サックス奏法

サックスの低音域のコツ〜音が裏返る・音が震える場合の対応方法

  • サックスの低音域が裏返ってしまう・震えてしまう
  • サックスの低音域をきれいに吹きたい

実は、低音域が出ない理由は、演奏法だけでなく、楽器の調整不良が原因であることも多いです。

なぜなら、キーをきちんと押したつもりでも、実はキーがふさぎきれていないケースがあるからです。正しくふさがれていないと、ただでさえ難しい低音域を出すのが、より難しくなります。

サックス歴20年以上で、今では吹奏楽のCDレコーディングを30枚以上リリースした私が考える、低音域を演奏するうえでのチェックポイントを公開します。

この記事では、楽器の調整不良を確認する簡単な方法と、低音域特有の奏法を紹介していきます。

この記事を読むと、低音域が出ない理由を見つけることができて、スムーズに低音を演奏することができるようになります。ぜひ最後までお読みください。

結論

①楽器の調整ができているのが大前提

②息はゆっくりたくさん・マウスピースを噛まない

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.楽器の故障・調整不足を疑う

楽器自体が故障・調整不足だと、どのような手を尽くしても低音域がうまく出ることはありません。

そのため、真っ先に確認すべきは楽器の故障・調整不足です。

まずは次の方法で、楽器の故障・調整不足がないか、確認してみてください。

キーの名称が分からない場合は、こちらを参照してください→サックスのキー名称

この確認方法で、楽器の故障・調整不足だと分かる理由は、次の通りです。参考情報ですので、飛ばしても大丈夫です。

  1. 右手でキーを押さえず、G#キーを押すと、3番キーの下が開く。
  2. 右手の4番キーから下のキーを押すと、G#キーを押しても、①で開いた場所が開かなくなる。
  3. 低音のC#・B(H)・B♭キーでも同じく、右手のキーを押さえなければ①と同じ場所が開き、右手のキーを押さえれば開かなくなる。
  4. 低音のC#・B(H)・B♭キーを使って演奏する、下のド#・シ♮・シ♭は、①の場所が正しく閉じていないといけない。
  5. 一方、下のド♮は、G#キーを押しても押さなくても音は変わらないのが正常。
  6. 下のド♮を演奏して、G#キーを押して、音程が変わってしまうのは、②の部分の調整がうまくいってないことになる。

下のド♮の指で、G#を押したのを選択したのは、同じ動きをするC#・B(H)・B♭キーを使ってしまうと、音自体変わってしまって、②の調整の不具合がわからないからです。

2.サックスの低音域の演奏方法

サックスの低音域を、出しやすくするためのコツをまとめました。

2-1.息をたくさん入れる

低音域を演奏するためには、たくさんの息が必要です。

なぜなら低音域は、キーをふさいで、長い管を使うからです。ソプラノ→アルト→テナー→バリトンの順で、楽器が大きくなる(=管が長くなる)につれて、低い音が出るのと同じ原理です。

サックスの管の長さ

ベルの先近くまで息が届かないと、低音は鳴りません。

ですので、必然的に使う息の量が増えてしまう、というわけです。

2-2.マウスピースを噛まない

マウスピースを噛んで演奏するのはNGです。息がたくさん入れようとすると、口元に力が入りがちなので注意して下さい。

低音域を演奏したときのリードは、大きく・ゆっくり振動します。噛みすぎてしまうと、そのリードの振動を妨げてしまいます。

噛まないようにアンブシュアを作るヒントは、こちらの記事にまとめました。難しい内容もありますが、気になる方はぜひ読んでみてください。

>サックスのアンブシュア 〜顎(あご)の使い方・下唇の痛みからの脱却方法

2-3.息はゆっくり入れる

息の量はたくさん必要ですが、スピードは少しゆっくり入れます。

先ほど解説したように、低音域はリードの振動がゆっくりになるためです。

もちろん遅すぎてはいけません。息のスピードを意識しながら反復練習しましょう。

2-4.キーはしっかりおさえる

力む必要はありませんが、キーがしっかりふさがっているか確認してみましょう。

キーがしっかりふさがれていないと、そこから息が漏れて、正しい音が出ません。

特に小指を使うキーが、微妙に押しきれていない可能性もあります。

しかし、力を入れてキーを押さないと低音域が出ない場合、楽器の調整不良の可能性があります。

2-5.マウスピースとリードのセッティングを考える

マウスピースとリードの組み合わせによって、抵抗感が変わり、低音域を出すのが難しくなることもあります。

抵抗感が強いほど、より息の量が必要となり、低音域を出すのが難しくなります。

抵抗強い抵抗弱い
マウスピース開きが広い開きが狭い
リード硬い
(番手が大きい)
柔らかい
(番手が小さい)

