アクセサリ

【プロが厳選】サックス奏者が揃えるべき道具・メンテナンス用品のオススメ完全解説

  • 楽器を始めたばかりで、メンテナンス用品に何が必要か知りたい
  • サックスのメンテナンス用品は種類が多く、どれを選んでよいか分からない

実は、サックス奏者がどのような道具を揃えるべきか、そこまで悩む必要がありません。

なぜなら、これから紹介する定番アイテムを使えば、80点程度を取ることができるからです。

確かに時間をかけて探せば、より効果の高い道具を探すことはできるかもしれません。ですが、定期的にリペア・調整に出す必要があることを考えれば、メンテナンス用品を探すより、練習に時間を割いた方が、はるかに有意義です。

サックスで国際コンクール上位入賞、今では吹奏楽のCDレコーディングを30枚以上リリースした私が、実際に使用する道具を公開します。

この記事では、サックスのメンテナンスにおいて、80点以上取れる商品を紹介します。楽器店と繋がりがあるわけではないので、忖度なく、良いものだけを紹介していきます。

この記事を読み、メンテナンス用品をそろえてしまえば、これ以上調べる必要がなくなり、練習により多くの時間を割くことができるようになります。

結論

メンテナンス用品はこだわり過ぎず、80点取れればOKのつもりで選ぶ

本気で上達したいと考えているあなたへ

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中。

私のレッスンの特徴は、演奏方法を「理論」で教えることです。受講生の皆様からは「わかりやすい」と好評をいただいています。

本気で上達したい方にオススメしています、今の実力は関係ありません。

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけ、普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講できます。

今なら無料ですので、ぜひ1度お試しください。

無料オンラインレッスン受付中!

1.【必ずそろえたい】日々のメンテナンス・お手入れ用品

日々のお手入れ・メンテナンスで必ず使用するものを紹介します。

サックスを演奏すると決めたなら、これから紹介する商品は、必ず手に入れておきましょう。

1-1.スワブ

スワブはサックス演奏後、管内の水気を取るのに必須のアイテムです。

スワブでオススメするのは、ヤマハのクリーニングスワブです。ソプラノ・アルト・テナーはこちらのスワブを使ってください。

バリトンの場合、ネックと本体でスワブを分けます。

バージェス

自分も含め、多くのプロ奏者がこのスワブを使っています。

1-2.タンポの水分対策

演奏後、タンポの水分を取らないと、タンポは急激に劣化します。

劣化したタンポは1つ交換するだけでも、数千円かかります。

演奏後に水分を取れば、タンポは長持ちします。タンポの水分対策として、私が特にオススメしているアイテムは、BGのパッドドライヤーです。

このように、タンポの間にはさみ、水分を取ります。

パッドドライヤー使用方法

タンポの水分を取るアイテムは、他にもあります。

  • 他のメーカーの吸水シート
  • 紙で吸水する(クリーニングペーパー)

ここで紹介したBGのパッドドライヤーは、他のアイテムと比較して、水分を多く吸収するのが特徴です。(自分自身、他のアイテムも試しました。)

1-3.タンポのべたつき対策

演奏を続けていると、タンポがべたつき、キーを押しても反応が鈍くなったり、最悪の場合、キーが開かないケースもあります。

その対策として有効なのが、パッドガードです。

この液体を付属のハケで、タンポに塗るだけで、タンポのベタつきが解消します。

パッドガードは、トーンホール(中央の金属部分)には塗りません。周りの革の部分にのみ塗ります。

1,000円ほどするので、高いと感じるかもしれません。

しかし、楽器を演奏するたびに使うものではなく、タンポのベタつきが気になる時にしか使いませんし、1度に使用する量が少ないので、かなり長く使えます。

バージェス

私自身、10年ほど使っているが、1度も買い換えた記憶はない…

1-4.コルクグリス

マウスピースを差し込む際、硬い場合は、ネックのコルク部分にグリスを塗って、マウスピースを挿入しやすくします。

コルクグリスで1番のオススメは、モンスターグリスです。

コルクグリスは大昔からありますが、こちらの商品は2021年にSNSで話題となった、比較的新しいモデルです。

他のコルクグリスと比較して、粘度が高いのが特徴です。そのため、マウスピースの抜き差しが容易になるだけでなく、密着性が高く響きのロスが少なくなることで、響きが豊かになる、という声も良く聞きます。

