吹奏楽コンクール課題曲2022

【解説】2022年吹奏楽コンクール課題曲~サックスパートの演奏法

この記事では、2022年度吹奏楽コンクールの課題曲について、主にサックスパートの演奏上の注意点をまとめました。

吹奏楽曲を年間100曲以上、吹奏楽のCDを30枚以上リリースした私が感じた、課題曲の演奏のポイントを公開します。

この記事を読むと、コンクールでより良い賞をとるための、練習のヒントを学ぶことができます。

これから半年間、私自身も皆さまと同じく課題曲について勉強していきます。新たに分かったことがありましたら、随時記事を更新していきますので、何度でもお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.共通の注意点

課題曲を演奏するうえで、注意すべき共通のポイントを解説します。

吹奏楽全般のサックスパートの演奏方法は、こちらの記事でも詳しく解説しています。

>吹奏楽のサックス~種類・役割・ソロがある曲など

1-1.どの楽器が主役かを考える

吹奏楽でサックスを吹く場合、次の3パターンの演奏方法があります。

  1. 他の楽器に溶け合わせる・他の楽器を引き立てる
  2. サックスが主体となって音楽を作る
  3. サックスと他の楽器が同等になるように演奏する

課題曲を演奏する場合、ほとんどが①のパターンになります。

どの楽器が自分と同じ動きをしているか、自分の音色が周囲とブレンドしているかは、常に意識しましょう。

1-2.メロディとハモリの考え方

理想は、メロディが1番よく聴こえているが、ハモリの音もきちんと鳴っている状態です。

課題曲では、1stアルトがメロディを、2ndアルト・テナーがそのハモリにまわる箇所が多くあります。

メロディを目立たせるために、ハモリのパートが極端に退いて演奏するのは避けましょう。

全ての音が聴こえていることが重要です。

また、音域によって、鳴りやすいパート・鳴りにくいパートがあるので注意してください。

各楽器の高音域・低音域は鳴りやすく、中音域は鳴りにくいのがサックスの特徴です。

1-3.マーチの演奏法(課題曲Ⅱ・Ⅳ)

マーチは基本的な構成や演奏方法が決まっています。課題曲に限らず、マーチを演奏する場合は、必ず理解しておきましょう。

基本的なマーチは次の構成で書かれています。

  1. 序奏
  2. 第1マーチ
  3. 第2マーチ(低音メロディが多い)
  4. トリオ(中間部)
  5. 間奏
  6. トリオの反復

テンポキープが最重要

マーチは「行進曲」の意味です。実際の行進よりは、コンサート用に書かれた楽曲も多く存在しますが、基本的なルールは同じです。

行進、つまり「歩く」ための音楽なので、テンポは一定にキープします。テンポが一定でないと、歩きにくいですよね。

テンポチェンジの表記がある曲も確かにあります。しかし、指示がない場所は、必ず一定のテンポを保てるように練習しましょう。

バージェス

「テンポを一定で保つなんて簡単」というのは勘違いで、実はかなり難しい!メトロノームなしで録音してみると分かります。

低音楽器の刻みは歩幅を表す

低音楽器が表拍の刻みを、他のパートで裏拍の刻みを担当します。これは足の上げ下げを意識してください。

表拍の刻みは、裏拍の刻みと比較して長く演奏します。頭拍が8分音符で書かれていても、余韻を使って演奏することが多いです。

トリオの演奏はガラッと変える

特にトリオの演奏は、それまでの演奏とはガラッと変える必要があります。トリオとそれ以外の演奏が同じようだと、聴衆に飽きられてしまいます。

具体的には、トリオは次のように演奏します。

  • 柔らかめの発音や音色
  • 長いレガート
  • 落ち着いた雰囲気(転調をする)
  • 低音楽器の刻みは、長く演奏

課題曲Ⅳにはトリオ(Trio)の表記がありませんが、37小節目からトリオとして演奏してください。

2.各課題曲の個別の注意点

各課題曲の個別の注意点について、解説していきます。

課題曲Ⅰ.やまがたふぁんたじぃ~吹奏楽のための~

独特な拍子を感じながら、リズムをはっきり表現します。

冒頭~ レガートとリズミカルな部分の対比をはっきり

13小節目から各パートに登場する音形は、最後の音にスタッカートがついています。舌で音を止めて演奏します。

クラシックでは息で音を止めるのが基本で、舌で音を止める奏法はあまり使われないので、意識して演奏してください。

課題曲2022-1-13小節目

19小節目から、1stアルトがクラリネットの補助としてレガートのメロディを演奏します。伴奏群は、冒頭からの雰囲気を残して対比を出します。

27小節目からテナーがユーフォニアムの補助で、31小節目からアルト・テナーが木管ユニゾンでレガートのメロディに加わりますが、バリトンは愚直に前からの雰囲気を守ってください。

