サックス奏法

サックスの練習メニュー~考え方と厳選した練習方法を紹介

今やっている練習のメニューに、明確な意図はありますか?

なんとなく闇雲に練習してはいませんか?

練習についての考え方や、効果的な練習メニューは、上達に直結します。

そこで私自身が練習に取り入れて、効果が高かった考え方や練習法を厳選して紹介していきます。

私、バージェスの練習についての考え方はこちら!

結論

練習は、変化と反復練習の2種類

音階・スケール練習は極力取り入れ、できない部分を中心に練習メニューを組む

どう吹きたいかイメージする力をつけるには、良い音楽を聴くこと

精神論だけではなく、具体的な練習メニューも紹介していきますので、ぜひ最後までお読みください。

国際コンクール上位入賞の講師が行う、無料オンラインレッスン受付中

いつもと同じ練習時間・練習場所でも、最短で上達できる方法があります。一気に上達して、聴衆や共演者を驚かせてみませんか?

スマホを持って、カラオケ・スタジオ・自宅などの演奏できる環境に行くだけで、プロがあなたの課題に合わせた上達法や悩みの解決法をアドバイス!

普段の練習と同じ場所・同じ持ち物で受講でき、時間のない方に選ばれています。

今なら無料でお試しいただけます。

無料オンラインレッスン受付中!

1.【前提】練習で大切な考え方

具体的な練習メニューを考える前に、練習全般の考え方を解説していきます。

1-1.練習の種類~変化と反復

どのような練習であっても、楽器を使った練習の種類は、次の2つに分類されます。

練習の種類
  1. 演奏に小さな変化をつけて、良くなるポイントを探す
  2. 変化後の演奏法を無意識でできるように反復する

①と②、どちらの練習をしているのか、しっかり意識することが大切です。

奏法を変化させる

劇的に演奏方法を変えるわけではなく、ほんの小さなポイントだけ奏法を変化させます。

アンブシュアの小さな変化の例
  • 下唇の巻き加減を浅くする or 深くする
  • マウスピースのくわえかたを浅くする or 深くする or 角度を変える
  • 口の中の状態・舌の位置を変えてみる
  • 噛みつく力加減を変えてみる
  • ほっぺの状態を変えてみる

奏法を変化させる際のポイントは、次の通りです。

ほんの少しでも良くなったら、その演奏方法を継続してみる。

変化させて、ある程度試しても上手くいかない場合は、すぐに変化前の奏法に戻す。

上手くいかない場合、すぐに前の奏法に戻せば、悪い癖がつく前に、以前の奏法に戻せます。

今の自分の演奏に納得していないのに、闇雲に反復練習だけをしてしまう。

上手くいっていない演奏方法で、反復練習をしてしまうと、悪い癖がついて、かえって上達が遠のきます。

反復練習する

演奏法を変化させて、少しでも良い方向に進んだら、その演奏法が無意識にできるまで、反復練習します。

無意識で、その演奏法になるようにしておかないと、演奏会本番など緊張した状態では使えません。

「変化」と「反復」については、こちらの記事でより詳しく、具体的な実践例を交えて解説しています。

>楽器上達のコツ!毎日の楽器練習を効率よく行うための2つの考え方

1-2.練習メニューの割合

万人にオススメできる練習メニューは存在しません。効果的な練習メニューは、練習できる時間や頻度、奏者の技術によって変わるからです。

しかし、練習メニューを決めるうえで、ある程度のルールは存在します。

できないことを練習する

本当に上達したいなら、自分ができない部分に目を向けて、重点的に練習すべきです。

理解してはいても、やってしまいがちなのが、できる部分ばかり吹いてしまうことです。

できる部分は、吹いていて気持ち良いし、楽しいですが上達には繋がりにくいです。

基礎練習と曲練習のバランス

曲ができていないのに基礎練習ばかりをすることは難しいです。

曲に取り組む場合、お客様や一緒に演奏するメンバーにまで影響が出るからです。しかし、次の点には注意するようにしてください。

  • 曲練習より、基礎練習を行った方が上達のスピードは速い
  • 音楽に100点満点はあり得ないので、曲練習に固執しすぎると、上達につながる基礎練習の時間がとれない。

