吹奏楽コンクール課題曲2022

【2022課題曲Ⅳ】サックスの奏法・練習方法を解説~サーカスハットマーチ

この記事では、2022年度吹奏楽コンクール課題曲Ⅳ 「サーカスハットマーチ」から、知っておくと便利なサックスの奏法や練習方法を紹介します。

吹奏楽曲を年間100曲以上、吹奏楽のCDを30枚以上リリースした私が感じた、課題曲の演奏のポイントを公開します。

やみくもに練習をしても、コンクールで良い賞をとることは難しいです。

この記事を読めば、練習の質が上がり、良い賞に近づきます。

記事の最後に、私自身が各パートを演奏した動画を掲載します。こちらもぜひ参考にしてください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

演奏解説

「サーカスハットマーチ」を演奏するにあたり、特に必要とされるサックスの奏法・練習方法について解説します。

レガートとスタッカートの吹き分け

曲の前半は、レガートで柔らかく演奏すべき箇所とはっきり硬く演奏すべき箇所が、頻繁に入れ替わります。

  • アルト・テナー…7小節目をレガートで、8小節目を明確に演奏
  • バリトン…23・24小節目をはっきり、25・26小節目をレガートで演奏

自分のパートはどちらを担当しているのかを考え、奏法をはっきり切り替えることが大切です。

切り替えるポイントは、発音(タンギング)と音色(息づかい)です。

発音(タンギング)

舌のつき具合でコントロールします。レガートで演奏する場合の方が、より舌をソフトな力でリードに触れるようにします。

スタッカートであっても、過度に舌をリードにつけると、ノイズ(雑音)の原因になります。

音が切れていれば、それ以上の力で舌をつけすぎる必要はありません。

音色(息づかい)

レガートの場合は、温かい息を出すイメージで、緩めの息のスピードで演奏します。そうするとレガートにふさわしい音色になります。

逆にはっきりした音を使いたい場合、息のスピードを上げ、圧力を高くしておきましょう。

高い圧力の息を舌で音を切ることで、はっきり音が切れます。息は速い状態をキープして、息を抜いたり、息で音を止めたりしないようにしましょう。

バリトンサックスのきざみ

バリトンサックスは、正しく演奏しているつもりでも、指揮者や聴衆からすると遅れて聴こえるケースが多いです。

他のサックスと比較して管が長く、音になるのが一瞬遅れるため、他のパートと同じようにリズムを感じていても、遅く聴こえてしまいます。

遅れてしまわないために、短距離走のスタートを意識するのがオススメです。スタートの合図はどのランナーにとっても同じでも、実際のスタートを切る速さはランナーによって違います。

全ての拍を短距離走のスタートのように、1番にスタートを切る(=音を出す)心構えを持ちましょう。

徒競走のスタート

低音楽器の演奏に必要な情報は、こちらの記事でより詳しく解説しています。

>バリトンサックス・低音楽器の演奏のコツ~吹奏楽指導者も必見

装飾音符の演奏方法

この曲に限らず、サックス吹きは、装飾音符または装飾音符の次の音をアクセントで演奏しがちです。

アクセントの表記はないので、無意識にアクセントがかかっていないか、自分の演奏を確認してください。

7小節目などにあるメロディは、レガートで演奏すべき箇所です。

特に楽譜にはスラーも書かれているため、アクセントがついてしまうと楽譜通りに演奏できていない、ということで減点になりかねません。

アクセントをつけずにレガートで演奏するためのコツは、圧力の高い息を真っすぐ入れることです。

装飾音符は短い音符なので、息を吹き込まないと良い音にはなりません。しかし、短い装飾音符にだけ息を入れてしまうと、その部分だけが突出して強くなってしまい、レガートでなくなってしまうのです。

そこで、装飾音符がしっかり鳴る息の量で全ての音を演奏し、フレーズを吹き切ってしまう必要があるのです。

バージェス

息づかいは管楽器奏者にとって永遠のテーマ。

アーティキュレーションも多い7小節目からのメロディは、多様な息づかいが必要。

ちなみに装飾音符は、拍の前に出して演奏するのが基本です。(7小節目の場合、4分音符が3拍目の頭拍とぴったり重なります。)