35小節目~ 6/8拍子の雰囲気を出す

35・36小節目の表記は4/4拍子ですが、次の楽譜のように、実際は6/8拍子のように演奏します。

課題曲2022-1-35・36小節目

バリトンのパートが全て頭打ちとなります。この頭打ちを受けて、アルト・テナーは入ります。

バリトンは、アルト・テナーを活かすために、音をついたらすぐに減衰させます。

52小節目~ 柔らかい音色で響きを足す

52~57小節目はホルンが主体の音楽です、ホルンのサウンドに溶け合う音色を意識します。

一方で58小節目の1stアルトは、メロディのオクターブ下なので少し主張すると、オクターブ上のピッコロが歌いやすくなります。

フレーズ始まりの符点4分音符で、音を押さないように注意しましょう。

61小節目からの3連符の掛け合いは、移り変わりが見えるようにアンサンブルします。

64小節目~ 1拍子での演奏を目指す

70小節目から、伴奏であるホルンとスネアドラムが、6/8拍子のように刻みを担当しています。

78小節目からのアルトのメロディを、2拍子で感じすぎてしまうと、伴奏群の拍子感が活きません。

リズムが安定したら、1小節1拍(1拍子)のつもりで軽く演奏すると良いです。ただし、1拍子といっても、1拍目は大きくならないように注意します。

8分音符が2つ並んでいる箇所は、1つ目の8分音符を2つめの小さなアウフタクトと捉えると良いです。

課題曲2022-1-78小節目

90小節目からのffは、雰囲気をがらりと変えます。

アルトの横アクセントの位置が、拍頭となる変拍子と感じてください。最後の縦アクセントは、テナー・バリトンとつなぎます。

テナー・バリトンは、92小節目4拍目の裏拍が長くならないように注意、93小節目頭は全員休符です。音がはみ出すと、この休符が活きません。

98小節目からは、各パートを組み合わせると、8分音符単位で音が全て埋まります。

110小節目から、音の長さを微妙に長くしていくと、クレッシェンドの効果が高まります。そのためには、78小節目からのスタッカートをかなり短めにとっておくことが必要です。

120小節目からは、スラーの始まりを頭拍で感じましょう。

128小節目~ クライマックスに向けて、音量だけでなく音の長さ・音色で盛り上げる

163小節目からの4小節間も、音量だけでなく音の長さを微妙に伸ばしていくことで、クレッシェンドの効果を高めることができます。

バージェス

クレッシェンドは、音量を上げるだけでなく、音の長く・音色を硬くすることでも表現できる

179小節目からのバリトンは、1つずつくさびを打つイメージで、音色を少し硬めに、はっきり演奏します。

199小節目2拍目の3連符は、下行形ですが音が減衰しないように。

200小節目1拍目の裏拍の縦アクセントは、つけにくいので、より強調しましょう。

課題曲Ⅰを演奏するにあたり、特に身に付けておきたいサックスの奏法・練習方法をこちらで解説しています。

>【2022課題曲Ⅰ】サックスの奏法・練習方法を解説~やまがたふぁんたじぃ~吹奏楽のための~

課題曲Ⅱ.マーチ「ブルー・スプリング」

全体的に爽やかな印象の4拍子のマーチです。曲想に合った、明るめの音色での演奏を目指しましょう。

冒頭~ 1・3小節目の低音から音楽が生まれる

1・3小節目の1拍目のバリトンサックスは、非常に重要な音を担当します。豊かに1拍目を鳴らしたら、2拍目からのメロディパートに道を譲るように、少し楽に演奏します。

メロディ・ハモリの4分音符は、低音楽器を聴いて入ります。低音楽器が根音をとって、分散和音を演奏しますので音程に注意してください。

練習番号A~ レガートになり過ぎず、タンギングを活かす

バリトンサックスの頭打ちは、8分音符で書かれていますが、余韻を使って、短くなり過ぎないように注意します。コントラバスがいる場合、ピッチカートで演奏していますので、真似すると良いでしょう。