「抵抗感が強い方が、太い音色が出て、響きやすい」といって、コントロール度外視でセッティングをよく見かけます。しかし、狙った場所で音が立ち上がらなければ意味がありません。

バージェス

私自身は、抵抗感弱めでコントロールしやすいセッティングを優先して、音色や響きは技術で補うようにしています。

2-6.息の方向を下向きにしてみる

これまで解説した内容でも、低音域がうまく出ない場合、息の向きをほんの少し下向きにしてみましょう。

下顎(あご)を少し引くと、息の方向が勝手に下向きになります。

3.サックスの低音で良くある悩みと解決のヒント

「サックスの低音域がうまく出ない」と悩む方のほとんどは、次の2つのどちらかです。

3-1.音が裏返る(狙った音より高い音が出てしまう)

これは先ほど解説した低音域の吹き方のうち、次の2点が守られていないことが多いです。

音が裏返る主な原因
  • マウスピースを噛んでしまっている
  • 息のスピードを速くしすぎてしまっている

音が出なくなるくらい極端に、マウスピースを噛むのをやめたり、息のスピードを落としてみたりしましょう。

そこから少しずつ、いつもの奏法に戻していく途中に、低音域がうまく当たるポイントがあるはずです。

3-2.音が震える

低音域の音が震えてしまう1番の原因は、「ウルフトーン」という呼ばれるノイズです。

ウルフトーン

演奏者が意図していないのに、楽器の個体によっては、音が震えてしまうもの。諸説ありますが、次の2つが主な原因と言われています。

  1. 楽器の調整不良
  2. 楽器自体の共鳴に問題のあるもの

音が震える現象が発生したら、次の順番で確認しましょう。

対応方法
  1. 上手な人に楽器を吹いて、同じように音の震えが出るか確認してもらう
  2. リペアマンに相談する
  3. 他のリペアマンに相談する(セカンドオピニオン)

音が震える理由として、演奏法自体がうまくいっていない可能性もありますので、まずは周りの上手な方に楽器を吹いてみてもらってください。

それでも音が震える場合、楽器のせいである確率が高いので、リペアマンに相談してみてください。

ウルフトーンの解消は、非常に難易度の高い調整となります。

リペアマン

楽器自体に問題があるので、調整ではうまくいかないですね…

と言われても諦めずに、腕の良いリペアマンを探してみてください。

絶対はありませんが、御三家(セルマー・ヤマハ・ヤナギサワ)のような優れたメーカーのサックスなら、直る可能性も高いと思います。

バージェス

情熱と腕のあるリペアマンの方が、調整してくださった楽器を演奏すると、良い仕上がりに本感動します。

リペアに関する、よくある疑問点はこちらの記事にまとめています。

>サックスのリペア・調整・修理〜体験談から価格・期間・頻度を解説

【スマホだけあればOK】あなたが思うように低音域が出ない課題、すぐに解決しませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。低音域が出ない原因は多岐にわたります。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

(応用)全ての音域の吹き方を統一する

理想は全ての音域を、同じ吹き方で演奏することです。

ここまで解説してきた内容は、あくまで「低音域を出しやすくする」ための解説でした。

初心者の場合、まずは低音を鳴らす感覚をつかむことが大切です。しかし、中〜上級者の方は、全ての音域を同じ吹き方で吹けるよう練習してみてください。

全ての音域を同じ吹き方で演奏するメリットと、具体的な練習法をこちらにまとめています。演奏が劇的に変わりますので、ぜひ読んでチャレンジしてみてください。

>ロングトーン応用編~サックス・吹奏楽奏者に向けた効果的な練習法

まとめ

サックスの低音域の吹き方のコツと、よくあるお悩みについて解説してきました。

今回の要点
  • まずは楽器の故障・調整不良がないことを確認
  • 息はたくさん・ゆっくり入れる
  • マウスピースを噛まない

最後までお読みいただき、ありがとうございました。