アンブシュア

サックスのアンブシュア ~マウスピースをくわえる深さについて

サックスのアンブシュアの中でも、「マウスピースをくわえる深さ」というテーマに特化して解説していきます。

サックスのアンブシュア全般に関しては、こちらの記事に詳しくまとめています。

>サックスのアンブシュアについて全て解説〜クラシック・吹奏楽奏者向け

この記事を読んでほしい方
  • マウスピースはどのくらいの深さでくわえるべきなのか知りたい。
  • マウスピースを浅くくわえたとき、深くくわえたときの違いが知りたい。

私バージェスが考える、「マウスピースをくわえる深さ」でお伝えすることはこちら!

結論

一般的な基準=Sop0.8cm/Alto1cm/Ten・Bar1.2cm

浅めにくわえた時・深めにくわえた時の特徴を理解して、自分の好みの場所を探す。

マウスピースをくわえる深さによって得られる変化を理解できれば、音楽表現が広がっていきます。

また、マウスピースをどのくらいの深さで加えればいいのか悩んでいる方に、くわえる深さを決める基準を提案していきます。

マウスピースのくわえる深さを少し変えるだけで、音色や吹きごごちは劇的に変化します。

どのような変化するかが理解できれば、演奏の悩みも軽くなっていく可能性がありますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.マウスピースをくわえる深さの基準

一般的な基準は以下のとおり。

ソプラノ0.8cm
アルト1cm
テナー1.2cm
バリトン1.2cm

※くわえる深さはマウスピースの先端〜上の歯が当たる位置までの距離のこと

「1cm」というのは、多くの文献に書かれています。

私がマウスピースをくわえる深さをお伝えします。

一般的な基準
ソプラノ0.6cm0.8cm
アルト0.8cm1cm
テナー0.8cm1.2cm
バリトン0.8cm1.2cm
バージェス

上の表を見てもわかる通り、私のアンブシュアはかなり浅い。でもこれには理由とこだわりがあるのだ!

テナーやバリトンなど大きなマウスピースになるほど、普通は深めにくわえがちです。それを考えても、私は比較的浅めにくわえています。

まずは、自分がどのくらいの深さでマウスピースをくわえているのかを、知るところから始めましょう。

何cmと具体的に知るというよりは、標準より浅めなのか・深めなのか・標準通りなのかを知るべきです。

(私も浅めにくわえていることは理解してました。ですが何cmか、というのはこの記事を書くために測って初めて知りました…)


これから浅めにくわえたとき、深めにくわえたときの傾向をお伝えしていきます。

くわえる深さをどうするか、考えるきっかけにしてみてください。

2.マウスピースのくわえる深さを研究する

マウスピースの加える深さを変えると、変化が大きいのは「音色」と「吹いた時の抵抗感」

この2つは、演奏者の主観・好みの問題で、どちらが良いというものではありません。

浅いくわえ方、深いくわえ方、どちらが良いかは自分の価値観を大切にしてください。

ただし、くわえる深さの基準だけは理解しておきましょう。

2-1.マウスピースを浅めにくわえたときの傾向

  1. 息を吹き込んでも音色が暴れない
  2. 音色は暗く、柔らかめ

私は特に①にメリットを感じるため、浅めにくわえるアンブシュアを採用しています。

「いつもより息が入りすぎている」と感じたら、更にほんの少しだけマウスピースを浅くくわえ直しています。

こんな悩みのある人は、マウスピースを浅めにくわえるのを試しても良いかもしれません。

  • 音色が暴れてしまっている
  • 楽器が鳴りすぎてうるさい

また、暗く柔らかい音色は、短調の曲を演奏するときに使いやすい音色でもあります。

バージェス

サックスの音色は基本かなり明るい。

私は「浅めにマウスピースをくわえるアンブシュア」を基本にして、サックスにしては少し暗めの音色をスタンダードにしているぞ。

ここは好みなので、皆さんも最適な深さを探してみて下さい。

2-2.マウスピースを深めにくわえたときの傾向

  1. 息はそんなにたくさんいらない
  2. 音色は明るくなる

深めにくわえた場合、浅めにくわえた場合とは逆の傾向が表れます。

息の量は浅めにくわえたときよりも必要ありません。

ですので、薄くなってしまってるリードでも操作しやすいと言えます。

薄くなったリードは、高い息の圧力に耐えられないからです。

また、明るい音色で、長調の曲は演奏しやすくなります。

【スマホだけあればOK】あなたのアンブシュアのお悩み、すぐに解決しませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。