サックス奏法

【完全解説】サックスのビブラート~かけ方の基礎・上級テク・練習の盲点まで

サックスで感動的な表現をするためには、ビブラートは切っても切り離せません。しかし、正しいビブラートのかけ方・練習方法・どのようなビブラートを使うのかを理解していないと、いつまでたっても感動的な表現はできません。

将来的に感動的な表現ができるよう、基礎から応用まで、ビブラートの全てを解説していきます。

どこにでも書いてある、波のかけ方やメトロノームを使った練習方法だけにとどまらず、より実践的な練習方法を解説していきます。

ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.サックスのビブラートのかけ方・仕組み

サックスのビブラートは「顎(あご)」でかけます。

サックスを吹きながら、「ワウワウワウワウ」と顎を動かすと、音に波ができます。

このとき動かすのは、下顎のみ。(上の歯は動かさないように注意する)

これは、アンブシュアを動かすことで音程が微妙に変化しているためです。

  • 「ワ」…口を開く動き。口の中が広くなり、音程が下がる。
  • 「ウ」…口を閉じる動き。口の中が狭くなり、音程が上がる。

下にあるように、標準音程(理想はチューナー真ん中付近)に対して、音程を上下させるイメージです。

サックスのビブラートの仕組み

「息」「喉(のど)」「お腹」でかけるビブラートは、サックスでは一般的ではありません。

ビブラートの基本を習得する段階では、考えなくてOKです。

実際にやってみよう

まずは、自分の吹きやすい音を伸ばしながら、「ワウワウ」と顎を動かしてみましょう。

この段階で音が切れることなく、波が作れて(音程が上下して)いればOKです。これがサックスのビブラートです。

音程が上下しているかは、チューナーを見ながら確認します。

上手くいかない人は、「ワウワウ」の口の開く・閉じる動きを、大きくしたり、小さくしたりして、波はかかるけど、音は切れない場所を探してみましょう。

  • 波がかからない場合…「ワウワウ」の動きを大きくしてみる
  • 音が切れてしまう場合…「ワウワウ」の動きを小さくしてみる

2.いつからビブラート練習を開始するか

「音がまっすぐ伸ばせるようになったら」ビブラートの練習を開始すべきです。

ビブラートは、わざとアンブシュアを動かして、音に意図的に波を作る奏法です。

音がまっすぐ伸びていない状態は、アンブシュアや息づかいが安定していないことから、意図しない音の波・揺れが生じてしまっている状態です。

意図した波(ビブラート)を見せるには、意図しない波ができていない状態(音がまっすぐ伸びている状態)が必要です。

そうしないと、意図した波と意図しない波が混在してしまい、効果的にビブラートが使えないためです。

バージェス

「音がまっすぐ伸びる」条件がクリアできていて、ビブラートにチャレンジしたいなら、なるべく早くビブラートの練習を始めてほしい。

憧れのテクニックなら、「好きこそ物の上手なれ」ということで、どんどん上達していけるはず。

3.良いビブラートと練習方法

ビブラートの練習方法を解説します。

練習の目的・前提を理解するために、「良いビブラート」について、先に解説していきます。

バージェス

ビブラートに限らず、目的を理解して練習に取り組むことが大切。

3-1.良いビブラートとは

良いビブラートを一言でいえば、「その曲に合ったビブラートをかけること」です。

ビブラートは、「かける」or「かけない」の2択ではありません。

ビブラートの3つの構成要素

ビブラートは次の3つの要素で構成されています。

①〜③を組み合わせることで、無数の組み合わせができます。

この無数の組み合わせから、音楽的にふさわしいビブラートを選び取る必要があります。(ビブラートの選び方については後述します。)

