サックス奏法

サックスの中音域(シ~ド#)~音色改善コツと2つの練習方法

サックスの中音域は、音は出しやすいですが、押さえているキーが少ないことから、音が開いて綺麗に出にくいです。

そこで、中音域に特化した2つの練習方法を解説していきます。

私、バージェスが考える、中音域克服のための練習方法はこちら!

結論

高音キー(C2・C4・C5)を使った練習をする

オーバートーンの練習をする

これらの練習で中音域を磨けば、中音域で音が開いたり、貧弱な響きになったりすることはありません。

音色を良くするための練習は、ロングトーンだけではないです。

中音域の音色や演奏法に悩んでいる方は、ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.サックスの中音域を克服するための練習方法

「中音域の克服」に特化した練習方法を2つ紹介します。

バージェス

ここでは中音域に特化した練習を解説しています。

ロングトーンはどの音域でも重要な練習なので、これから紹介する練習方法と合わせて取り組んでください。

ロングトーンに関しては、こちらの記事で詳しく解説しています。

>ロングトーンとは〜サックス・吹奏楽奏者のための練習法とコツ

>ロングトーン応用編~サックス・吹奏楽奏者に向けた効果的な練習

1-1.高音キーを使った練習

次の運指で、楽譜に書かれた音程が鳴るように練習をします。(書かれているキーだけを押します。)

サックス中音域の練習

C2などサックスのキー名称が分からない方は、こちらをクリック→サックスのキー名称一覧

練習時に意識してほしいポイントは、次の通りです。

練習時に意識すること
  • 抵抗感が強くなるので、しっかり息を使って鳴らす。
  • 音程よりも響きや鳴りを重視して、通常の運指と同じような音が出るよう奏法を工夫する。

高音キーを使って良い音が出た時と同じ奏法で、中音域を演奏する。

バージェス

この練習は、出ている音はレ~ミの音だが、実際にはシ~ド#あたりの音域の練習になっている。キーをほとんど押さない、解放の音の演奏法を学ぶための練習法。

ここで紹介している運指は、練習用の運指なので、演奏で使うことは基本ありません。

強いて言うなら、上記「レ」の運指は、装飾音符などで、通常運指が難しい場合に使用します。

レ装飾音符の替え指
C2でレをとる例外

この場合は、C2と2番のキーでレの音を演奏します。

1-2.オーバートーンを使った練習

オーバートーンを使った練習は、特に中音域の練習で有効です。

実際に鳴っている(聴こえている)音には、かすかにその音より高い音が鳴っています。

このかすかに鳴っている高音のことを、倍音・オーバートーンと呼びます。

実際にやってみよう

通常運指とオクターブ下の運指を交互に使って、同じ音を出すように練習します。

アンブシュアや喉、息づかいを工夫して、オクターブ下の運指でも、音程は変わらないようにします。

オーバートーン練習 第2倍音

キーが塞がる数が違うので、音程差は若干出てしまいますが、どちらの運指でも、音色・響きを統一するように練習していきます。

オーバートーンは難易度が高めです。

焦らずじっくり取り組んでください。

オーバートーンに関しては、こちらの記事でより詳しく解説していますので、ぜひお読みください。

>サックスのオーバートーン・倍音のコツ~譜例あり!音色改善の練習法

2.サックスの中音域が難しい理由と練習の効果

中音域の難しさは、次の点にあります。

  1. 音が出しやすいので、間違った奏法でも音が出てしまう。(音が出なければ、奏法が正しくないのが分かる)
  2. 指をほとんど使わず、キーが開いている箇所が多いので、抵抗が少なく、音色が開きやすい。

先ほど紹介した2つの練習方法は、次の共通点があります。

2つの練習の共通点
  • 良い音が出るツボが狭い
  • 抵抗が強いので、息を多く使える

良い音が出るツボが狭い運指で演奏することで、自分の奏法の良し悪しが明確になります。

ツボが狭い場合、良くない奏法で演奏すると、音が出ないか、明らかに悪い音になるからです。

また、抵抗が強いので、しっかりと息を使うことが求められます。

そこで正しい息の使い方を学ぶことができます。

バージェス

通常運指の中音域は、どう演奏しても音が出てしまうので、良い演奏法を見つけるのは「砂漠の中で指輪を探す」ようなもの。

良い音が出るツボを狭くしてしまえば、音を出すための選択肢が減るので、「砂漠が砂場くらい」には変わる。

【スマホだけあればOK】きれいに中音域が出ない課題、すぐに解決しませんか?

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。中音域がきれいな音色で出せない原因は多岐にわたります。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

まとめ

サックスの中音域を攻略するための方法・ポイントは次の通りです。

今回の要点
  • 高音キー(C2・C4・C5)を使った練習を取り入れる。
  • オーバートーン練習を取り入れる。
  • 上記の特殊な運指で、しっかり鳴らせる奏法で中音域を演奏する。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。