サックス奏法

サックスのリペア・調整・修理〜体験談から価格・期間・頻度を解説

サックスのリペア・調整・修理に関して、よくいただく質問をまとめました。

私自身、大手楽器店から個人でやられている方まで、数多くのリペアマンにお世話になってきました。

この記事を読んでほしい方
  • サックスのリペアにかかる、料金の相場を知りたい
  • サックスのリペアにかかる、期間の目安を知りたい
  • サックスのリペアに、持ち込むべき頻度を知りたい

私バージェスが体験した、リペア・調整の相場はこちら!

結論

料金は、定期調整であれば、5,000円〜6,000円程度

定期調整なら、1時間程度で終わるお店もあり

持ち込みは、半年に1度行けるのがベスト、最低でも年1回

私自身、過去に何社かリペアをお願いしてきた、具体的な体験談から紹介していきます。

皆さんがリペアに関わるときの参考となりますので、ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.リペア・調整・修理にかかる料金・値段

楽器店・リペアマンにもよりますが、定期調整であれば、1回5,000円〜6,000円の場合が多いです。

ただし、次のような場合は、さらに金額が上乗せされます。

リペア金額が上乗せされるパターン
  1. タンポやコルクなど、部品を交換する必要がある
  2. 落とした・ぶつけたなど、楽器に大きな損傷がある
  3. 前回リペアに持ち込んだ日から、期間が大きく空いてしまった場合
  4. そのお店への初回の持ち込み

定期調整は、あくまで「キーが正しくふさがっているか」「オイルが切れていないか」などの作業がメインです。

①の消耗品の交換では、タンポやコルク自体の代金と、交換のための技術料がプラスされます。

②の大規模な修理は、定期調整には含まれませんので、追加料金が発生します。

③の期間は大きく空くほど、キーのふさがりが甘くなってきて、手間がかかるため、料金が割高になります。

④の初回の持ち込みに関しては、リペアマン・楽器店によっては発生しません。

リペアマンのこだわりがあり、大きく分解して組み直し、そのリペアマン独自の調整をしてくれます。

そのため、状態が悪いとは言えない楽器であっても、初回だけは大きく分解する都合上、費用がかかってしまうことがあります。

バージェス

④に関しては、職人のこだわり・プライドが大きくでる部分。

担当するリペアマンによっても、仕上がりに大きな差が出る。

2.リペア・調整にかかる期間・時間

リペア・調整にかかる期間は、楽器の状態や、楽器店の混雑状況に影響されます。

しかし、定期的(年2回程度)にリペア・調整に出していれば、少しの時間で、完了することもあります。

定期調整であれば、1時間程度、その日のうちに持ち帰ることができるお店もある

バージェス

持ち込んだその日に持って帰れて、預ける必要がないため、私自身も重宝している。

ただし、あくまで「定期調整のみ」であることが前提です。

次の場合は、「定期調整のみ」には当たりません。

「定期調整のみ」でないケース
  • タンポなどの消耗が激しく、多数の消耗品の交換が必要となる場合(数年に1回程度)
  • 前回リペアに持ち込んだ日から、期間が大きく空いてしまった場合
  • そのお店への初回の持ち込み

基本的には、料金が上がるケースと同様です。

少しの消耗品の交換(ネックのコルク交換など)であれば、定期メンテナンスの時間内で、対応いただけることが多いです。

3.リペア・調整に楽器を持っていく頻度

どの程度演奏するかにもよりますが、年2回程度をオススメします。

年2回持ち込めれば、良い状態をキープしたまま演奏ができます。

バージェス

私が知っているプロの演奏家の方は、年4回持ち込む方が多いように感じる。

プロの方は、一般の方よりも楽器を酷使するので、あくまで参考。

長期間にわたり、演奏されていない楽器の調整には、時間と手間を要し、料金も高くなる。

楽器は演奏すればするほど、消耗していき、頻繁にリペアにいくことが望ましいです。

だからといって、「演奏していない=リペアの必要がない」というわけではありません。

むしろ、適度に吹いている楽器よりも、状態が悪くなっていきます。

もちろん、演奏することが1番ですが、ケース内の換気やキーを動かすようにすれば、多少は軽減できます。

4.リペア・調整・修理での音程の調整

リペアに持っていくと、「ある程度の」音程調整は可能です。

音程調整は、次のように行われます。

リペアでの音程調整の方法

キーの開きを微妙に変える。

  • 開きを大きくする→音程が上がる
  • 開きを小さくする→音程が下がる
サックスキーの開き

「ある程度」と書いたのは、音程調整ができる場合とできない場合があるからです。

※ここからの解説では、キーの名称が出てきます→サックスのキー名称




音程調整ができる可能性がある例
  • 最高音のファ#の音程を上げてほしい(下げてほしい)
  • オクターブ上のラより高い音全ての音程を上げてほしい(下げてほしい)