まずは「ビブラートには3つの構成要素がある」ということを理解してください。

美しい音であることが大原則

「ビブラートをかけない音が、美しい音であること」これが何より重要です。

ビブラートだけ目が行きがちですが、ロングトーンなどで地道に音色を鍛えることが必要です。

最終目的は「良いビブラート」なのではなく、「良い演奏」であることを忘れないでください。

バージェス

「ビブラートは、ステーキにかけるスパイスのようなもの」だと考えてほしい。

ビーフステーキのイラスト

どれだけ最高級のスパイス(ビブラート)を使っても、肝心な肉(音)がイマイチだと、美味しいステーキにはならない。

3-2.ビブラートの練習方法

先ほど解説した、「ビブラートの3つの構成要素」を自在に操るための練習が必要になります。

速さをコントロールするための練習

一般的なビブラートの練習は、ビブラートの速さを均一にするための練習です。

練習例

「ワウ」という、「口を開く→口を閉じる→元の口に戻す」という一連の動きを書かれたリズムで行います。息はまっすぐ入れます。

自分ができるテンポから始めてOKです、♩=80くらいまでできれば十分です。

必ずメトロノームを鳴らしながら練習してください。

一息で吹けない場合、途中でブレスをとってください。

ビブラート基礎練習

サックスのビブラートの目安は、♩=72の16分音符とされます。

厳密にこの速さを守る必要はありませんが、テンポ感をある程度覚えておくようにしましょう。

♩=72のテンポでビブラートをかけるというのは、マルセル=ミュール先生が提唱した考え方です。ミュール先生は、サックスのビブラートを開発し、サックスの神様と呼ばれる方です。

大きさをコントロールする練習

均一な速さでビブラートがかかるようになったら、次に波の大きさをコントロールする練習を行います。

「ワウワウ」という顎の動きを大きくすれば大きな波が、小さくすれば小さい波ができます。

次の4パターンができるように練習します。

  1. なるべく大きな波をかける
  2. なるべく小さな波をかける
  3. 小さい波から、徐々に大きい波にしていく
  4. 大きい波から、徐々に小さい波にしていく

ビブラートをつなぐ練習

曲やエチュードを使って、音と音のつなぎ目も波が綺麗にかかるように練習します。

音域によって吹奏感が変わるので、1つの音でビブラートをかけるよりも難易度が高いです。

3つの構成要素からは外れますが、実践では必要な力となります。

高さをコントロールする練習(応用編)

標準音程から、上下に均一にビブラートをかけるのが基本ですが、あえて音程を高め or 低めでビブラートをかけることもあります。

ビブラートの音程
  • 高い音程を作る→「ワウワウ」の「ワ」の口の動きをやり過ぎず、「ウ」の口を少し大きめに作る。
  • 低い音程を作る→「ワウワウ」の「ワ」の口を少し大きめに作り、「ウ」の口をやり過ぎない

かなり難易度が高いため、応用編です。

高音域・低音域でも使えるようにする

ここまで解説してきた練習方法を、高音域・低音域でも実践してください。

高音域・低音域では、音を出すこと自体が難しいので、ビブラートも難易度が上がります。

ビブラートの練習で使える、より詳しい譜面や演奏例などは、こちらにまとめています。

>サックスのビブラートの基本~かけ方・やり方と4つの練習方法

4.ビブラートを選び取る

ビブラートがかかるようになると、次のような悩みが生まれます。

  1. ビブラートはどの音にかけるべきか
  2. どのようなビブラートをかけるべきか

4-1.ビブラートの答え

「ビブラートをかけるべきか」、「かける場合どのようなビブラートをかけるのか」という問いに、答えはありません。

ビブラートに限らず、演奏者が音楽をどのように表現するかは、演奏者自身の音楽的な価値観や好みによって決まります。

演奏をどのように表現するかの答えは、自分の音楽的な価値観や好みによって決めるべきで、それこそが答えです。

バージェス

私が生徒さんと同じ音を吹いたとき、「私ならビブラートをかけるか・かけないか」、「私ならどのようなビブラートをかけるか」ということまでしか答えられない。

レッスンでは私ならどうするかは解説するが、それが生徒さんにとっての答えになるとは限らない。

答えを探すヒントとなるのが、「良い音楽をたくさん聴く」ということです。

自分が演奏する曲に限らず、たくさんの曲を聴いていけば、自分の中に音楽的な価値観や好みが自然と生まれます。そうすると、かけたいビブラートをイメージできるようになってきます。

