サックス奏法

バリトンサックス特有の上達法・コツ・吹き方

基本的には、どのサックスでも上達する方法は同じです。

しかし、バリトンサックス特有のコツや、特にバリトンサックスで習得しておくと、有利な技術も一部ありますので、それらを解説していきます。

私自身、バリトンサックスで、吹奏楽CDを十数枚レコーディングしてきた実績があります。

この記事を読んでほしい方
  • バリトンサックス奏者
  • バリトンサックスに持ち替えて、演奏される方

私バージェスが考える、バリトンサックス特有の演奏のコツはこちら!

結論

他のサックスと基本は同じ演奏法だけど、バリトン特有のコツがある

アンブシュアをすごく緩く作る

ハーフタンギングを習得できると便利

普段は別のサックスを演奏しているけど、バリトンサックスに持ち替える必要がある方にとっても、参考となる内容となります。

ぜひ最後までお読みください。

ホームページを読んでも、「どの課題から取り組んで良いか分からない」「内容が難しくて理解できない」などのお悩みがありましたら、無料レッスンにお申し込みください。

レッスン生募集

家で楽器を演奏できない方に向けて、単発のセミナーを準備しています。

オンラインレッスンでは顔出しは必須ではありません。

1.バリトンサックスのアンブシュア

バリトンサックスを演奏する場合、アンブシュアはかなり緩くします。

具体的には、唇でマウスピースを360°包み込むだけのイメージ

他のサックスでは、唇で包み込んだ後、口元の筋肉で、アンブシュアを締めているが、バリトンではそれすらしていない

顎(あご)の力は全く使わず、噛んだりはしません。

バリトンサックスを吹いていて、下唇が痛くなる場合は、噛みつき過ぎてしまっている可能性が高いです。

バージェス

噛まないのは、どのサックスであっても同じだが、バリトンは特に顕著。

持ち替えたとき、上手くいかない原因の多くはアンブシュア。

他のサックスから持ち替える場合、いつもより緩めにアンブシュアをセットしてみましょう。

マウスピースだけで、演奏した場合の音程でも、噛みすぎていないかチェックできます。

私がマウスピースだけで演奏した場合、実音E♭の音が出ます。

サックスのアンブシュアの作り方については、こちらの記事で詳しく解説していますので、参考にしてください。

>サックスのアンブシュアについて全て解説〜クラシック・吹奏楽奏者向け

2.バリトンサックスの道具選び

バリトンサックスを演奏するうえで、特に準備しておいた方が良い道具を紹介します。

2-1.マウスピース

バリトンサックスの場合、他のサックスよりも広めのマウスピースを選ぶのが、一般的です。

バリトンは、息をたくさん必要とするため、開きの狭いマウスピースだと息の量に耐えられません。

一般的な開きは、アルトサックスで書かれていることが多いので、注意してください。

バリトンバリトン以外
S80D・EC⭐︎
S90190・200170・180

最終的には、マウスピースの開きも演奏者の好みです。

しかし、プロの演奏家も含め、バリトンサックスは広めのマウスピースが好まれている事実は知っておいてください。

他のサックスのマウスピースより、広い開きのものを使うのが、バリトンでは一般的

2-2.ストラップ

正しい姿勢を維持できないと、息の通りが悪くなり、良い音を出すことができません。

バリトンサックスは特に、楽器自体の重量がかなりあるため、姿勢を維持することが難しいです。

そこで重量を分散してくれるストラップを選ぶことが重要です。オススメは「ブレステイキング」です。ソプラノ~バリトンまで、全てのサックスで使用できますが、バリトンサックスでは特にオススメです。

