エチュード・教本

【サックス教本 ラクール】練習方法のヒント解説シリーズ~1曲目

サックス教本の代表であるラクールの練習方法を、1曲ごとに解説します。

ここでは、第1曲目を解説します。演奏例は、こちらで公開しています。

ラクールには本来、ピアノ伴奏はありません。

しかし、サックスのような単音楽器(1度に音が1つしか出せない楽器)であっても、和声の流れを意識して演奏することは大切です。

今回使用したラクールのピアノ伴奏は、作曲家の柳川 瑞季さんが作曲・演奏したものを提供いただきました。

私自身、ラクールは50曲全てを学習しました。

また、ラクールに関しては独学でも、レッスンを受けたことも、レッスンをしたこともあり経験豊富です。

私自身がつまづいた点、レッスンする際に重視している点を中心にまとめました。ぜひ、最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

全体を通じて

演奏全体の注意点を解説します。

この練習曲のテーマ、習得すべき技術とも言えますので、特に意識して練習しましょう。

音量

最大音量はfですので、mfも大きめになるように、構成を考えましょう。(ffは出てこない)

また、1小節かけてクレッシェンド、次の小節でデクレッシェンドのパターン(3・4小節目など)は、過度に音量は変化させません。

あくまでmpの中で音量を変化させます。

バージェス

音量変化も含め、自然に音楽が流れるように意識しよう。

クレッシェンド・デクレッシェンドは大きくかけるほど良い、というわけではない。

ヴィブラート

ヴィブラートがかけられるのであれば、積極的にかけましょう。

全ての2分音符にかけてもOKです。

ビブラートをかける場合、全て同じヴィブラートとならないよう(1種類のビブラートだけ使うことのない)よう注意。

音量や音の高さによって、色々な種類のビブラートを使います。

ビブラートのバリエーションのヒントについては、こちらで解説しています。難易度は高いかもしれませんが、是非お読みください。

>サックスのビブラート〜表情豊かな演奏にするためのかけ方とコツ

個別のポイント

各小節やフレーズごとの個別の注意を解説します。

6小節目(38小節目)

頭拍にある、下の「ソ」の音がポイントです。

2つ目のフレーズ(5〜8小節目)で登場する音のうち、1番出しにくい音になります。

アタック(音の入り)が強くなり過ぎないように注意しましょう。

この音だけ吹き方を変えてしまうと、メロディが繋がらなくなってしまう。

この「ソ」の音を綺麗に出せる吹き方を探して、他の音も同じように演奏しましょう。

45小節目も同様です。

8小節目(39小節目)

サックス吹きにとって厄介な「真ん中のレ」です。

全ての箇所で「真ん中のレ」の音程に注意してほしいですが、この部分は音程が上がりすぎないように注意しましょう。理由は次の2つです。

  1. フレーズ終わりは、落ち着いた雰囲気を出したい
  2. 音が下行していくメロディの音

フレーズ終わりは、落ち着いた感じを出したいところですが、音程が下がりきっていないと、落ち着いた雰囲気が出ません。

また、音が下がっているのに、後ろの音の音程が上がってしまうと、前の音との音程差が狭くなってしまいます。

音程差が狭いと、音痴に聴こえやすいので注意が必要です。

厄介な「真ん中のレ」の音程については、次の記事で対処法を解説しています。是非お読みください。

>サックスの音程・ピッチ練習~真ん中のレとミの練習方法

15・16小節目

15小節目、1拍目の高いドの音が大きくなってしまいがちですが、1番大きい音は16小節目のソの音です。

ソの音は、クレッシェンドの出口、fで演奏します。

このfの音は減衰しないで、拍いっぱいまで伸ばし切りましょう。

こうすることで、よりfを強調できますし、17小節目のpとの対比が活きます。

17小節目

ここから転調し、ト長調になります。

強弱記号もいきなりpとなりますので、雰囲気をガラッと変えられるよう意識しましょう。

転調のタイミングで、曲の雰囲気を変えることは、どんな曲であっても大切です。

20・29小節目

音量記号はmfですが、この曲の中では大きい方です。(最大音量がfで、曲全体でも1度しか登場しない)

大きく聴こえさせる方法は、音量を大きくする以外に、次のような方法もあります。

  • 音の出だしをはっきり入る
  • 音を硬めにする
  • ビブラートを深くかける

ラクール全般の練習方法や次の曲に進むべきタイミングなどについては、こちらの記事で解説しています。合わせて参考にしてください。

>サックス教本・エチュード~ラクールの練習方法と得られる効果

【スマホだけあればOK】あなただけの効果的なラクールの使い方を知りたくないですか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。レッスンではあなたの問題に合わせた、課題解決プログラムをご提案します。エチュードは演奏者のレベルや悩みによって学ぶべき内容が、1人1人違います。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。