。

2-1.息を入れすぎない

高音域を演奏するのに、息の量は必要ありません。これは最も誤解されやすいポイントです。

管楽器奏者は、演奏が上手くいかないと、より多くの息を吹き込もうとしますが、高音域を演奏するにあたっては逆効果です。

息を入れすぎない呼吸法として、「吸気主動」という考え方があります。吸気主動とは、吸気(空気を吸うこと)が主動(主な動き)となる呼吸法のことです。

吸気主動での呼吸
  1. 腹式呼吸を使ってたくさん息を吸う
  2. 脱力する(息を吐こうとしない

しっかり息を吸って、肺に息をためた状態で脱力すると、勝手に息が身体の外に出ていきます。

息を吐こうとするのでなく、脱力して自然に出る息をコントロールして、楽器を演奏します。

脱力すると、必要以上に息が出てしまうので、 息が出ていき過ぎないように、お腹で支えます。

吸気主動の呼吸法に関しては、こちらの記事により詳しくまとめています。

>管楽器の呼吸法 第1回~腹式呼吸の復習と「吸気主動」という新しい考え方

2-2.口の中をなるべく狭くする

口の容積を狭くすると、息がまとまりやすくなり、速い息を出すことができます。

ホースの先をつまむと、水圧が高くなるのと同じ仕組みです。

息づかいの仕組み

具体的には、舌の中央~奥を持ち上げて、上顎に近づけるようなアンブシュアとなります。舌の先端は、舌の歯茎の裏側を軽く触ります。

アンブシュア~口の中の状態・舌の位置
バージェス

私自身が、フラジオを演奏するときの口の中は、「ク」の状態に近い。

これでかなり口の中を狭くできる。通常音域では使わない口の形。

口の中を狭くし、息をまとめる過程で、マウスピースを噛まないこと

マウスピースを噛んで演奏してしまうと、リードの振動が妨げられる、などのデメリットが多いです。

噛んでいても、ある程度まではフラジオを当てることができます。しかし噛んでしまうと、ラ#より上の音を出そうとすると、かなり難しくなります。

通常の高音域を出すためのコツは、こちらに詳しくまとめています。フラジオを出すための奏法と重なる部分も多いので、ぜひお読みください。

>【演奏の誤解を解消】サックスの高音域を出すコツ・5つを厳選し解説

3.フラジオ練習の導入

フラジオ練習の導入として、フロントFキーを使った、次の音・運指で演奏してみてください。

フラジオ運指(E~F#)

※キー名称がわからない場合、こちらをクリック→サックスのキー名称

上記の運指は、フラジオ奏法です。(フロントキーを押すことで、C4キーが少し開き、倍音が強調されやすくなる仕組み。)

鳴っている音程は通常音域と同じでも、通常の運指と上記の運指では、別の奏法で演奏していることになります。

高音域を当てるには、音程を頭の中でイメージすることが大切ですが、フラジオを出したことがない場合、音程をイメージすることが難しいです。

このフロントFキーを使った練習は、通常音域なので、音程がイメージしやすい、というメリットもあります。

音程をイメージしやすい音域で、フラジオ奏法の感覚をつかむ

ただし、これらの練習には注意点があります。

より高音域のフラジオに比べ、これら3つの音は出しやすい。そのため、フラジオに適した演奏法でなくとも、音が出てしまう可能性がある。

特にこれらの運指で演奏すると、吹いたときの抵抗感が強く感じます。

抵抗感に負けないよう、息をたくさん入れてしまったり、力んでマウスピースを噛んでしまったりする。

「息を入れ過ぎる」「マウスピースを噛む」という行為は、前述した高音域のコツとは反するので、やめましょう。

抵抗感は強いけど、細い・速い息で鳴らせるポイントを探す。

それほど息を入れなくても、フラジオ音域を「鳴らせるツボ」があります。色々な吹き方を試して、この鳴らせるツボを探します。

この吹き方が、より高音域になったときの奏法の基礎になります。

バージェス

よく誤解されるのが、「フラジオでは息の量が必要」ということ。

息の量ではなく、高音域にいくほど鳴らせるツボを探すのが、より難しくなっていくイメージ。

4.倍音・オーバートーン練習

フラジオの練習方法として、倍音・オーバートーン練習も有効です。

「倍音で鳴っている高音を強調して、実際の音として鳴らす」という点で、共通点がある練習だからです。

倍音・オーバートーン練習については、こちらで詳しく解説していますので、ぜひお読みください。

>サックスのオーバートーン・倍音のコツ〜譜例あり!音色改善の練習法

倍音・オーバートーン練習は、フラジオ音域だけでなく、通常音域の音色・響きも改善する非常に有効な練習です。

バージェス

私自身も、オーバートーン練習に取り組んだことで、演奏が劇的に変わったので、本当にオススメの練習方法。

5.フラジオ運指表

こちらの記事で、私が実際に使っているフラジオ運指を複数公開しています。

単発の運指だけでなく、通常の運指と効率よく接続するための、運指の組み合わせも紹介しています。

>フラジオ運指表~アルトサックス 音の連結と宝島の運指例

>フラジオ運指表~テナーサックス 出しやすい運指のみ厳選・音の連結方法も紹介

↑運指表(PDFファイル)はこちらからもダウンロード可能です。

【スマホだけあればOK】あなたのフラジオが出ない・出にくいというお悩み、解決します!

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。フラジオのような特殊奏法は、基本奏法に課題があるため習得できないことも多いです。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

【参考】フラジオ練習のための教本

フラジオを学ぶための教本は、何冊か出版されていますが、ルソー氏が書いた教本を推奨しています。

まとめ

フラジオを出すための奏法・練習方法について解説してきました。

今回の要点
  • フラジオ音域を鳴らすツボを探す
  • 息は入れすぎないないで、口の中はかなり狭く(私自身は「ク」の形)
  • フロントキー・オーバートーン練習も取り入れる

フラジオ特有の奏法を解説しましたが、やはり基本奏法は重要です。

基本奏法が柔軟であるほど、特殊であるフラジオ奏法が身につくスピードは速いです。特殊なフラジオを右方ばかり練習してると、変な癖がつきやすいので注意してください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。