エチュード・教本

【ラクール5曲目】練習方法~3/4拍子・音の跳躍

サックス教本の代表であるラクールの練習方法を、1曲ごとに解説します。

ここでは、第5曲目を解説します。演奏例は、こちらで公開しています。

ラクールには本来、ピアノ伴奏はありません。

しかし、サックスのような単音楽器(1度に音が1つしか出せない楽器)であっても、和声の流れを意識して演奏することは大切です。

今回使用したラクールのピアノ伴奏は、作曲家の柳川 瑞季さんが作曲・演奏したものを提供いただきました。

私自身、ラクールは50曲全てを学習しました。

また、ラクールに関しては独学でも、レッスンを受けたことも、レッスンをしたこともあり経験豊富です。

私自身がつまづいた点、レッスンする際に重視している点を中心にまとめました。ぜひ、最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

全体を通じて

演奏全体の注意点を解説します。

この練習曲のテーマ、習得すべき技術とも言えますので、特に意識して練習しましょう。

3/4拍子

聴いている人にも、3拍子の曲だとわかるように、拍子感を出して演奏します。

次のように演奏すると、3拍子の雰囲気が出しやすいです。

  • 1拍目→1番の強拍
  • 2拍目→1番の弱拍
  • 3拍目→1拍目に向かうように演奏し、エネルギーがある

3拍目を上手く表現できると、曲に推進力が出ます。

バージェス

「拍子感」を使って音楽を表現できると、ワンランク上の演奏になります。

拍子感を大げさに出し過ぎてしまうと、かえって不自然になります。

節度のある表現を心がけましょう。

真ん中「レ」・「ミ」の音程

真ん中「レ」・「ミ」が多く登場する曲で、音程が高くなり過ぎないように注意します。

オクターブ下の音を演奏するときと同じような、アンブシュア・息づかいをすると、音程が上がりにくくなります。

真ん中「レ」・「ミ」の音程改善のヒントや練習方法は、こちらの記事により詳細にまとめています。

>サックスの音程・ピッチ練習〜真ん中のレとミの練習方法

大きな跳躍

33〜35小節目と41〜43小節目が難しいです。

跳躍はあってもレガートでの演奏が求められます。

レガートで演奏するために意識すべきポイントは次のとおりです。

①3つの音の鳴りを均等にする

1・3拍目は高音域で鳴りやすく、2拍目は中音域でこもりやすいです。

3拍子の2拍目は弱拍ではありますが、1・3拍目との差が大き過ぎるとフレーズが不自然になります。

高音域・中音域どちらも良い音がする吹き方を見つけましょう。

理想は全て音域が同じ奏法で、良い音が出る状態です。練習方法はこちらの記事にまとめています。

>ロングトーン応用編~サックス・吹奏楽奏者に向けた効果的な練習

②指を速く動かす

どんなテンポの曲でも、指は速く・テキパキと動かすのが基本です。

特に34・42小節目、高音「シ」→「レ」の動きは要注意です。

「レ」が裏返ってしまう場合は、左手の中指・薬指の動きが遅い可能性が高いです。

シ-レ-シの連結

この2つの指を、他の指より早く動かすつもりで演奏しましょう。

個別のポイント

各小節やフレーズごとの個別の注意を解説します。

13~16小節目

9小節目途中から、クレッシェンドした音量をキープします。

13小節目からの音域は、こもりやすく鳴りにくいので、意識的に音量をキープするようにしましょう。

23小節目

頭拍の高音「ド」の音色に注意します。

鳴りやすい音ですが、フレーズ全体からはみ出ないように。前の小節から、段階的にクレッシェンドとなるように演奏します。

24小節目

2小節かけてクレッシェンドした音量を、1小節でデクレッシェンドするので、急激に音量を下げます。

ただし、頭拍の「ラ#」は重要な音なので、しっかりタンギングして鳴らした後に、デクレッシェンドします。

61〜64小節目

デクレッシェンドした先のフレーズですが、小さくし過ぎないように演奏します。

音量記号は書かれていないので、49小節目に書かれたmfがまだ有効です。

軽くフレーズをとじる程度で十分です。


ラクール全般の練習方法や次の曲に進むべきタイミングなどについては、こちらの記事で解説しています。合わせて参考にしてください。

>サックス教本・エチュード~ラクールの練習方法と得られる効果

【スマホだけあればOK】あなただけの効果的なラクールの使い方を知りたくないですか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。レッスンではあなたの問題に合わせた、課題解決プログラムをご提案します。エチュードは演奏者のレベルや悩みによって学ぶべき内容が、1人1人違います。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。