単にマウスピースの抜き差しを容易にしたいだけなら、サックス用のコルクグリスであれば、どのメーカーのものを準備しても問題ありません。

バージェス

個人的には、どのコルクグリスでも大きな問題はないかと思います。

より良い性能を期待したいなら、モンスターグリスを試してみてください。

2.【演奏を向上させたい】上級な道具を買いそろえる

ここから先は、必ず購入すべき、というわけではありませんが、上達したい方はそろえておきましょう。

数千円~2万円程度と、安い買い物ではありませんが、1度そろえれば、10年以上使用できる品々です。早く手に入れて、メリットを今すぐ享受することをオススメします。

2-1.ストラップ

ストラップを正しく選べば、管楽器の演奏において最重要である「脱力」「息づかい」を助けてくれます。オススメは、ブレステイキングです。

身体にかかる楽器の重さを分散させ、力みにくく、首に重さがかからない分、息の通りが楽になります。

こちらのラップリフトを組み合わせると、さらに楽器の重さが分散され、ブレステイキングの効果が高まります。

バージェス

割高ではありますが、体の負担が軽減することで、長く演奏できるようになります。お金には代えられません。

2-2.リードケース

リードケースは、ガラス板とクッション材で挟むタイプにしましょう。

サックスの種類(ソプラノ・アルト・テナー・バリトン)によって、リードケースのサイズが違うので注意してください。

リードが消耗すると、形が波打つのですが、ガラス板によって食い止めることができます。

リード購入の際についているリードケースでも、外傷から守ることはできますが、波打つのを防ぐことはできません。

また、留め具は「横引き式」を推奨します。他には「はめ込み式(パチン)」がありますが、金具が緩いものも多く、簡単にふたが開いてしまう危険性があります。

バージェス

ガラス板・横引き式の金具、の組み合わせは値段が高くなりがち。

ですが安物は結局すぐに壊れたりするので、最初から高いものを買った方が安上がりでした…(実体験あり)

2-3.リードメンテンナンス用品

「リードを削る」というのは、難しくてできないと思っていませんか?

確かに突き詰めれば奥が深い世界ですが、簡単なリード調整でしたら、誰にでもできます。

リードの調整を身に付ければ、演奏も向上しますし、リードも長く使えます。

リードのメンテナンス商品は多数ありますが、リードギーク(ブラックダイヤモンド)をオススメします。

リードギークを勧めるポイント
  • 小さくて、持ち運びに便利
  • 切れ味がよく、よりしっかり削れる
  • 樹脂リードも削ることができる(※)

※樹脂リードが削れるのは、「ブラック・ダイヤモンド」モデルのみです。通常のリードも削れます。今は樹脂リードを使わなくても、年々機能が向上している樹脂リードを使う機会はでてくるかもしれません。

リードのメンテナンス道具がなくては、リードを削る技術も、リード自体も磨くことはできません。

リードのメンテナンス方法ついては、こちらの記事を参考にしてください。

>誰でもできる!サックスのリード調整法〜削り方と寿命の延ばし方

3.【移動先・現場で使える】ケース類など

移動の際や、楽団などに所属すると使えるアイテムを紹介します。

なお、私自身は電車移動がメイン(車は使わない)なので、持ち運びやすさも重視しています。

3-1.ケース

BAM社のケースを推奨します。頑丈に作られ、楽器を保護する機能が1番高いからです。(なので比較的重量はあります。)

BAM社のケースの中でも、トレッキングケースをオススメします。楽器以外の小物・楽譜類の収納が段違いに多いです。楽器ケースだけ持てば、他に鞄を持ち運ぶ必要がないので、かなり楽です。

バージェス

BAMのケースは、私が信頼するリペアの方からもお墨付き。

過去に安物のハードケースで楽器を倒してしまい、中の楽器も損傷してしまったことがあり、頑丈さはケース選びで重視しています。

バリトンサックスの、トレッキングケースは発売していません。(2022年12月現在)

バリトンの場合、同じBAM社のハイテックケースを推奨します。

ケースと合わせて、防犯対策としてAirTagを準備しておくと安心です。

AirTagとは、Appleから発売された紛失防止のタグです。このタグを取り付けておくと、iPhoneの「探す」アプリから、位置情報を検索できます。

詳細はこちらの記事をご覧ください。

>【楽器の紛失・盗難防止】3,800円で買える安心!AirTag(エアタグ)

