サックス奏法

サックスの音程・ピッチの合わせ方、調整方法の極意

サックスの音程・ピッチの調整は、「口の中を変化させて行う」という間違った認識をしている方が多くみられます。

確かに、口の中の変化でも音程・ピッチの調整はできますが、更に効果的な音程の調整方法がありますので、具体的な方法を解説していきます。

この記事を読んでほしい方
  • 音程の調整を、口の中の状態を変えて行っている
  • 音程を合わせることが苦手

私バージェスが考える、音程・ピッチの合わせ方はこちら!

結論

喉・声帯で合わせるのがベスト

「口の中容積を変える」は最終手段

サックスの音程・ピッチの調整は、口の中の状態で行っている方がほとんどです。

私自身も学生時代、そのように教わりましたが、喉や声帯での音程・ピッチ変更を学ぶことで、演奏の自由度が格段に上がりました。

具体的な方法を解説していきますので、ぜひ最後までお読みください。

【無料オンラインレッスン】受付中

サックスの演奏にお悩みでしたら、無料オンラインレッスンを受けてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・学校などの演奏できる環境に行くだけで受講できます。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で、お気軽に体験できます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.サックスの音程・ピッチ調整は、口の中の容積でやりがち

一般的に、「サックスの音程・ピッチを変えるときは、口の容積を変えるように」と言われますが、基本的には推奨しません。

1-1.口の中の容積を変えることで得られる変化

サックスパートの先輩

音程を合わせるときは、口の中の状態を変えてね

バージェス

うーん、間違ってはいないけど、あんまりオススメはできんなぁ…

確かに、口の中の容積を変えると、音程が変わるのも事実です。

  • 口の中の容積を広くする(「オ」と発音したような状態)→音程が低くなる
  • 口の中の容積を狭くする(「イ」「ウ」と発音したような状態)→音程が高くなる

1-2.口の中の容積を狭くする

常に口の中の容積は狭い状態で、演奏することが望ましいです。理由は次の通りです。

口の中の容積が狭い方が良い理由
  • 息の圧力が高くなる
  • タンギングが有利になる

息の圧力が高くなる

口の容積が狭いと、息の圧力が高まるのは、次の理由です。

  1. 口の容積を狭くすると、口元がすぼまる。
  2. 口元がすぼまると、息の出口が狭くなる。
  3. 息の出口が狭いと、息が高い圧力で出る。

「息の出口が狭いと、息が高い圧力で出る」というのは、ホースの先をつまんだ方が、水圧が高くなって、水が勢いよく出るのと同じです。

息づかいの仕組み

タンギングが有利になる

タンギングが有利になるのは、口の中を狭くしておくことで、舌が動ける距離が短くなるからです。

舌の動ける距離を小さくすると、タンギングの悩みが軽減します。

  • 速いタンギングができる→口の中が狭いと、タンギング1回あたりの、舌を動かす距離が小さくなる。
  • 綺麗なタンギングができる→リードに少し触るだけで振動を止めることができるが、舌を動かしすぎると発音が強くなりがち。

