楽器演奏全般

ロングトーン応用編~サックス・吹奏楽奏者に向けた効果的な練習法

メロディを歌おうとするとき、「音1つ1つで押してしまう」演奏になってしまう。

スラーやレガートが上手く繋がらない、という悩みはありませんか?

これらを克服するには、ロングトーンを工夫して練習に組み入れると解消します。

演奏に直結する、ワンランク上のロングトーンの解説を行なっていきます。

ロングトーンの意義や、基本的な練習方法は、こちらで解説しています。

ロングトーンとは~サックス・吹奏楽奏者のための練習法とコツ

この記事を読んでほしい方
  • 効果的なロングトーンのやり方を教えて欲しい。
  • スラーやレガートがうまく演奏できない。
  • 演奏すると、1音ごとに音を押してしまって、綺麗にフレーズを歌うことができない。
  • 音域の幅が大きい跳躍が上手くできない

実は、今回解説する方法を使えば、ロングトーンを使ってスラーやレガートも克服できます。

私、バージェスが考える、ロングトーンのポイントはこちらです。

結論

全ての音域で、同じ息の使い方・奏法をする。

一言で言うと簡単そうですが、全ての音で使う息の量や抵抗感が異なります。

これを統一するには、正しい練習の仕方を理解する必要があります。

スラーやレガートは、簡単なようで奥が深い技術です。

私も昔、フレーズを音1つ1つで押してしまうことで、レガートでの演奏ができず、指導者から注意を受けました。

今回解説する練習方法で、「音1つ1つで押してしまう」という弱点を克服してきました。

スラーやレガートがうまくいかない理由と、美しく演奏するための具体的な練習法を解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.息の使い方・奏法の考え方

1-1.ロングトーンの盲点

ロングトーンは、次のようなプロセスで練習をするのが基本です。

ロングトーンのプロセス
  1. 良い音色・響きで音を出せているのか、確認しながら音を伸ばす。
  2. 良い音色・響きではない場合、息の使い方・奏法を改善する。
  3. 良い音色・響きがする息の使い方・奏法が見つかったら、そのまま音を伸ばし続ける。

このプロセス自体、悪いものではありません。

きちんと演奏の問題点を考えながら練習し、息の使い方や奏法の改善をしているからです。

ロングトーンは、1つの音を伸ばし続ける練習だからこそ、盲点があります。

ロングトーンの盲点

息の使い方や奏法の改善を「1つの音」でやってしまうこと

1-2.スラーやレガートが綺麗にできないわけ

演奏する音によって、音を出すのに必要な息の量・抵抗感が違います。

例えば低音域を演奏する場合、管が長くなるため、音を出すのに必要な息の量・抵抗感も強くなります。

高音域と低音域など、音域の差が広がると、音を出すのに必要な息の量・抵抗感の差もはっきり現れます。

そうすると、次のような問題が生まれます。

問題点

音を1つ1つ綺麗に出そうとするあまり、それぞれの音で息の使い方や奏法がバラバラになる

極端な例を言うと、次の譜例で、「ド」「ミ」「ソ」をバラバラの息の使い方・奏法で演奏しているようなものです。

レガート例

タンギングをしないで演奏すれば、楽譜通りの演奏にはなります。

しかし、「スラーがつながって聴こえない」・「音を1つ1つ押したように聴こえてしまう」のは、それぞれの音での息の使い方・奏法がバラバラで統一感がないからです。

1-3.改善するためには

スラーやレガートを美しく演奏するには、次のポイントを意識します。

重要ポイント

全ての音域で、同じ息の使い方・同じ奏法で演奏する

木管楽器であれば、息の使い方・奏法は変えないまま、指だけ動かします。

しかし、全ての音域で吹き方をそろえると、様々な問題が発生します。

例;使う息の量
  • 低音域→使う管が長いので、抵抗感が強い。そのため息はたくさん必要。
  • 中音域→音を出すためには、低音域ほど息の量はいらない。逆に息を入れすぎると、音色が広がって汚くなりがち。
  • 高音域→中音域より息の量は必要ない。息を入れすぎると、音が裏返って正しい音程にならないことも。