ブレステイキングは単体でも使えますが、より重量を分散するための付属パーツ「ラップリフト」も併用すると、より身体が楽になります。

バージェス

私自身、ソプラノ~バリトンまで全てブレステイキング+ラップリフトを使用している。

割高ではあるが、楽器演奏は何より体が資本なので、楽器の重量を分散して、身体を守るのが長く演奏を続けるには大切。

3.バリトンサックス奏者が習得しておくと、特に便利な技術

これから解説する2つの技術は、どのサックスを演奏する場合でも、必要な技術です。

しかし、バリトンサックス吹きにとっては、使用頻度が高いため、身に付けておくと差がつく技術です。

3-1.ハーフタンギング

ハーフタンギングとは、リードと舌が触れた状態で音を出す演奏法です。

舌をリードにつけ過ぎてしまうと、リードの振動が全て止まってしまうため、音が鳴りません。

そのため、極めて軽く、舌とリードが触れた状態となります。

バリトンサックスなどの低音楽器は、跳躍が多い。

特にオクターブキーをまたぐ、スラーの楽譜は、ハーフタンギングを入れたほうが、より綺麗につながって聴こえる。

レ-ラ連結

一般的なクラシックの曲では、低音楽器は根音をとるので、跳躍が多くなりがちです。

一方、中音域以上の楽器は、前の音から大きな跳躍を作らないようにして、メロディの横の流れを意識して書かれていることが多いです。

これが、特にバリトンサックス奏者が、ハーフタンギングを学ぶと有効である理由です。

ハーフタンギングについては、こちらの記事で詳しく解説しています。

スラーを綺麗につなぐこと以外にも、メリットはたくさんありますので、ぜひお読みください。

>サックスの汚いタンギングからの脱却~ハーフ・スラップ

3-2.素早いブレス

バリトンサックスは、休符がない中、きざみなどを吹き続けなければならないことが多いです。

そこで、素早くブレスをとる技術は、バリトンサックス奏者には特に求められます。

素早いブレスの取り方は、次の通りです。

  1. 息を吐き切る
  2. 脱力する

息を吐き切っていれば、吸おうとしなくても、脱力するだけで身体に空気が取り込まれます。

たくさん息を吸えるに越したことはありませんが、必要な量だけ息が吸えていればOKです。

バージェス

あまりに長いこと休符がない場合は、少ない量で良いから、短く・数多くブレスをとるようにしています。

息の吸い方全般は、こちらの記事で詳しく解説しています。

>管楽器の呼吸法 第2回~息は「吐く」より「吸う」のが大事 ブレスのコツ

4.身体の響かせ方

身体を共鳴・響かせる場所は、サックスを演奏していても、声楽と同じ場所を共鳴させるべきです。

そうすることで、音が当たりやすくなったり、響きが増したりします。

共鳴させる場所

1→5の順で、徐々に高音域になります。

  1. 首の下側
  2. 首の後ろ
  3. 口蓋垂(こうがいすい・のどちんこのこと)
  4. 頭のてっぺん
  5. 眉間(みけん)

バリトンサックスの低音は、①や②の箇所を響かせるように意識しないと上手く当たりません。

また、最高音付近は、バリトンの場合、当たりにくい設計となっているので、④頭のてっぺんから音が鳴るイメージを持って演奏しましょう。

特に他のサックスから、バリトンに持ち替える場合、身体が響く・共鳴する箇所が違うということを意識する。

5.低音楽器全般の注意事項

バリトンサックスで、吹奏楽やカルテットに参加する場合、次の2点に注意すると、演奏効果が劇的に上がります。

低音楽器が心がけるべきこと
  • どのパートよりも速く音を立ち上げる
  • 音程を低めにとる

低音楽器のルールは、こちらの記事で詳しく解説していますので、ぜひお読みください。

>バリトンサックス・低音楽器の演奏のコツ~吹奏楽指導者も必見

まとめ

バリトンサックス上達のために、特に意識すべき点は次の通りです。

今回の要点
  • アンブシュアはかなり緩く作る
  • バリトンのマウスピースは、開きが広いのが一般的
  • ハーフタンギング・呼吸法を特に重視する
  • 他のパートより速く出る・音程は低めにとる

バリトンサックスを吹きこなし、より充実したサックスライフを送ってみませんか?

今回紹介した内容は、あくまで一例です。レッスンではあなたの問題に合わせた、課題解決プログラムをご提案します。吹奏楽CDレコーディング30枚以上の実績がある私、バージェスにお任せください。もちろんレッスンでは、バリトンサックスを使用します。

オンラインでも対応しますので、全国どこからでも受講可能です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

サックス・楽器全般にかかる上達のヒントはこちら→バージェスのサックス塾~上達のためのメニュー