サックス奏法

サックスのビブラートの速さ〜上手く表現できない場合の確認項目

「ビブラートはかけられるけど、音楽がうまく表現できない」

このように悩んでいる方、ある1つの問題があります。

この記事を読んでほしい方
  • ビブラートはできるけど、うまく表現できない・ぎこちない。
  • ビブラートはできても、色々な種類のビブラートがかからない。(ビブラートが1種類しかない)

私バージェスが考える、ぎこちないビブラートからの脱却方法はこちら!

結論

曲のテンポで、ビブラートをかけない

(ビブラートと曲のテンポは連動しない)

今回の内容は、多くの奏者がビブラートをかけるときに、やってしまいがちな問題に特化して解説していきます。

サックスのビブラートに関する全般的な内容は、こちらの記事で解説しています。

>サックスのビブラート~かけ方の基礎・上級テク・練習の盲点まで完全解説

音楽的なビブラートにならないという方、ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.ビブラート練習の盲点

次のような一般的に紹介されているビブラートの基礎練習には、盲点があります。

ビブラートの基礎練習
  • 次のリズムで、ビブラートをかけます
  • メトロノームを鳴らし、♩=80くらいまで練習します(標準的なテンポは、♩=72です。)
  • 一定の波の大きさになるよう、注意して練習します
ビブラート基礎練習
ビブラート基礎練習の盲点

ビブラート練習は、メトロノームのテンポ通り、波の数を決めて練習すること

この練習方法自体に、問題はありません。

波の速さをコントロールすることは、美しいビブラートには必須です。

しかし、「曲の練習」「ビブラートの練習」それぞれでメトロノームを使うことから、誤解が生じます。

  • 曲の練習→メトロノーム必要
  • ビブラートの基礎練習→メトロノーム必要
重要

曲でビブラートを使う場合、ビブラートを曲のテンポに合わせない

つまり、メトロノームを使った曲練習は、このように考えます。

ビブラートの波が、1拍の中に必ず3つ or 4つしか入らない

これが「ビブラートと曲のテンポが同じになってしまっている」状態です。

メロディを聴けば、テンポはわかります。曲を聴きながら手拍子するのは、音楽を勉強してない方でもできるのが、その証拠です。

しかし、ビブラートまで同じテンポにしてしまうと、押し付けがましく・機械的に聴こえてしまいます。

メトロノームを使ったビブラート練習は、波の速さをコントロールするために必要

実際の曲では、曲のテンポとビブラートの速さを一致させない

2.ビブラートの速さとテンポの関係

ビブラートと曲のテンポの関係について、実際の例を交えながら解説していきます。

2-1.ビブラートの速さ=曲のテンポの実例

まずビブラートのテンポが、曲のテンポと同じになってしまった例を聴いてみましょう。

実例

曲は、サン=サーンス作曲の組曲「動物の謝肉祭」から白鳥です。

使用した楽譜は、次の通りです。(ソプラノサックスで演奏していますので、B♭譜です。)

サン=サーンス:白鳥 抜粋
演奏条件
  • 2分音符より長い音符にビブラート
  • ビブラートは、1拍に4つ

2-2.ビブラートの速さと曲のテンポを連動させない例

同じ曲を、ビブラートの速さが曲のテンポにならないように演奏した例です。

先程の演奏と比較してみてください。

↑楽譜はこちらからダウンロードできます。

比較すると、ビブラートと曲のテンポが合ってしまう例は、ぎこちなく・機械的に聴こえてしまうのが分かります。

ビブラートを曲のテンポに合わせないことで、ビブラートが自然に聴こえるようになります。

弦楽器は管楽器と比較し、ビブラートを多用する傾向があり、この曲では次の演奏が一般的です。

  • 管楽器=4分音符にビブラートかけない
  • 弦楽器=4分音符にビブラートかける

紹介しました私の演奏は、弦楽器をイメージして、4分音符にもビブラートをかけて演奏しています。

今回のテーマからは少し外れますが、比較して、参考にしてみてください。

3.曲のテンポとビブラートの両立

前述してきた通り、曲のテンポとビブラートの速さを一致させてはいけません。

3-1.曲のテンポはビブラートの速さより優先

最優先すべきは、曲のテンポキープです。ビブラートの波の数が、拍の中に3つ or 4つにならないよう意識しすぎると、曲のテンポが乱れてしまいがちです

テンポ感がない曲は、かなり不自然になりますし、他のパートと合わせることが非常に難しくなるためです。

ビブラート波の数を、曲のテンポに合わせないようにした結果、テンポキープができなくなる。

「曲のテンポとビブラートを連動させない」という技術を確実に習得でするまでは、本番や合奏など人と合わせる機会では、ビブラートの波の数をコントロールすることはやめましょう。

3-2.対処方法

ここから脱却する方法としては、ビブラートを無意識で行える状態に持っていく必要があります。

ビブラートなしで、曲を演奏する場合であっても、「音を伸ばす」という行為は、カウントしながら無意識で行えています。

それと同じレベルで、ビブラートをかけた音を自然に使えるよう、反復練習する必要があります。

ただし、無意識と言っても、何も考えずにビブラートをかければ良いわけではありません。

ビブラートの波の速さや大きさなどは、あらかじめ決めておいた上で、テンポと連動しないように設計します。

重要なのは、①でビブラートを考える際、拍の中にいくつ波を入れるかではなく、あくまで曲の雰囲気だけから考えるということです。

慣れてくれば、①→④の手順で確認できるようになります。録音だけして、「テンポキープができていること」、「ビブラートがテンポと合っていないこと」だけを、定期的に確認する程度でOKです。

「テンポキープをする」「ビブラートをかける」という脳の回路が、複数に分かれるイメージがあります。

テンポキープとビブラートを同じ回路で処理してしまうと、次のどちらかにおちいります。

  1. テンポキープしようとすると、ビブラートが3つ or 4つしか入らない
  2. ビブラートの数を3つ or 4つ以外にしようとすると、テンポキープできなくなる
バージェス

簡単に思えるかもしれないが、頭の中で数えているテンポと、ビブラートを合わせないというのは、実はかなり難しい。

私自身も相当苦労しました。

【スマホだけあればOK】あなたの演奏する曲のビブラートが、より魅力的にる方法を知りたくないですか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。レッスンではあなたが演奏する曲が、より魅力的になる具体的なビブラートのかけ方をご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

まとめ

今回のテーマをまとめると、次の通りです。

今回の要点
  • 曲のテンポとビブラートの数は連動させない
  • テンポキープが最優先
  • 「曲のテンポとビブラートを連動させない」という技術は、難易度が高いので根気強く練習する

皆様のビブラートを使った表現力向上のヒントになれば、嬉しいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。