最高音のファ#では、C5キーを使いますが、他の音でC5キーは使用しません。

つまり、C5キーを押したときの開きを変更すれば、最高音のファ#だけ、音程を変更することができます。

また、オクターブ上のラから上の音程を、全て調整したい場合、第2オクターブキーの開きを調整できるか確認します。

オクターブ上のラから上の音は、全て第2オクターブキーが開いている状態だからです。



音程調整ができない例

真ん中のレの音程だけを下げてほしい

真ん中のレで使うキーは、他の音でも使用するため、「真ん中のレだけ」を調整で音程を変えることはできません。

※真ん中のレの音程でお困りの方は、こちらの記事を参考にしてください。

>サックスの音程・ピッチ練習〜真ん中のレとミの練習方法

音を出すときに、どこのキーが開く・閉じる動きをしているか把握できれば、音程調整の注文がしやすい。

実際には、今の楽器のキーの開き具合にもよりますので、リペアマンに相談してみてください。

キーの開きを変えると、吹奏感や音の響きが変わる可能性がある。

キーの開きは、音程以外にも影響を与えます。

ケースバイケースですが、1度キーの開きを変えてみても、簡単に戻せる場合がありますので、こちらもリペアマンに相談してみてください。

5.リペア・修理・メンテナンス担当の選び方

女性サックス奏者

結局、どのようにリペアを選べば良いのでしょう?

バージェス

可能であれば、信頼のできるサックス吹きに相談できるのがベスト。

あとは、お住まいの地域で口コミを見て、足を運ぶとか。

しかし、リペアに絶対はないので、最終的には好みになるな。

自分に合ったリペア担当に巡り会えるかは、運や縁の要素も強いです。

皆さまの参考になるよう、私自身の体験談をお伝えします。

良いリペアマンに当たった実体験

私が今現在、お願いしているリペアマンの方のお話しです。

本当に詳しくて、色々なことを教えてくださいます。

教えていただいたこと
  • 今の楽器の状態がどこが良くないのか、忖度なしで、ハッキリとダメ出ししてくれる
  • どのような調整をしているのかまで、説明してくれる
  • 自分が使用しているセルマーの製造番号から、その時代の楽器の特徴を教えてくれる
  • ケースまで見て、交換した方が良いとアドバイスをくれる

また、何より感動したのは、リペア後の楽器の状態です。

キーを押さえると、指先まで楽器の振動を感じます。

それほど、キーのふさがりが完璧に閉じているということで、初めての体験でした。

悪いリペアマンに当たった実体験

練習中にバネが切れてしまい、C1キーが常に開いた状態で、全く演奏できなくなってしまった。

※サックスのキー名称はこちら→サックスのキー名称

しかし、当時お願いしていたリペアマンの予約が、最短でも2週間後しか取れなかったため、泣く泣く近所の楽器店に電話をしました。

バージェス

すみません、至急サックスの修理をお願いしたいのですが、対応いただけますか?

困ったリペアマン

はい、応急処置になってしまいますが可能だと思います。どのような症状でしょうか?

バージェス

はい、C1キーのバネが切れてしまいまして、取り急ぎ交換をお願いしたいです。

困ったリペアマン

C1キー…?ド(C)のキーですか?

バージェス

…。

ハッキリ言えば、勉強不足が過ぎます。とてもプロとは思えません。

バネを交換していただけたのは、感謝していますが、2度と自分の楽器を触って欲しくなかったです…

しかも、おそらく知ってる方も多い、大手の楽器店です…苦笑

6.リペアの独学

実際に楽器に手を入れるのは、プロのリペアマンにお願いすべきです。

しかし、リペアについて独学することは、自分の楽器を理解する、と言う点では有益です。リペアマンとのコミュニケーションもとりやすくなります。

リペアについて学ぶなら、こちらの書籍がオススメです。かなり詳細に書かれた書籍ですので、リペアマンを志すわけではない場合、この1冊の知識があれば、十分すぎるほどです。

【スマホだけあればOK】あなたの演奏のお悩み、すぐに解決しませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

サックスは上達すればするほど、より楽しめるようになります。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

まとめ

サックスのリペア・調整について、深く解説させていただきました。

本当に良いリペアマンに調整をお願いするために、長距離移動している方もいます。

そこまではしなくとも、良いリペアマンとの出会いは、あなた自身の演奏をさらに向上させる大きな手助けとなります。

「リペアなんてどこも同じ」「とにかく安いとこ」なんて言わずに、良いリペアマンを探し、良い関係を築いてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。