例えば、タンギングの基礎練習をして、タンギングの精度が上がれば、今後演奏する全ての曲に活かされます。

曲を速く仕上げて、基礎練習の時間を長くとる。

バージェス

基礎が固まるほど、曲を仕上げるスピードが速くなって、より基礎練習に使える時間も増える。

曲で自分と同じパートに上手な人がいたら、その人を頼って、初めは基礎を固めるのもあり。

1-3.練習と道具

サックスの魅力の1つに、道具(マウスピース・リガチャー・リード・ネジなど)をカスタマイズすることがありますが、固執しすぎるのは良くありません。

サックスの1つの楽しみ方として否定はしませんが、残念ながら万能な道具は存在しません。

もし万能な道具が存在するなら、全員が同じセッティングになるはずです。

バージェス

演奏が上手くいかないとき、もっと良い道具がないか探す人は、大概うまくいかない。

下手=罪ではない。自分の今の力を認めて、謙虚に練習していくべき。

初心者の 上級者への 道のりは 己が下手さを 知りて一歩目出典:スラムダンク

一方で「道具は全く選ばなくてもよい」というわけではありません。良くない道具を使うと、上達を妨げます。

楽器・マウスピース・リードは特にきちんと選定しましょう。

バージェス

道具はRPGのアイテムに似ている。

アイテム(楽器の部品など)集めも大切だけど、本質として大事なのはレベル上げ(自身の楽器上達)。アイテムは必要に応じて使う程度が、ちょうどいい距離感。

選定に関しては、こちらの記事にまとめています。

>サックスのリードの選び方~新品を買う→使い始めまでの正しい工程

樹脂リード選定サービス

楽器やマウスピースの選定品を取り扱うお店は多いですが、リードは見かけません。

このホームページから、私にリード選定を依頼することが可能です。詳しくは下記のリンクをクリックしてください。

>バージェスのサックス塾~樹脂リード選定サービス

2.具体的な練習メニュー(基礎練習)

具体的な練習メニューを解説していきます。

この中から、自分が苦手なテクニック、演奏する曲で使用するテクニックを中心に練習メニューを組みます。

2-1.音階・スケール

音階・スケール練習は、練習時間が少なくとも必ず取り入れます。

ほとんどの音楽が、音階をもとに構成されています。

音階・スケール練習を行うことは、数多くのメリットがあります。

音階・スケールのメリット
  • 譜読みが速くなる
  • 音楽の調性や緊張・解放を理解でき、楽譜を正確に演奏できる
  • 「広い音域で、同じ息の使い方・同じ奏法で演奏する」練習ができ、演奏が安定する

音階・スケール練習では、次のポイントを意識します。

サックスの全音域を使った損壊・スケールを、暗譜できるまで練習する。

バージェス

音階の教本を持っている人は多いけど、それを練習し続けている人は意外と少ない。

参考書を買っただけで、頭が良くなったつもりになっている人と同じ。

難しいかもしれないが、遅いテンポからやれば必ずできるようになる。

暗譜までするのはとても大変ではありますが、得られるメリットはかなり大きいです。

音階・スケール練習について、こちらの記事でより詳しく解説しています。

>【意味ある?】サックスの音階・スケール~練習の意味と選ぶべき教本

また、サックスの全音域を使った音階・スケールの楽譜は、こちらの記事からダウンロード可能です。

>【無料楽譜あり】サックスの音階・スケール表と音階の覚え方

バージェス

音階・スケールの教本でオススメなのが、Perfect Scale for Saxophone Vol.1 Basic(松下 洋)

音階・スケール練習で使うべき、正しい運指が指定されている。

2-2.ロングトーン練習・音色練習

音色を良くするには、ロングトーン・オーバートーン練習が効果的です。

ロングトーン

音を伸ばすというシンプルな練習なので、曲を演奏するよりも、様々な部分に気を配ることができます。

気を配るポイント
  • 一定の奏法をキープする(音が震えないようにする)
  • ブレスコントロールを意識する
  • 自分の演奏法を見直す

ロングトーンは特定の音や音階だけに、偏らないようにする

臨時記号(#・♭)がついた音や、低音域・高音域は楽器の構造上、鳴りにくい音です。

鳴りにくい音こそ、積極的にロングトーンに取り組みましょう。

ロングトーンの基礎については、こちらの記事でより詳しく解説しています。

>ロングトーンとは~サックス・吹奏楽奏者のための練習方法

1つの音でのロングトーンだけでなく、複数の音との関係が大切です。

理想は、「全ての音域で、同じ息の使い方・同じ奏法で演奏する」ことです。

ロングトーンをしている音1つで、良い奏法を見つけても、他の音と奏法が違うと、スラーやレガートが上手く演奏できません。

具体的には、同じ次のように半音ずつ音を変えていく練習が効果的です。

ロングトーン課題2
ロングトーン課題3

同じ奏法で演奏(指だけ変える)し、高音域も低音域も良い音色・響きが得られる奏法を探します。

「全ての音域で同じ吹き方をする奏法」については、こちらの記事により詳しく解説しています。

>ロングトーン応用編~サックス・吹奏楽奏者に向けた効果的な練習

オーバートーン

オーバートーンは、フラジオ奏法の練習として有名ですが、音色の向上にも大きな効果があります。

「オーバートーンの吹き方で、通常の運指で演奏する」ことを推奨します。

オーバートーンを使う理由
  • 楽器全体を使って鳴らせる(オーバートーンの運指は低音域と同じ)
  • オーバートーンでは、音を出すツボ自体が小さいので、オーバートーンで鳴らせれば、正確な奏法に近づく