口の中の容積については、次の記事により詳しくまとめていますので、ぜひお読みください。

>サックスのアンブシュア ~口の中と舌の位置、タンギングの苦手を無くす

1-3.口の中の容積で音程・ピッチを変えるケース

一方で、口の中の容積で音程・ピッチを変えることには、メリットもあります。

口の中で音程を変えるメリット
  • 音程・ピッチを大きく下げることができる
  • 簡単に音程・ピッチを下げることができるので、初心者でも取り組みやすい

音程の変化がつきやすいので、初心者の方が音程を下げたい場合は、取り入れると有効です。

中級者以上の方は、大きく音程を下げなければならない局面では、口の中の容積で音程・ピッチを下げることもできる、程度に考えておくことが良いです。

口の中の容積は、狭い状態が基本。

そのため、口の中の容積で音程・ピッチを変えるのは、最終手段とする。

2.サックスの音程・ピッチ調整は、喉・声帯がベスト

サックスの音程・ピッチを変えるのに1番のオススメは、喉・声帯で音程を合わせる方法です。

声帯は、歌を歌っているときなどに、ごくごく小さな動きで音程を変える、超精密な器官です。

声楽1

2-1.サックス演奏時の喉・声帯の使い方

喉・声帯を使った演奏方法は、いたってシンプルです。

喉・声帯を使った演奏方法

自分が演奏している音と、同じ音を歌っている状態の喉・声帯の状態で演奏する。

※楽器と自分の声の音程差がある場合、オクターブ違いの音の喉の状態で可。

楽器を演奏しているときは、声は出しませんが、それ以外は「歌っているときと同じ身体の状態」で演奏します。

声帯はごくごく小さな動きをします。そのため「声帯を動かそう」と意識しすぎると、かえって力んでしまうケースが多いです。

前述したように「同じ音を歌っている状態で演奏」する程度で十分です。

2-2.喉・声帯を使って、サックスの音程・ピッチ調整をするメリット

喉・声帯を使って、音程・ピッチの調整ができると、音色や響きを変えずに、音を並べることができます。

次の楽譜で、高くなりがちな真ん中のレだけ、口の容積を大きくしていませんか?

ド-レ-ド連結

口の容積で音程・ピッチを変えようとすると、どうしても大きな動きとなってしまうため、スラーやレガートがつながりにくくなります。

前述した通り、声帯は小さな動きで音程の変化をもたらしてくれます。

そのため、音色や響きを変えずに、音を並べることができるのです。

2-3.喉・声帯を更に効果的に使うために

喉・声帯を使うためには、自分が演奏しようとする音を、正しい音程でイメージしている必要があります。

そのため、やはり発声練習を行うのは有効です。

声楽2

ピアノなどの鍵盤楽器で、発声練習をする。

鍵盤楽器を使うと、正しい音程を学ぶことができます。

自分が吹いたサックスの音程で、音程を覚える。

サックスの音程は、どうしても高くなりがちな音・低くなりがちな音がありますので、誤った音程で記憶してしまう危険性があります。

喉や声帯の使い方は、こちらの記事でも詳しく解説しています。

音程・ピッチ改善以外の効果もありますので、ぜひお読みください。

>サックス・吹奏楽部員向け~声楽から学ぶ音色・ピッチ改善・高音域の当て方

バージェス

この喉や声帯の使い方を身につけると、音色や響きも増すので、良いことづくめ。

【スマホだけあればOK】音程が合いにくい理由、あなたの癖を直す方法をピンポイントで知りたくありませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

声楽でオススメの教本

正しい音程を学ぶためには、声楽の導入となる「コールユーブンゲン」という教本がオススメです。

導入の教本ですので、難易度が高いわけではありません。音大でサックスを受験する際にも、実技試験として長く使われる、実績のある教本です。

コールユーブンゲンは、3度音程など機械的な練習が中心なので、メロディで練習したい場合、「コンコーネ」という教本も、基本を学ぶのにオススメです。

バージェス

私自身、2冊とも取り組みました。自信をもってオススメできる教本です。

【応用編】サックスの音程・ピッチ調整は息の方向でも可能

少し難易度は高いですが、息の方向で音程・ピッチを合わせるという手段も有効です。

息の方向での音程の変え方
  • 息の方向を上向き→音程が上がる
  • 息の方向を下向き→音程が下がる

息の方向を変える場合は、顎(あご)を使います。

口先で息の方向を変えようとすると、力みが出てしまうためです。

顎を使った息の方向の変え方
  • 顎を前に突き出す→息が上向きになる(音程が上がる)
  • 顎を後ろに引く→息が下向きになる(音程が下がる)

顎で息の方向を変えることは、マウスピースを噛んでしまう奏法では、絶対にできません。

マウスピースを噛んでいる状態というのは、顎に上下の力がかかってしまっているため、前後には動かせないからです。

マウスピースを噛んでしまう奏法からの脱却に関する内容は、こちらの記事にまとめていますので、ぜひお読みください。

>サックスのアンブシュア 〜顎(あご)の使い方・下唇の痛みからの脱却方法

まとめ

サックスの音程は、次の3通りで変化させます。

  1. 口の中の容積(ただし、最終手段)
  2. 声帯(理想形)
  3. 息の方向

サックスの音程・ピッチを、喉や声帯で変えると教わった方は少ないのではないでしょうか。

シンプルではありますが、効果は大きいので、皆さんもぜひ取り入れてみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。