エチュード・教本

【ラクール4曲目】練習方法~短調と高い音への跳躍

サックス教本の代表であるラクールの練習方法を、1曲ごとに解説します。

ここでは、第4曲目を解説します。演奏例は、こちらで公開しています。

ラクールには本来、ピアノ伴奏はありません。

しかし、サックスのような単音楽器(1度に音が1つしか出せない楽器)であっても、和声の流れを意識して演奏することは大切です。

今回使用したラクールのピアノ伴奏は、作曲家の柳川 瑞季さんが作曲・演奏したものを提供いただきました。

私自身、ラクールは50曲全てを学習しました。

また、ラクールに関しては独学でも、レッスンを受けたことも、レッスンをしたこともあり経験豊富です。

私自身がつまづいた点、レッスンする際に重視している点を中心にまとめました。ぜひ、最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

全体を通じて

演奏全体の注意点を解説します。

この練習曲のテーマ、習得すべき技術とも言えますので、特に意識して練習しましょう。

シンプルな歌いまわし

前の3曲と比較して非常に歌いやすいですが、音1つ1つで歌う(音を押す)ような表現は避けましょう。

息の使い方はロングトーンで、クレッシェンド・デクレッシェンドを長いフレーズでかけます。

音量や音域に関係なく、常に息がスムーズに流れるように。

ロングトーンで吹きながら、指だけ動かす。

バージェス

音域によって抵抗感が変わるので、「ロングトーンをしながら指だけ動かす」というのは、実は結構難しい。

理想はどんな音域でも、同じ息の使い方で演奏できるテクニックを身に着けることです。

そのための練習方法をこちらの記事にまとめていますので、ぜひお読みください。

>ロングトーン応用編~サックス・吹奏楽奏者に向けた効果的な練習

ちなみに歌いやすくなったのは、4曲目からは8分音符が登場し、リズムに動きが出たためです。

短調の演奏方法

4曲目では、短調のフレーズが初めて登場します。

音色は柔らかめ・暗めを意識しましょう。

7小節目は長調のメロディーの中で、短調が現れます。

15小節目も7小節目と同じく、長調のメロディの最後から短調が現れますが、その後24小節目まで長く短調のメロディが続きます。

演奏者は長調・短調どちらのフレーズを演奏しているのか意識して、明確に吹き分ける。

バージェス

一概には言えないが、短調は心の内面から湧き出る感情を表現することが多い。

フレーズの対比

同じフレーズが音量違いで、登場します。(17小節目~と21小節目~/33小節目~と37小節目~)

音量だけではなく、発音・音色・ビブラートでも差を出します。

差をつけるためのヒントとして、一般的な表現方法を紹介します。

音色発音ビブラート
f硬め・明るめ力強く速め・深め
p柔らかめ・暗め繊細に遅め・浅め
バージェス

この表は、曲を表現するのためのヒントでしかなく、答えではない。

自分で抱いた曲のイメージを大切に。イメージ力を鍛えたいなら、良い音楽をたくさん聴くこと。

rall.(ラレンタンド)の演奏方法

ラレンタンドは、「rall.」という記号を見た瞬間、テンポを遅くして演奏するのが一般的です。

緩やかにテンポを遅くしていく「rit.」(リタルダンド)とは異なります。

表記通りの演奏を心がけましょう。

個別のポイント

各小節やフレーズごとの個別の注意を解説します。

7小節目

高い音へ跳躍する時に、重要なことは、低い音をしっかり演奏することでした。

詳しくはラクール2曲目で解説をしましたので、参考にしてください。

>【ラクール2曲目】練習方法~跳躍進行とテヌートの演奏法

今回のように、跳躍した後の音が高音域の場合、吹き過ぎず、裏声で歌うイメージで演奏します。

裏声を使った方が美しく歌えるパターンは次の通りです。

  • 跳躍した後の高い音が、シ♭より高い音
  • フレーズが盛り上がっていない部分(フレーズ終わりなど)

ロングトーンのようにまっすぐ吹いてしまうと、高い音が大きくなり過ぎて、自然な歌い回しにならないので、注意しましょう。

14小節目

楽譜には書かれていませんが、3拍目をめがけてデクレッシェンドをすると、自然な歌い方になります。

フレーズが下行していくのに合わせて、自然にデクレッシェンドします。

4拍目は、pが書かれているので、更にもう1ランク小さい音からスタートします。

時には楽譜に書かれていなくとも、自然なフレーズの流れを優先する。

31小節目

高いドの音だけ、飛び出ないように注意します。

普通に吹くと、音量が大きくなりすぎたり、音色が開いて汚くなりがちです。

他のmfのフレーズの音とのバランスを考え、フレーズの中に入れます。

41・42小節目

ppですので、かなり小さな音で演奏しますが、音が貧弱にならないよう注意します。

サックスの中音域に特化した具体的な演奏方法・練習方法は、こちらの記事を参考にしてください。

>サックスの中音域(シ~ド#)~音色改善コツと2つの練習方法


ラクール全般の練習方法や次の曲に進むべきタイミングなどについては、こちらの記事で解説しています。合わせて参考にしてください。

>サックス教本・エチュード~ラクールの練習方法と得られる効果

【スマホだけあればOK】あなただけの効果的なラクールの使い方を知りたくないですか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。レッスンではあなたの問題に合わせた、課題解決プログラムをご提案します。エチュードは演奏者のレベルや悩みによって学ぶべき内容が、1人1人違います。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。