バリトンサックスの頭打ちは、この曲全体を通して上記の吹き方で。コントラバスのパート譜を見て、弓で弾くか、ピッチカートで演奏しているかを見ておくと、ヒントになると思います。

ピッチカート

メロディは、レガートで歌いたくなるようなフレーズですが、まずはタンギングを活かして演奏します。16分音符は、緩くならない(3連符にならない)ようリズムに注意し、後ろの8分音符にくっつけて演奏します。

バージェス

強いタンギングを使うフレーズではないけど、歯切れよさを少し出しておくことで、後のトリオとの対比ができます。

それに対して、練習番号Bから始まるテナーのオブリガードは、幅広くレガートで演奏します。音色はユーフォニアムに溶け合うよう、柔らかく作ります。

練習番号C~ 主となる楽器・曲の雰囲気の移り変わりに注意

練習番号Cからの構成は、次の通りです。

  • 練習番号C…低音楽器メロディ
  • 練習番号D前半(~28小節目)…木管楽器メロディ
  • 練習番号D後半~E…トランペットメロディーの金管主体

低音楽器のメロディは、音が短くなり過ぎないように。短くなると力強さが半減します。

低音楽器の裏で演奏するアルト・テナーの伴奏は、速い息で歯切れよく演奏しましょう。音色は多少硬くなってもOKですが、低音のメロディより大きくならないように意識します。

アルトの24小節目の3拍目は要注意です。表拍は歯切れよく、裏拍からはできるだけ柔らかい音色で、クラリネットに溶け合うように。

29・30小節目のアルトは、1拍目裏のスタッカートを切りが汚くならないように。2ndにだけ、1拍目表拍にテヌートがありますが、1stもテヌートを意識します。

課題曲2022-2-29小節目

29・30小節目のテナーは、クレッシェンドを先導する意識で演奏します。ただしメロディではないので、音量を追い越さないように注意してください。

練習番号Eからは、金管主体の音楽です。アルト・テナー・バリトン全てのパートで、同じ動きをしている金管楽器がありますので、そちらを聴きながら響きを足す・サポートに徹します。

トリオ~ 休符前の8分音符の処理に注意

トリオ冒頭のバリトンは超重要です。ここのデクレッシェンドは、音量だけでなく、音色や雰囲気も変えるイメージを持ってください。

アルトはクラリネットに溶け合うような音色で。43小節目の形で、8分休符の前にある8分音符は、余韻を残して切ります。

練習番号Gからのテナーに、メロディと同じ音形が出てきます。(62小節目など)メロディと吹き方を統一しましょう。音の上行・下行に合わせて少しだけクレッシェンド・デクレッシェンドを入れると、歌いやすいです。

課題曲2022-2-59小節目

バリトンの頭打ちは、前の音よりも柔らかく演奏します。

練習番号H~ 転調による雰囲気の違いを意識

練習番号Hのアウフタクトから、音楽の様子が一変します。音量だけでなく、音色・発音でも変化を出せるようにしましょう。

87・88小節目のバリトンの裏打ちのような動きは、打楽器の音形に合わせて(自然な減衰をもって)演奏します。

バージェス

この曲に限らず、低音楽器を担当するときは、打楽器を聴くと演奏のヒントを得られることが多い。

同じ刻みでも、スネアなら軽い音楽、バスドラやティンパニなら重い音楽。

練習番号Jからは、転調して再現部となります。スラーが外れていますので、タンギングで歯切れよさを出しましょう。

テナーのオブリガードは、今まではユーフォニアムの柔らかい雰囲気に合わせましたが、ここはトロンボーンの歯切れの良い形に合わせましょう。

基本最後までトランペット・金管主体の音楽となりますが、練習番号Kのアウフタクトから3小節間だけ、クラリネット・木管主体の音楽となります。全パート柔らかい発音・音色で演奏しましょう。