ソロの注意点

25・26小節目、29・30小節目に登場するソロについて解説します。

アルトサックス

まずはリズムを正確にとれるように意識します。符点8分音符+16分音符の並びは、3連符になりがちです。

3連符と16分音符の注意点1

上記2つのリズムが正確にとれるように練習をします。(課題曲のソロでは、2小節目のリズムが正しいです。)

符点8分音符+16分音符の並びを、3連符としないためには、8分音符単位で裏拍をカウントすると上手くいきやすいです。

また、スラーとスタッカートの対比も大切です。スタッカートの箇所は、舌でしっかりリードの振動を止めて、音を切りましょう。

音を切る際、息を使ってしまうと、フレーズが切れてしまいます。2小節間、1息で吹き切るつもりの息づかいで演奏し、音を切るのはあくまで舌だけで行いましょう。

バリトンサックス

「solo」の表記はありませんが、この動きはバリトンサックスだけしか演奏していないので、ソロのつもりで表現しましょう。(複数人バリトンサックス奏者がいる団体でも、1本で演奏する方が自然です。)

ただし、あくまで伴奏ではあるので、主旋律のアルトサックスを超えてはいけません。

音形はコントラバスのピッチカートをイメージしましょう。

同じピッチカートでも、4分音符と8分音符では、余韻の使い方など印象がかなり違います。色々な音を聴いて、イメージをはっきり持つようにしてください。

ピッチカート

Dからはサックス主体のメロディ

練習番号Dからはサックス主体で音楽を作ります。

バリトンサックスとバスクラリネットが同じ対旋律をとりますが、サックス主体の音楽なので、バリトンサックスが主導権をとって引っ張りましょう。

過度に歌い過ぎない

練習番号Dは、あえて歌い過ぎないように気を付けましょう。ここで歌い過ぎてしまうと、練習番号Eから盛り上がりを作ることができません。

柔らかい良い音で、真っすぐ演奏するのを基本として、そこに少しだけ歌を入れる程度で十分です。

バリトンサックスの対旋律も、歌うために音程の上行・下行に合わせてクレッシェンド・デクレッシェンドをいれますが、やり過ぎは厳禁です。

バージェス

歌えば歌うほどエライ、とはなりません。

その時々の曲の雰囲気に合わせた、歌い方や表現を考えましょう。

実音Fの音程

出だしは実音Fで始まりますが、アルトサックスの真ん中のレは、楽器の特性上、非常に音程が高くなりやすいのが問題です。

オクターブ下のレと同じ奏法で、オクターブキーを押すと、真ん中のレの音程が上がりにくくなります。

真ん中のレは、音程は難しくとも、音を出すこと自体は難しくありません。そこで無意識に口を締めすぎてしまっているのが、音程が高くなってしまう原因の1つです。

一方でオクターブ下のレは、口を締めてしまうと音が出ません。そのため、無意識に口を緩くして演奏しています。

真ん中のレは、オクターブ下のレと同じ奏法で、オクターブキーだけを押す。

この奏法は、アルト・テナー・バリトン全てで共通。

真ん中のレの音程を直す練習方法は、こちらの記事で詳しく解説しています。

>サックスの音程・ピッチ練習〜真ん中のレとミの練習方法

ド#の替え指

アルトサックスには、真ん中のド#が出ますが、音色・音程を整えるために、替え指の使用を検討しましょう。

39小節目は、オクターブキーと3・4・5・6番キー、45小節目はTcキーだけを押すのがオススメです

※キー名称がわからない場合、こちらをクリック→サックスのキー名称

【スマホだけあればOK】あなたの課題曲・自由曲の演奏について、プロからのアドバイスを受けてみませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容はあくまで一例です。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

演奏動画

実際に私が演奏した動画を掲載します。参考にしてください。

最後までお読みいただきありがとうございました。