サックス奏法

サックスのお手入れ・メンテナンス〜オススメ用品も紹介

サックスの日々のお手入れ・メンテナンス方法につき、多く質問をいただく内容や、誤解のある内容についてまとめました。

また、私自身も使用している、オススメのお手入れ用品も紹介します。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

マウスピースの水洗いはOK

サックスのマウスピースは、水洗いをしてOKです。

水洗い後は、清潔なガーゼなどで、水分を拭き取ります。

マウスピースの水洗いについて、反対派の方もいます。

反対派の主な理由
  • マウスピースは繊細で、傷を付けてはいけない
  • 水を使うことで、変色しやすくなる

マウスピースは、繊細で傷つけてはならない

「繊細で傷つけてはならない」のは間違いないですが、水洗いをしてはいけないと言う理由にはなりません。

高い水圧で洗ったり、こすり洗いしたりしなければ問題ありません。

バージェス

口元に近い部品ほど、演奏に与える影響は大きい。

水洗い自体に問題はないが、先端を傷つけてしまうと、マウスピースが使い物にならなくなるので、注意してほしい。

水を洗うと変色しやすい

マウスピースの原材料である、エボナイト(硬質のプラスチック)と言う素材は、湿度や日光などで変色します。

そのため、水洗いで変色が進む恐れはありますが、すぐに拭き取れば大きな問題はありません。

また、「変色した=音が悪くなる」とは言い切れませんし、そもそもマウスピースは、消耗品です。

いつか必ず交換しなければならない日が来ますので、キチンと洗って、清潔に保ちましょう。

マウスピースの水洗いはOK、ただし慎重に・丁寧に行うこと

サックスのタンポのお手入れ・メンテナンス方法

演奏後、スワブを通して管体の水分はとりますが、タンポの水分については気にしない方もいます。

特に楽器上部についているタンポほど、水分が付着しやすいです。

水分によってタンポが痛みますので、確実に取るようにしましょう。

タンポの水分

タンポの水分は、キーと楽器の間を、紙や専用の吸水シートを挟んで、落としていきます。

演奏した後のタンポの水分は、紙でとるよりも、タンポ専用の吸水シートで取ることをお勧めします。

理由は次の通りです。

吸水シートをオススメする理由
  1. 紙よりも多くの水分が吸い取れる
  2. 半永久的ではないが、かなり長持ち(数年)するので、コスパが良い

私が特にオススメしているのは、BGのパッドドライヤーです。

複数のメーカーの吸水シートを使用しましたが、1番長持ちする印象です。

タンポのベタつき・くっついて離れない場合

タンポのベタつきには、ノナカ パッド・ガードをオススメします。

この液体を付属のハケで、タンポに塗るだけで、タンポのベタつきが解消します。

パッドガードは、トーンホール(中央の金属部分)には塗りません。

周りの革の部分にのみ塗ります。

1,000円ほどするので、高いと感じるかもしれません。

しかし、楽器を演奏するたびに使うものではなく、タンポのベタつきが気になる時にしか使いませんし、1度に使用する量が少ないので、かなり長く使えます。

バージェス

私自身、10年ほど使っているが、1度も買い換えた記憶はない…

キーオイルは極力自分でささない

キーオイルは、できるだけ自分ではささず、リペア担当の方にお任せしましょう。

リペア担当の方は、楽器を分解した上で、キーオイルをさしてくれます。

楽器を分解して、キーオイルをさしてもらうことで、深くまで浸透し、キーオイルの効き目が良くなり、長持ちするようになります。

一方で、私たちは楽器の表面、見えている部分しか、キーオイルをさすことはできません。

また、余分なキーオイルを残したままにしておくと、楽器がサビる原因にもなります。

バージェス

私はキーオイルを自分ではささない(リペアの方に任せる)ので、市販のキーオイルは持っていません。

キーオイルは次の症状に効きます。このような症状が見られたら、リペア担当の方に楽器のメンテナンスをお願いしましょう。

キーオイルをさすべき症状
  • キーが重く感じる
  • キーを動かすと、ノイズが入る

サックスのリペアに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>サックスのリペア・調整・修理〜体験談から価格・期間・頻度を解説

【スマホだけあればOK】あなたの演奏のお悩み、すぐに解決しませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

サックスは上達すればするほど、より楽しめるようになります。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

まとめ

サックスのお手入れ・メンテナンスについて、質問が多い内容・誤解が多い内容を紹介させていただきました。

サックスの演奏でお悩みの方は、ぜひレッスンにお申し込みください。レッスンでは、あなた専用の練習法や解決策をご提案いたします。メンテナンスに関するアドバイスももちろん致します。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。