サックス奏法

スランプ脱出のヒント!サックスのマウスピース・ネックを使った練習

楽器で音を出す前、マウスピースだけや、ネックまでの状態でなんとなく、理由もわからず音出しをしていませんか?

マウスピースだけ・マウスピース+ネックだけでの練習は、練習目的を正しく理解していれば、かなり有効です。

この記事を読んでほしい方
  • なんとなくマウスピースやネックだけで音出しをしている
  • 楽器本体は借り物だけど、マウスピースは保有しているので、マウスピースだけの練習方法が知りたい
  • スランプ脱出方法が知りたい

私バージェスが考える、マウスピース・マウスピース+ネックの練習目的はこちら!

結論

マウスピース練習→アンブシュア確認

マウスピース+ネック練習→音色・鳴りの確認

マウスピースだけ、マウスピース+ネックだけの練習は、「音を出すのがやっと」という初心者だけが行うものではありません。

私自身、今でも取り組んでいる練習メニューとなります。

今回の解説は、スランプから脱却したいときに特に有効です。ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.マウスピースだけの練習

まずは、マウスピースだけの練習方法を紹介していきます。

サックス マウスピース

1-1.アンブシュアの確認

マウスピースだけの練習で行うべきことは、「アンブシュアの確認」です。

特に、マウスピースを噛みすぎていないかの確認ができます。

実際にやってみよう

チューナーを使って、マウスピースだけで演奏した時の音程を確認します。

普段、自分がマウスピースだけで演奏すると、何の音程になるのか覚えておきましょう。

調子が良いときに、何の音程か確認してみるのも有効です。

バージェス

スランプになった場合は、脱力ができていなくて、力が入ってしまっていることが多い。

マウスピースを噛んでしまうのも、その1つの症状。

普段、自分がマウスピースだけで出す音程と、差がないか確認してみてほしい。

私がマウスピースだけで、演奏したときの音程を記載します。

これが答えではないですが、参考にしてみてください。

楽器音程(実音)
ソプラノH
アルトA
テナーG
バリトンE♭

「マウスピースを噛んでしまっている・下唇が痛い」という悩みのある方は、こちらの記事も参考にしてみてください。噛みつき奏法から、脱却するためのヒントを記載しています。

>サックスのアンブシュア 〜顎(あご)の使い方・下唇の痛みからの脱却方法

1-2.(応用編)マウスピースだけで音程を変える

これは上級者向けの練習ですが、マウスピースを使って、音程を変える練習も有効です。

1オクターブ近く音程が出せれば、かなり柔軟なアンブシュアです。

具体的には、次のような方法で音程を変化させます。

  • 舌の位置
  • 声帯の状態
  • 下顎の位置
  • 息の方向

音程は、下げる方にコントロールします。

音程を上げられたとしても、通常のアンブシュアの半音〜全音程度上までです。

バージェス

習得できると、音程を下げるのがかなり楽になる。

良い音色を保ったまま、音程を変化させられる。

1-3.マウスピースだけの音出しは難しい

初めて楽器を触る方には、マウスピースだけの音出しからでなく、マウスピース+ネックで音出しをさせてみるべきです。

新入生を勧誘するサックスパートの先輩

サックスを初めて吹く人は、まずはマウスピースだけで音を出してみよう。

バージェス

あかーん!

マウスピースだけは音出しにくいんだから、ネックもつけてあげて!

順序的には、「マウスピース→マウスピース+ネック→楽器をつける」ように感じますが、これは誤りです。

マウスピースだけの方が、ネックをつけた状態より、使う息の量は少ないですが、音が鳴るツボが狭いです。

初めて楽器を触る人には、まずはマウスピース+ネックで、音を出す感覚を掴んでもらう。

これまで解説した通り、マウスピースだけの練習も有効ですので、楽器に慣れてきたら取り組んでみましょう。

2.マウスピース+ネックだけの練習

マウスピースとネックだけで行うべきことは、「息の使い方・音色・鳴りの確認」です。

サックス マウスピース+ネック

マウスピースだけでもなく、楽器本体をつけてでもなく、ネックまでの状態がベストな理由は、次の通りです。

マウスピースだけの練習

  • 出る音が非常にやかましく、音色の変化を検知しにくい
  • 音が鳴るツボが非常に狭いので、息の方向を変化させるのが難しい

楽器本体をつけての練習

  • 音域によって抵抗感が変わり、息の使い方だけ意識することが難しい
  • 音程など様々な要素が気になるため、ネックだけの方がシンプル
練習方法

ネックまでの状態で、マウスピースをくわえる角度、息の方向や息の量を変化させて吹きます。

1番音色が良く、鳴っている息の使い方を覚え、この状態で楽器をつけて演奏します。

マウスピース+ネックで演奏すると、確認項目が少なく、シンプルに奏法を確認できます。

バージェス

今でも私自身、スランプで納得のいく音色が出ないときは、楽器本体をつけずネックまでで奏法を確認している。

スランプの時は、ネックまでで吹いたときに、1番良い音が鳴っていないことが多い。

スランプ克服に特化した内容は、こちらの記事でも解説しています。

>【最短1分】サックス奏者に贈るスランプ脱出7つの方法・考え方

【スマホだけあればOK】様々な練習方法で今より上達して、より充実した音楽生活を送ってみませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した練習内容は、あくまで一例です。他にも様々な練習方法のノウハウを持っています。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

まとめ

今回は軽視されがちなマウスピース・ネックを使った練習方法を紹介してきました。

今回の要点
  • マウスピースだけで演奏したときの音程をチェック
  • マウスピースだけで音程を変える練習は、柔軟なアンブシュア作りに有効
  • マウスピース+ネックで、息の使い方・音色・鳴りの確認

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

(番外編)練習についての考え方

今回紹介した方法に限らず、上達するための練習方法には一定のルールがあります。

そのルールをまとめたのがこちらの記事ですので、ぜひお読みください。

>楽器上達のコツ!毎日の楽器練習を効率よく行うための2つの考え方