選曲

ソロコンテスト曲のオススメ5選ーテナーサックス編

サックスのソロコンテスト向けの曲を紹介していきます。

曲名だけではなく、演奏時間や難易度、難しいポイント等も紹介していきます。

今回はテナーサックス編です。テナーサックスはアルトサックスと比較して、曲数がかなり少ないため、選曲の相談を受けることも多いです。

中学生の方でも演奏できる曲から上級編まで、テナーサックスに絞って紹介していきますので、ぜひ最後までお読みください。

他の方の評判や、実際にソロコンで演奏されているかも調べてはいますが、私自身が演奏したことのある曲から、選んでいます。

実際に演奏した生の感想をお伝えしていきますので、ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.セレナード・ヴァリエ(クレリス作曲)

基本情報
  • 演奏時間…約3分
  • 難易度…初級
  • フラジオ…なし

最初にチャレンジするソロの曲として、オススメです。

終止ゆったりとしたテンポで、演奏しやすい音域で書かれています。

16分音符が並ぶ技巧的なフレーズもあり、楽器を始めて間もない方にとっては、練習しがいのある曲となります。

ポイント・難所
  • オクターブの跳躍が多いので、綺麗にとれるように。
  • 装飾音符に、アクセントがつかないよう注意。

2.アイナの歌(イナの歌)(スパーク作曲)

基本情報
  • 演奏時間…約5分
  • 難易度…初級(〜中級)
  • フラジオ…なし

もともとユーフォニアムとピアノのために書かれた曲ですが、テナーサックスの音域でも演奏可能です。

「B♭ EUPHONIUM」という楽譜をそのまま読むだけです。

オプションで1オクターブ上げる指示の箇所は、オクターブ上げて演奏しましょう。(上げないと、下の音域がサックスでは足りません)

この記事を書いている時点では、テナーサックスでの演奏は一般的ではないようですが、テナーサックスの音域に非常にマッチするので、オススメです。

全体を通して歌う曲なので、技術的にアピールする箇所がないのは難点です。

逆に言えば、中学生でも取り組みやすい曲です。

ポイント・難所
  • 低い音からフレーズが始まることが多いので、はっきり出られるように練習する。
  • 中間のカデンツの部分の、テンポ感や間の取り方は、たくさんの演奏を聴いて研究する。

アイナの歌は、テナーサックス用の音源は多くありません。私自身が演奏したものを載せますので、こちらを参照してください。練習しやすいように、練習番号ごとにチャプターで区切っています。

3.テナー・サクソフォンとピアノのための協奏曲 Op.57(サンジュレー作曲)

基本情報
  • 演奏時間…約5分
  • 難易度…中級
  • フラジオ…なし

技巧的なパッセージが中心ですが、歌や音色を聴かせる箇所もあり、ソロコンにはもってこいの曲です。

長い休符が少ないため、演奏者の体力も試されます。

指回しは多いですが、パームキーを使う高音域(レから上)は、ほとんど使うことはありませんので、その点は少し楽です。

冒頭18小節の間に、サックスのパート譜には音がありますが、前奏としてピアノパートに任せてしまってもOKです。

ポイント・難所
  • 速い動きの中にも、大きい跳躍があるので、柔軟なアンブシュアと息づかいは必須。
  • 速い動きが明確に聴こえるように、息を吹き込む、指をテキパキ回す。

4.アダージョとアレグロ(シューマン作曲・須川展也編曲)

基本情報
  • 演奏時間…約8分(アダージョ:約3分半・アレグロ:約4分半)
  • 難易度…中級
  • フラジオ…あり(ソ♮・アダージョにのみ登場)

全曲通すと長いため、ソロコンの選曲という意味では、アレグロのみの演奏、もしくはアダージョとアレグロ、それぞれの部分をカットする形になります。

アレグロだけであっても、歌や音色で勝負できる箇所はあります。

曲全体を通して、低音域はあまり使われず、中〜高音域が中心の構成となっています。

ポイント・難所
  • アレグロは短い音が多いので、こもった音にならないよう、息を吹き込む。
  • 高音域も含め、随所に出てくるタンギングの質を重視。

5.ファンタジア(ヴィラ=ロボス作曲)

基本情報
  • 演奏時間…約10分(第1楽章:約4分・第2楽章:約3分・第3楽章:約3分)
  • 難易度…中級(〜上級)
  • フラジオ…なし

曲全体を通して、タンギングと拍子感をどのように表現するかが、大きなポイントとなります。

第1楽章は、3/2拍子・2/2拍子で表記されますが、場所によっては拍子が表記と違う場合があるので、注意してください。

技巧的なパッセージが中心ですが、歌えるメロディもあります。

第2楽章は、♩=54のゆったりとしたテンポですが、5連符・6連符・7連符・32分音符など、様々なリズムが登場します。

第3楽章では、♩=152のテンポで、16分音符のタンギングが登場しますので、ダブルタンギングが必須となります。

悩まれた場合は、第1楽章を選ぶのが良いです。

ポイント・難所
  • スタッカートやアクセントなど、タンギングに差をつけて、表現する。
  • 跳躍が全体的に多いので、どの音もきちんと鳴らせるように息を入れる。

【スマホだけあればOK】ソロコンテストで入賞を目指すため、プロの指導を体験してみませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

ソロコンテストの入賞は、その後の演奏人生を変えるほど、大きなインパクトをもちます。プロの指導を受けて、入賞を目指すための方法を無料で学んでみませんか?

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

テナーサックスでのレッスンを希望される場合、講師もテナーサックスを使用します。

(番外編①)サンジュレーという作曲家

ジャン=バティスト・サンジュレーという作曲家は、クラシックのサックスのための曲を多数書いた、サックスの歴史から見たら初期の作曲家です。

サンジュレーの書いた曲では、「サクソフォーン四重奏曲」が大変有名ですが、実はソロの曲も数十曲残しています。

サンジュレーが書いたソロ曲は、アルトサックス以外の曲も多い。

サックスでソロの曲というと、ほとんどがアルトサックスのために書かれた曲、というのが現状です。

そのため、アルトサックス以外のサックスでソロの曲を探すと、なかなか見つかりません。

サンジュレーの曲は、選曲の幅を広げるという意味でも非常に有用ですので、ぜひ色々探してみてください。

(番外編②)サックスのソロコンで選曲をするときの注意点

サックスのソロコンの選曲をするときに注意すべき点は、「ピアノ伴奏の難易度」です。

実は、サックスよりもピアノ伴奏の方が、はるかに難しいケースが多いです。

ピアノ伴奏をお願いする人と、必ず一緒に選曲をするようにしてください。

ピアノ伴奏は、完璧にできれば素晴らしいですが、「一部の音を抜く」ことも考えて演奏してみてください。

(プロのピアニストでも、曲によっては音を抜いています。)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。