「良い音楽を聴くことの重要性」に関しては、こちらの記事でより詳細に解説しています。

>サックス・吹奏楽部員のための音色改善・イメージの重要性とセンスについて

4-1.ビブラートをかける音とかけない音

ビブラートをかける傾向がある音は、次の通りです。

  • 長い音
  • 主張すべき音(フレーズの頂点など)

動きの無いものより、動きの有るものが目につきやすいのと同じで、ビブラートの波は音を目立たせます。

弦楽器は管楽器と比較して、短い音であってもビブラートをかける傾向があります。

この演奏では、弦楽器をイメージして、ほぼ全ての音にビブラートを入れて演奏しています。参考にしてみてください。

↑楽譜はこちらからダウンロードできます。

4-2.ビブラートのバリエーションを作る

ビブラートの波の速さと波の大きさで、ビブラートのバリエーションを作ります。

波の速さと大きさは、次の4パターンと、ビブラートをかけない(ノンビブラート)という計5つのパターンをベースに考えます。

サックスのビブラートの種類

波の速さが速いほど、波の大きさが大きいほど、テンションの高い表現が可能です。

Aのパターンは、音量がpであったり、穏やかな箇所であっても、ノンビブラートでは味気ないと感じる部分で有効に使えます。

A~Eの5パターンを作るわけでなく、例えばAとBの間のような表現も可能。

こうすることで無数のビブラートのパターンができる。

また、難易度は高いですが、ビブラートの音程をコントロールすることで、更に深い表現が可能です。

高い音程でビブラートがかかれば、より高いテンションを表現することができます。

ビブラートを選び取るためのヒントは、こちらにより詳しくまとめています。

>サックスのビブラート~表情豊かな演奏にするためのかけ方とコツ

5.ビブラートとテンポ

曲でビブラートを使う場合、ビブラートの波の速さを曲のテンポに合わせない」ことが重要です。

ビブラートの波が、1拍の中に必ず3つ or 4つしか入らない

これが「ビブラートと曲のテンポが合ってしまっている」状態です。

ビブラートと曲のテンポが合ってしまうと、押し付けがましく・機械的に聴こえてしまいます。

前述したような、テンポ通りに波を入れる練習をしているため、曲でも同じようにビブラートをかけてしまう人が多いです。

ビブラート基礎練習

この練習は、あくまで波の速さをコントロールできるようにするための練習なので、曲では適用しません。

ビブラートを使って、拍の数を数えてしまっても、この現象におちいります。

曲のテンポとビブラートの数は、一致するとは限らない。

  • テンポキープ…頭の中でしっかりテンポを刻む(意識的)
  • ビブラート…波の速さや大きさをイメージしたまま表現する(無意識的)

頭の中で2つの回路を持つようなイメージです。

演奏はテンポキープする方が優先。

ビブラートを曲のテンポに合わせないようにすると、反動で曲のテンポキープもできなくなってしまいがちです。

テンポキープができていない演奏は、より不自然な演奏になりますし、他のメンバーとのアンサンブルにまで影響を及ぼしますので、注意してください。

バージェス

簡単に思えるかもしれないが、頭の中で数えているテンポと、ビブラートを合わせないというのは、実はかなり難しい。

私自身も相当苦労した。

ビブラートとテンポの関係、具体的な練習手順は、こちらにより詳しくまとめています。

>サックスのビブラートの速さ~上手く表現できない場合の確認項目

【スマホだけあればOK】あなたの演奏する曲のビブラートが、より魅力的にる方法を知りたくないですか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。レッスンではあなたが演奏する曲が、より魅力的になる具体的なビブラートのかけ方をご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

まとめ

サックスのビブラートの要点は、次の通りです。

今回の要点
  • サックスのビブラートは顎でかけるのが基本
  • ビブラートの練習は、音がまっすぐ伸ばせたら始めてOK
  • ビブラートの構成要素3つ(波の速さ・大きさ・高さ)を自在に操れるよう練習する
  • ビブラートのバリエーションを作り、自分のイメージした表現に合ったビブラートを使う
  • ビブラートと曲のテンポを同じにしない

最後までお読みいただき、ありがとうございました。