低音域は、息をたくさん使わざるを得ないので、「低音域並みに息を使っても、中音域・高音域を綺麗に鳴らす」という発想と練習が必要。

バージェス

全ての音域で、同じ息の使い方・同じ奏法を取り入れるのは、実はかなり高度なテクニック。

劇的に演奏は変わるので、時間はかかるかもしれないが、これから解説する方法で、根気強く練習していってほしい。

2.具体的な練習方法

「全ての音域で、同じ息の使い方・同じ奏法で演奏する」ための、具体的な練習方法について解説していきます。

練習方法

次の譜例を参考にしてください。

最初の音から、半音ずつ下がる動きを複数回繰り返します。

半音ずつ下がっていき、自分の出せる最低音域まで繰り返します。

スタートの音はどこでも大丈夫ですが、出しやすい音域の音を選んでください。

半音ずつ上がり、自分の最高音域まで繰り返す練習も同じ要領で行います。

ロングトーン課題2
ロングトーン課題3

この練習で必ず守って欲しいポイントは次の通りです。

ポイント
  1. 半音の動きで、息の使い方・奏法を変えない。
  2. 半音の間で、音色・響き方が近くなるよう演奏する。
  3. フェルマータのついた音とその次の音も、息の使い方・奏法を変えない。
  4. 音色・響きなどで、上手くいかない音が出たら、一旦演奏を止める。
  5. 上手くいかなかった音が良い音になるように、息の使い方と奏法を変更する。
  6. 変更した奏法で、最初の音からやり直す。

①〜⑤を繰り返しながら下行・上行で行うことで、全ての音域で統一した息の使い方・奏法を探すことができます。

息の使い方・奏法が統一されれば、音色や音の響きも、音域による差が小さくなります。

息の使い方・奏法がどの音域も完璧に同じ奏法、とまではいかなくとも、音域によって、息の使い方・奏法が近づいた(差が少なくなった)だけでも大きな効果が得られます。

この練習は、フルートの教本「トレヴァーワイ」の第1巻を参考にした練習方法です。

バージェス

私はサックス奏者だが、「トレヴァーワイ」のシリーズは非常に参考にしている。

フルート以外の楽器の方にも、ぜひ手に取ってもらいたい。

3.練習の効果

この練習の効果は、大きく次の3つあります。

3-1.スラーやレガートが綺麗につながる

スラーやレガートのかかったメロディが、綺麗に繋がって聴こえます。

前述した通り、息の使い方・奏法が統一されれば、音色や音の響きも、音域による差が小さくなります。

音色や音の響きの差が小さいと、音が滑らかにつながりやすいです。

3-2.速いパッセージを上手く演奏することができる

プロの演奏家の速いパッセージが、華麗に聴こえるのは、全ての音域で同じ息の使い方・同じ奏法を実践しているからです。

速いパッセージは、1つ1つの音が短いので、音によって演奏方法を変える暇はありません。

同じ息の使い方・同じ奏法で、全ての音が良い響きで鳴れば、1通りの吹き方で、連符の音全てを鳴らすことができます。

3-3.音域に跳躍があってもスムーズにつながる

次のような音域に跳躍がある譜面でも、演奏しやすくなります。

跳躍進行例

低音域と高音域の息の使い方・奏法に差がないため、切り替えが早くできるようになるためです。


ロングトーンの応用として、「全ての音域で、同じ息の使い方・同じ奏法」をする練習方法とメリットについて解説してきました。

習得は簡単ではありませんが、演奏の自由度が格段に上がりますので、「もっと上手くなりたい」と向上心のある方は、ぜひ取り組んでみてください。

私自身も今回解説した練習をすることで、大きな効果を感じましたので、自信を持ってオススメします。

【スマホだけあればOK】正しい奏法をロングトーンで反復することで、より高い効果がでます。まずあなた固有の課題を解消しませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

正しくない奏法でロングトーンをしてしまうと、かえって変な癖をつけてしまいます。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。正しい奏法を理解して、ロングトーンをしましょう。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。