エチュード・教本

【ラクール3曲目】練習方法~レとド#の接続・下行音形のcresc.

サックス教本の代表であるラクールの練習方法を、1曲ごとに解説します。

ここでは、第3曲目を解説します。演奏例は、こちらで公開しています。

ラクールには本来、ピアノ伴奏はありません。

しかし、サックスのような単音楽器(1度に音が1つしか出せない楽器)であっても、和声の流れを意識して演奏することは大切です。

今回使用したラクールのピアノ伴奏は、作曲家の柳川 瑞季さんが作曲・演奏したものを提供いただきました。

私自身、ラクールは50曲全てを学習しました。

また、ラクールに関しては独学でも、レッスンを受けたことも、レッスンをしたこともあり経験豊富です。

私自身がつまづいた点、レッスンする際に重視している点を中心にまとめました。ぜひ、最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

全体を通じて

演奏全体の注意点を解説します。

この練習曲のテーマ、習得すべき技術とも言えますので、特に意識して練習しましょう。

全体の構成

次のような構成となります。

  • 導入部(1~16小節目)…ハ長調(C-dur)
  • 展開部(17~32小節目)…ト長調(G-dur)
  • 再現部(33~41小節目)…ハ長調(C-dur)

導入部・展開部は8小節ごとに分割できます。

前半の8小節間の終わりは半終止、後半の8小節の終わりは完全終止でフレーズを閉じます。

半終止は、曲の区切りを出しますが、まだ次に続くように演奏します。

一方で全終止は、しっかり吹ききってフレーズを閉じます。

バージェス

終止の種類は楽典的な勉強が必要。

最初は難しいのでまずは、半終止は「、(読点)」で、完全終止は「。(句点)」だと考えてみよう。

跳躍進行

2曲目でも解説した、跳躍進行がメロディの中に多く登場します。(1小節目・3小節目など)

低い音をしっかり演奏し、そのエネルギーを使って、高音域を演奏します。

ラクールには、前の番号で学んだ内容も多く盛り込まれ、緩やかに難易度が上がっていく特徴があります。

レ→ド#→レの動き

この曲では、真ん中のレ→ド#→レの動きが多数登場します。

レ-ド#-レ連結

レ↔ド#の難点と解決策

レ↔ド#の動きを、サックスでスムーズに演奏するのは難しいです。

レ↔ド#の動きの難点
  1. 動かす指が多い
  2. 音程が合わせにくい
  3. 吹奏感が2つの音で大きく違う

レの音程は高くなりやすく、ド#の音程は低くなりやすいです。

2つの音の音程幅が大きくなりすぎてしまうと、音痴に聴こえてしまいがちです。

真ん中のレの音程を下げるための練習法は、こちらで解説しています。

>サックスの音程・ピッチ練習〜真ん中のレとミの練習方法

レの運指は、おさえるキーが多く、ベルの先端まで息が流れます。(吹奏感が重い)

それに対して、ド#はキーをおさえないため、キーの穴からも息が漏れてしまいます。(吹奏感が軽い)

どちらの音も、できるだけ同じ息の使い方で、良い音が鳴る演奏法を探しましょう。

更に詳しい練習法は、こちらの記事で解説しています。

>ロングトーン応用編~サックス・吹奏楽奏者に向けた効果的な練習

ド#の替え指

ド#には、レ↔ド#の動きで問題となる、3つの難点を克服するための替え指があります。

次の指でド#を演奏すると、うまくいきやすい場合があります。

真ん中ド#替え指

本来キーを押さないド#の音で、キーを押すことで次のメリットがあります。

ド#替え指のメリット
  1. 動かすべき指の数が減る
  2. 通常の運指より、音程が上がりやすい
  3. 吹奏感がレの音に近づく

ド#の音程を下がりすぎないようにするための機能が、楽器に元からついている場合もあります。(セルマー シリーズ3など)

その場合、替え指を使うとド#の音程が上がりすぎてしまうケースがあります。

下行音形のクレッシェンド

2〜3小節の長いクレッシェンドがあります。

  • 13小節目〜
  • 21小節目〜
  • 29小節目〜

クレッシェンドの間に、音が下行している(徐々に音が低くなっていく)部分がポイントです。

自然な音量変化とは逆になっています。

自然な音量変化
  • 音が上行していく→徐々にクレッシェンド
  • 音が下行していく→徐々にデクレッシェンド

音の上行が続く部分は自然にクレッシェンドとなるので、自然な音量上昇を少しだけ息で補強するイメージで演奏します。

逆に音の下行が続く部分は、よりクレッシェンドをかける意識を強く持って演奏しましょう。

音の上行・下行が「続く」場合、クレッシェンド・デクレッシェンドのかけ方を変える(一定にしない)

バージェス

クレッシェンド・デクレッシェンドのかけ方を変えるのは、その方が自然にフレーズが繋がるから。

自分の音をよく聴いて、自然に聴こえる息づかいを探そう。

ちなみにこの曲全体で、最大音量はmfです。

音量差を明確にするために、普段より大きめにmfを演奏しましょう。

個別のポイント

各小節やフレーズごとの個別の注意を解説します。

5・6小節目

クレッシェンド・デクレッシェンドは、大袈裟にやりすぎないようにします。

1小節目から、音量はpのままです。

小さい音量の中で、テンションを上げることを意識しましょう。

41小節目

フェルマータは「書かれている音の長さより、長く演奏する」という意味で、拍を数えて演奏しません。

倍の4拍ぴったり伸ばす、などしないようにしましょう。

バージェス

拍感(拍のカウント)が無くなるように演奏することが、フェルマータでは圧倒的に多いです。


ラクール全般の練習方法や次の曲に進むべきタイミングなどについては、こちらの記事で解説しています。合わせて参考にしてください。

>サックス教本・エチュード~ラクールの練習方法と得られる効果

【スマホだけあればOK】あなただけの効果的なラクールの使い方を知りたくないですか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。レッスンではあなたの問題に合わせた、課題解決プログラムをご提案します。エチュードは演奏者のレベルや悩みによって学ぶべき内容が、1人1人違います。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。