吹奏楽コンクール課題曲2022

【2022課題曲Ⅱ】サックスの奏法・練習方法を解説~マーチ「ブルー・スプリング」

この記事では、2022年度吹奏楽コンクール課題曲Ⅱ マーチ「ブルースプリング」から、知っておくと便利なサックスの奏法や練習方法を紹介します。

吹奏楽曲を年間100曲以上、吹奏楽のCDを30枚以上リリースした私が感じた、課題曲の演奏のポイントを公開します。

やみくもに練習をしても、コンクールで良い賞をとることは難しいです。

この記事を読めば、練習の質が上がり、良い賞に近づきます。

記事の最後に、私自身が各パートを演奏した動画を掲載します。こちらもぜひ参考にしてください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

演奏解説

マーチ「ブルースプリング」を演奏するにあたり、特に必要とされるサックスの奏法・練習方法について解説します。

冒頭の音程

出だしは実音B♭とFで、ハーモニーを作ります。

アルトサックスの真ん中のレ(実音F)が、楽器の特性上、非常に音程が高くなりやすいのが問題です。

オクターブ下のレと同じ奏法で、オクターブキーを押すと、真ん中のレの音程が上がりにくくなります。

真ん中のレは、音程は難しくとも、音を出すこと自体は難しくありません。そこで無意識に口を締めすぎてしまっているのが、音程が高くなってしまう原因の1つです。

一方でオクターブ下のレは、口を締めてしまうと音が出ません。そのため、無意識に口を緩くして演奏しています。

真ん中のレは、オクターブ下のレと同じ奏法で、オクターブキーだけを押す。

この奏法は、アルト・テナー・バリトン全てで共通。

真ん中のレの音程を直す練習方法は、こちらの記事で詳しく解説しています。

>サックスの音程・ピッチ練習〜真ん中のレとミの練習方法

バージェス

曲の出だしは、審査員の印象を決めるので、非常に重要です。

この先の演奏を良い印象で聴いてもらうために、必ずマスターしましょう!

バリトンサックスの頭打ち

バリトンサックスは、正しく演奏しているつもりでも、指揮者や聴衆からすると遅れて聴こえるケースが多いです。

他のサックスと比較して管が長く、音になるのが一瞬遅れるため、他のパートと同じようにリズムを感じていても、遅く聴こえてしまいます。

遅れてしまわないために、短距離走のスタートを意識するのがオススメです。スタートの合図はどのランナーにとっても同じでも、実際のスタートを切る速さはランナーによって違います。

全ての拍を短距離走のスタートのように、1番にスタートを切る(=音を出す)心構えを持ちましょう。

徒競走のスタート

低音楽器の演奏に必要な情報は、こちらの記事でより詳しく解説しています。

>バリトンサックス・低音楽器の演奏のコツ~吹奏楽指導者も必見

中音域に息を吹き込む

サックスの音域は、大きく分けると次の3通りです。

  • 低音域…下のソ#より低い音域
  • 中音域…下のラ~上のソ#
  • 高音域…上のラより高い音域

低音域は息を入れないと音が鳴らない、高音域は音が抜けやすく聴こえやすいため、比較的大きな音がしやすいですが、中音域は鳴りにくいです。

鳴らしにくい中音域は、特に息を吹き込みましょう。フレーズの中で大きい音と小さい音が混在すると、不自然な演奏となってしまいます。

具体例
  • アルト(1st・2nd)…12小節目や35・36小節目は中音域と高音域が混在
  • テナー…64小節目は中音域と高音域が混在
  • バリトン…21・22小節目は低音域と中音域が混在

あくまで例です。他にも探せばたくさんありますので、自分の演奏が不自然になっていないか注意して聴きましょう。

トリオの演奏法(全パート共通)

マーチのトリオ部分(この曲では41小節目)は、前までの音楽と比較して、柔らかい音色で、レガートな演奏が求められます。

トリオとトリオ以外の部分で、音楽的に差が出せた方が、表現力のポイントが上がりやすい傾向にあります。

トリオをサックスで、効果的に演奏するポイントは、次の2点です。

  1. 音の出だしを丁寧に
  2. 息の使い方はロングトーンのつもりで

音の出だしを丁寧に

音の出だしは、音楽の印象を大きく左右します。

仮に演奏を録音して、編集で音の出だしをカットすると、何の楽器を演奏しているか分からなくなります。それだけ音の出だしの印象は強いということです。

音を柔らかく立ち上がるには、舌を動かすスピードを微妙に遅くするのがコツです。

また、次の手順で音を立ち上がるのも有効です。

音を立ち上がるときの手順
  1. アンブシュアを作る
  2. タンギングをした瞬間と同じように、リードと舌を触れた状態にする
  3. 息を吹き込む
  4. 音を出す瞬間に、舌を離す

音を出すタイミングでは、舌を離すだけなので、工程が少なくなりシンプルです。

音の立ち上がりに関しては、こちらの記事でより詳しく解説しています。

>【即効性あり】サックスの発音・音の立ち上がり対策

息の使い方はロングトーンのつもりで

息の使い方・奏法は変えないまま、指だけ動かします。ロングトーンのように真っすぐ息を入れるのが基本で、そこからクレッシェンド・デクレッシェンドをつけるだけです。

音域によって、息を使う量が違うので、「息を真っすぐ入れるだけ」だけど、実はかなり難しいテクニックです。

例;使う息の量
  • 低音域→使う管が長いので、抵抗感が強い。そのため息はたくさん必要。
  • 中音域→音を出すためには、低音域ほど息の量はいらない。逆に息を入れすぎると、音色が広がって汚くなりがち。
  • 高音域→中音域より息の量は必要ない。息を入れすぎると、音が裏返って正しい音程にならないことも。

低音域は、息をたくさん使わざるを得ないので、「低音域並みに息を使っても、中音域・高音域を綺麗に鳴らす」という発想と練習が必要。

バージェス

難しいですが習得できると、劇的に演奏が変わるので、根気強く取り組んでください!

レガートで演奏するための練習方法は、こちらで詳しく解説しています。

>ロングトーン応用編~サックス・吹奏楽奏者に向けた効果的な練習

テナーサックスのスタッカート

練習番号Jからは、サックスではテナーにのみスタッカートがついています。

ここは息の圧力は変えずに、舌でしっかり音を切りましょう。息で音を切ろうとしてしまうと、フレーズが緩くなってしまいがちです。

ただし、曲の雰囲気的に、音色が硬くなったり、舌を付き過ぎて雑音が入らないように注意しましょう。

【スマホだけあればOK】あなたの課題曲・自由曲の演奏について、プロからのアドバイスを受けてみませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容はあくまで一例です。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

演奏動画

実際に私が演奏した動画を掲載します。参考にしてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。