サックス奏法

【即効性あり】サックスの発音・音の立ち上がり対策

音の出だしに悩んでいませんか?

サックスは美しく音を立ち上げるのが、難しい楽器です。

私自身も吹奏楽コンクールで、ppで繊細に立ち上がる箇所で苦労しました。

その際、これから解説する方法を試したところ、あっさり解決しました。

私、バージェスが考える、音の立ち上がりを攻略するためにすべきことはこちら!

結論

タンギングだけで音を立ち上がる(音の出だしでやることを減らす)

今回紹介するやり方は、かなり即効性の高い方法です。

「知っているか・知らないか」それだけでかなり大きな差があります。

ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.音の出だしが上手くいかない要因とその対処法

1-1.音の立ち上がりが上手くいかない理由

音の立ち上がりが上手くいかない理由は、音が立ち上がる一瞬で、多くの作業をやり過ぎているからです。

音の立ち上がりでやっていること
  1. アンブシュアを作る
  2. 楽器に息を入れる
  3. タンギングをする

これら3つの作業を、音が立ち上がる一瞬のうちに同時で行うのは、かなり難しいです。

1-2.音の立ち上がりの対処法

音の立ち上がりを綺麗にするには、やることを限定します。

音の立ち上がる瞬間には、タンギングだけをする。

「アンブシュアを作る」「楽器に息を入れる」という工程は、音を出す前に行います。

具体的な手順は、次の通りです。

音を立ち上がるときの手順
  1. アンブシュアを作る
  2. タンギングをした瞬間と同じように、リードと舌を触れた状態にする
  3. 息を吹き込む
  4. 音を出す瞬間に、舌を離す

リードが振動することで、音が鳴ります。

そのため、舌でリードの振動を止めてしまえば、息を入れたとしても音は鳴りません。

息は入れ続けているので、舌を離した瞬間に、音が鳴ります。

バージェス

難しい音の立ち上がりだからこそ、やることを減らしてシンプルに。舌の離し方を中心に研究しよう。

力強く立ち上がりたい場合は、タンギングだけでなく、息も同時に入れてみよう。

2.マウスピースとリードのセッティング

マウスピース・リードのセッティングを誤ると、どのような奏法をしても、繊細に音を立ち上がることはできません。ポイントは次の2点です。

2-1.マウスピースとリードの組み合わせ

マウスピースとリードの組み合わせによる、抵抗感は次の通りです。

抵抗強い抵抗弱い
マウスピース開きが広い開きが狭い
リード硬い
(番手が大きい)
柔らかい
(番手が小さい)

「抵抗感が強い方が、太い音色が出て、響きやすい」といって、コントロール度外視でセッティングをよく見かけますが、狙った場所で音が立ち上がらなければ意味がありません。

バージェス

私自身は、抵抗感弱めでコントロールしやすいセッティングを優先して、音色や響きは技術で補うようにしています。

2-2.マウスピースとリードの選定

マウスピース・リードは同じ型番でも、個体差が大きいです。一流ブランドでも同様です。必ず選定したものを使用してください。

バージェス

私はセルマーのマウスピースを愛用していますが、同じ型番のものをお店で試しても、ほとんど音が出ない個体さえ見かけます…

選定のポイントは、「良い音を出そうとしないこと」です。

吹き方を変えて、どれもそれなりな音が出てしまうと、結局どれを選んでよいのかが分かりませんし、道具に自分を合わせている状態になっています。

道具に奏者が合わせるのではなく、奏者に合う道具を探す。

リードの選定方法のより詳細な内容については、こちらの記事をご覧ください。

>サックスのリードの選び方〜新品を買う→使い始めまでの正しい行程

選定品リード販売のお知らせ

音色・演奏に大きな影響を与えるリードですが、一般的に、楽器やマウスピースのような選定品は販売されていません。

良いリードを良い演奏に直結します。また、良いリードを知らないと、良いリードを選ぶ技術も身に付きません。

詳細は以下のリンクを参考にしてください。リード原価+1,200円(送料・梱包量込み)ほどの価格となります。

レジェールリード選定サービス

3.音の立ち上がりの裏ワザ

音を出すのと同時に、どこか出す音で使うキーをおさえます。

全てのキーをおさえる必要はありません。例として、次のような運指を使います。

音の出とキーをおさえるのを合わせる例
  1. 音が出る前に、予め1・2・3のキーはおさえておく。
  2. 音を出すタイミングで4番キーをおさえる
音を立ち上がる時のコツ

サックスのキーの名称はこちらを参照ください。→サックスのキー名称

これだけで劇的に、音の立ち上がりが楽になります。

キーを強く叩きすぎたり、たくさんのキーを同時におさえたりすると、キーノイズ(キーを閉じたときに鳴る音)が目立ち過ぎてしまいます。

4.音の立ち上がりの重要性

サックスに限らず、全ての音楽で音の立ち上がりは、最も大切なテーマの1つであると言えます。

音を録音して、音の始まりを切り取る編集をすると、何の楽器を演奏しているのか分からなくなります。

つまり、初めの発音が演奏の印象を決める、耳につきやすいポイントでもあるということです。

【スマホだけあればOK】あなたのタンギングのお悩みを解決できます!

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。レッスンではあなたのタンギングの問題に合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

まとめ

音の立ち上がりを攻略するための方法・ポイントは次の通りです。

今回の要点
  • シビアな音の立ち上がりは、タンギングだけで行う。
  • 難しい場合は、音の出と同時にキーをおさえる。(キーノイズ注意)
  • マウスピース・リードのセッティングを再検討する。
  • 音の出だしは、演奏の印象を決める。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。