3-2.楽器スタンド

楽器の持ち替えを合奏や本番で行う場合、楽器スタンドは必須です。また、楽器を床に置きたくないし、椅子に置くのも怖い場合、重宝されます。

スタンドのオススメは、アルト・テナーの場合、K&M社から出ているSAXXYというモデルです。

大きな特徴として、スタンドを畳むとベルの中に収納できる点があります。これで持ち運びはかなり楽になります。

かなり軽量である反面、倒れやすそうというデメリットもあります。(実際に倒れた場面は見たことないですが)

持ち運びは考慮せず、安全性を重視するならオオハシのスタンドが良いです。こちらはアルト・テナー・バリトンのモデルが発売されています。

ソプラノはK&M社のモデル1択で良いと思います。ベルに収納可能・軽量なうえ、安定感もあります。

3-3.譜面台

譜面台はお持ちの方が多いと思いますが、見直してみてはいかがでしょうか?あまり世間では知られていない、マニアックですが良い品も紹介しています。

紙楽譜のみ使う(電子楽譜は使用しない)

楽譜をタブレット端末で見ない(電子楽譜を使用しない)場合、圧倒的にオススメなのが、グラッツィオーゾの譜面台です。

この譜面台の良い点は、次の通りです。

  • 折りたたむとA4サイズとなり、鞄に入れやすく、持ち運びが非常に楽
  • 超軽量
  • 開くと大型で、B3サイズの楽譜にも対応できる

こちらの譜面台は、軽量であるがゆえ、タブレットの重さには耐えられません。

紙の楽譜しか使わない場合、この譜面台1択だと考えます。

一方で、電子楽譜には大きなメリットがあります。メリット・デメリットをまとめましたので、興味のある方はこちらの記事もご覧ください。

>楽譜の電子化~メリット・デメリットと導入手順、使用感など全て解説

電子楽譜を使用する

タブレット端末を使って楽譜を見る場合、ヤマハの譜面台がオススメです。

紙よりタブレット端末はずっと重いので、譜面台のネジの強度が重要となります。ヤマハの譜面台は、持ち運びの軽さと強度のバランスが丁度いいです。

ヤマハの譜面台は、角度調節部分に凹凸があり、重いタブレット端末を置いても角度が変わりません。

譜面台(電子楽譜用)

野外演奏での風対策

野外で演奏する機会がある場合、風の対策で役立つのが、バンドリンクの譜面台用ウェイトホルダーです。

譜面台の足にこのホルダーをつけ、ホルダー内に重いもの(水が入ったペットボトルなど)を入れると、譜面台が風で飛ばなくなります。

バンドリンク 譜面台用ウェイトホルダー

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

私のレッスンの特徴は、演奏方法を「理論」で教えることです。受講生の皆様からは「わかりやすい」と好評をいただいています。

本気で上達したい方にオススメしています、今の実力は関係ありません。

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけ、普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講できます。

今なら無料ですので、ぜひ1度お試しください。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

(番外編)【実はいらない?】購入する必要はないと考えているもの

最後に、普通に販売されているが、個人的には必要ないと考えている商品をお伝えします。

自分も持っていますが、ほとんど使っていません。

1.キーオイル

リペアの方は、楽器を分解した上で、キーオイルをさしてくれます。

楽器を分解して、キーオイルをさしてもらうことで、深くまで浸透し、キーオイルの効き目が良くなり、長持ちするようになります。

一方で、私たちは楽器の表面、見えている部分しか、キーオイルをさすことはできません。

また、余分なキーオイルを残したままにしておくと、楽器がサビる原因にもなります。

キーオイルは次の症状に効きます。このような症状が見られたら、リペア担当の方に楽器のメンテナンスをお願いしましょう。

キーオイルをさすべき症状
  • キーが重く感じる
  • キーを動かすと、ノイズが入る

2.チューナー・メトロノーム・レコーダー

昔は重要でしたが、今はスマホの無料アプリで十分対応できます。

大きな差はないので、自分が使いやすいものを選べば良いと思います。

強いて言うなら、有料ではありますが、純正律をチューニングできる、PEチューナーはオススメです。