104小節目の3・4拍目は、多くのパートで符点のリズムをとります。このリズムは今までに登場しない特徴的なリズムなので、少し硬めの発音・音色ではっきり見せます。(ただしやり過ぎはNG)

110小節目のアルト・テナーの音形は、16分音符の前で間を開けて、16分音符は次の音符に繋がるようフレーズをとってください。

課題曲Ⅱを演奏するにあたり、特に身に付けておきたいサックスの奏法・練習方法をこちらで解説しています。

>【2022課題曲Ⅱ】サックスの奏法・練習方法を解説~マーチ「ブルー・スプリング」

課題曲Ⅲ.ジェネシス

全体的に柔らかい音色が必要ですが、特徴的なリズムや掛け合いを見せるために、はっきりとした演奏が求められます。

冒頭~ 16分音符のグルーピングを意識

16分音符は、次の長い音に対する、小さなアウフタクトだと感じて演奏すると、曲が前向きになります。

課題曲2022-3-1小節目

練習番号Aは金管主体の音楽です。アルトはホルンに、テナーはトロンボーンに、バリトンはチューバに音色をそれぞれ合わせます。

アルト・テナーのパートは掛け合いになっています。4分音符以上の長い音符は少し楽に吹いて、もう一方のパートが聴こえるようにアンサンブルを作ります。

16小節目は、2ndアルト・テナー・バリトンはシンコペーションなので、軽く音を抜きましょう。

練習番号B~ 楽譜は4/4拍子だが、実は変拍子

練習番号Bの4/4拍子で表記された箇所は、実は変拍子です。次の拍が頭拍になります。

課題曲2022-3-17小節目

メロディも伴奏も、不規則な頭拍の場所をしっかり発音し、少し弾むように演奏することで、変拍子の感じを出しましょう。

逆に2/4拍子の部分は、レガートに演奏することで、変拍子部分が際立ちます。

練習番号C~ 小節線をまたぐときのエネルギー

29小節目のアルト・テナーの動きは、裏拍からスラーが始まっています。裏拍から音楽が始まっていることをイメージして、はっきり発音します。

特に29・30小節目の4拍目の裏の音は、テヌートを感じて小節線を超えるのに、しっかりエネルギーをかけると音楽的です。

バリトンの4分音符は、次の2分音符のアウフタクトだと思って小節線をまたぎます。

練習番号D~ カノンのような掛け合い(階梯導入)に注目

練習番号Dのテナーのリズムを、2拍後にアルトがそのまま追いかけています。

このように同じ音形で、次々に入っていくような形を「階梯(かいてい)導入」と呼びます。

階梯導入は、リズムをはっきり見せると音楽的です。テナーはまずモチーフとなるリズムをはっきり見せる必要があります。

次に入るアルトは、周りの音に埋もれずにテナーの音形と同じであるように、リズムをはっきり見せます。ここがはっきり見えないと、階梯導入であることが分かりません。

バリトンの34小節目も、階梯導入の始まりなので、1拍目を特にはっきりと発音します。

練習番号F~ レガートでシンプルに歌いこむ

42小節目からはレガートの音楽、なるべく長くフレーズをとります。サックスやクラリネットがレガートで音楽を作れるほど、縦ノリで伴奏を入れるフルートとの対比が際立ちます。

時々あらわれる臨時記号が歌のポイントです。ここに想いをよりのせて歌いこみます。

バージェス

レガートの音楽で、臨時記号のついた音をどう表現するかで、演奏は大きく変わる。

56小節目から転調します。♭調でより柔らかい音でフレーズをとじます。

練習番号I~ 音量はそこまでいらないが、はっきりリズムを出す

61小節目のアルト・テナーは掛け合い。8分音符3つの並びが、順に繰り返されるので、はっきりリズムを出します。

練習番号Jからのアルト・テナーはホルンの補助です。音色が硬くなり過ぎてはいけませんが、発音をはっきりして、リズムをはっきり出します。16分音符から音楽が始まっていることを意識してください。

課題曲Ⅲを演奏するにあたり、特に身に付けておきたいサックスの奏法・練習方法をこちらで解説しています。

>【2022課題曲Ⅲ】サックスの奏法・練習方法を解説~ジェネシス

課題曲Ⅳ.サーカスハットマーチ

速いテンポのマーチです。曲全体を通して、特に16分音符のリズムが不正確になりやすいので、注意して演奏します。

冒頭~ リズムに注意(特に16分音符)

冒頭のシンコペーションは、金管楽器の補助です。(1小節目はホルン、2・3小節目はトランペット)

サックスの音色を前面に出す箇所ではないので、発音やタンギングが強くなり過ぎないように注意します。

冒頭部分は、特に16分音符のリズムを正確にとれるように練習してください。(3小節目のテナーとバリトン、6小節目)

16分音符は、油断すると3連符と混同しがちです。次の2つのリズムの違いは、明確に表現できるようにしましょう。

3連符と16分音符の注意点1

練習番号A~ この曲のモチーフの演奏方法

7小節目から始まるメロディは、装飾音符にアクセントがつかないよう注意を払ってください。装飾音符もフレーズの中に入れます。

バージェス

サックス奏者は、装飾音符にアクセントをつけて演奏してしまいがち

伴奏のバリトンは、7・8小節目の形は、3拍目裏の16分音符を4拍目頭の8分音符と繋げます。

また、9・10小節目の裏拍から始まる音を、次の表拍の音に繋げます。(17・18小節目のアルト・テナーの音形も同様に演奏します。)

課題曲2022-4-9小節目

練習番号Aからの形は、この曲のモチーフで何度も登場しますので、同じように演奏するようにしてください。

練習番号C~ 1stアルトソロとバリトンの見せ場

25小節目から始まる1stアルトのソロはメロディです、ピッコロ・フルートのソロは伴奏なので、アルトがしっかり存在感を出します。

歌に気を取られて、16分音符のリズムが緩くなる(3連符に近くなる)ことが無いように注意します。

バリトンサックスは、アルトのソロで吹く唯一の低音パートです。コントラバスのピッチカートを意識した演奏とすると良いでしょう。

ピッチカート

29小節目の3・4拍目の下行音階で少しクレッシェンドを入れると、歌が生まれます。

37小節目~(トリオ) 柔らかい音色で、pの音楽を

37小節目は、前までの音楽とは全く別の、柔らかい音色で入ります。トランペットの伸ばしは、前までの音楽の延長なので、惑わされないように。

練習番号Dの入りは、サックス主体のメロディです。それに対して、練習番号Eは木管全体でサウンドを作りますので、サックスの音色が目立ち過ぎないように。

メロディの始まり、真ん中のレの音が、アルトサックスとしては、音程が高くなりやすい鬼門の音です。

下のレを吹くときと同じように演奏し、オクターブキーを押すだけにすると、音程が上がりにくいです。詳細はこちらの記事をご覧ください。

>サックスの音程・ピッチ練習〜真ん中のレとミの練習方法

練習番号Dのバリトンサックスの裏メロは、音量pですが少し積極的に演奏します。

メロディの音量はmpですが、低音の裏メロを担当するパートが、バリトンサックスとバスクラリネットだけなので、少し大きめに演奏すると良いバランスです。

ただし、あくまでp・mpの音楽の中なので、過度に歌い過ぎると、音楽の雰囲気に合いませんので、注意してください。

練習番号F~ 金管楽器のサポートへ

トリオを抜けると、基本的には金管楽器主体の音楽が続き、幕を閉じます。

アルト・テナー・バリトン全てのパートで、同じ動きをしている金管楽器がありますので、そちらを聴きながら響きを足す・サポートに徹します。

練習番号Hから4小節間だけ、例外的に木管主体のメロディが入りますが、「木管主体」なので、サックスの音色だけが目立つような吹き方はNGです。

練習番号Hは、トリオの再現部ですが、雰囲気は変えて演奏します。

課題曲Ⅳを演奏するにあたり、特に身に付けておきたいサックスの奏法・練習方法をこちらで解説しています。

>【2022課題曲Ⅳ】サックスの奏法・練習方法を解説~サーカスハットマーチ

【スマホだけあればOK】あなたの演奏のお悩み、すぐに解決しませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

コンクールもレッスンも、「客観的にあなたの演奏を聴いて、評価する」と言う点は共通です。

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。