サックスは簡単に音が出てしまうがゆえに、正しい奏法から遠く離れていても演奏できてしまい、逆に正しい奏法を探すのが難しい楽器です。

音を出すツボが小さく、難しいオーバートーンの奏法は、正しい奏法を探す大きな助けとなります。

具体的には、次のような練習をします。(上が鳴っている音程・下段が運指です)

オーバートーン練習 第2倍音

上記で紹介した譜例は抜粋ですが、こちらの記事で、全音域にわたって譜例・参考演奏を掲載しています。また「オーバートーンとは?」という、基礎的な内容についても解説しています。

>サックスのオーバートーン・倍音のコツ~譜例あり!音色改善の練習法

バージェス

オーバートーン練習は難しいが、上達したい人はぜひ試してほしい。

音色や響きが劇的に良くなります。

2-3.タンギング練習

タンギング練習の要点を解説します。より詳細なタンギング練習については、こちらの記事で解説しています。

>サックスのタンギングを全解説~基礎と練習法、特殊なタンギングまで

タンギング練習は大きく分けると、次の3種類に分類されます。

タンギング練習の種類
  1. 基本的なタンギングの練習(舌の動かし方、速度を上げる練習など)
  2. 特殊なタンギング(ダブルタンギングなど)
  3. 曲に合うタンギング・発音方法を研究

基本的なタンギング練習

タンギングの基本は、「舌で音を切る」ことです。

基本は息は一定です。息を出しっぱなしにしても、舌でリードの振動を止めれば、音は切れます。

次の譜例で、息は使わず、舌だけで音を止められているかチェックしてください。上段が演奏する楽譜、下段が息の流れ(=ロングトーンと同じ)となります。

タンギング時の息づかい1

意外と難しいのは、遅いタンギングです。

遅いタンギングでは、舌に無駄な動きが多くなりがちです。(速いタンギングの場合、舌が無駄な動きをしている時間がないからです。)

そこで次の譜例を練習してみてください。舌の動かし方を一定にするようにします。

タンギング特別練習

特殊なタンギング練習

特殊なタンギングには、次のような種類があります。

特殊なタンギング
  • ハーフタンギング
  • スラップタンギング
  • ダブルタンギング

特殊なタンギングを習得するには、難しいですが、それぞれのタンギングのコツをつかむ必要があります。

こちらの記事で、特殊なタンギングに特化した内容を詳しく解説しています。

【ハーフタンギング・スラップタンギング】

>サックスの汚いタンギングからの脱却~ハーフ・スラップ

【ダブルタンギング】

>サックスのダブルタンギング~上手くできない理由と対処方法・コツを徹底解説

「ハーフタンギング」は特殊なタンギングですが、演奏で使える局面も多く、使用頻度が高いので、練習することをオススメします。

曲に合うタンギング・発音方法を研究

タンギングの研究に有効な練習方法は、次の2点です。

  • エチュード・曲の練習をする
  • 様々な演奏を聴く(サックス以外の演奏も)

曲によって、使うタンギングは変わります。そのため音階よりも、エチュードや曲を使った練習の方が有効です。

そして「どのようなタンギングで演奏するか」をイメージします。イメージを鍛えるには、「良い音楽を聴く」ことが重要です。

エチュードの使い方・良い音楽を聴くことの重要性は後述します。

2-4.ビブラート練習

ビブラート練習の要点を解説します。より詳細なタンギング練習については、こちらの記事で解説しています。

>サックスのビブラート~かけ方の基礎・上級テク・練習の盲点まで完全解説

ビブラート練習は大きく分けると、次の2種類に分類されます。

ビブラート練習の種類
  1. 基本的なビブラートの練習(波の大きさ・速さを均等にする練習など)
  2. 曲に合うビブラートを研究

基本的なビブラートの練習

次の手順で練習していきます。

ビブラート練習の手順
  1. まずは波をかけることに集中(音楽的でなくてOK)
  2. 小さな波がかかるように練習
  3. 一定のテンポで波がかかるよう練習

一定のテンポで波をかけるために、次の楽譜で練習するのが一般的です。

ビブラート基礎練習

曲に合うビブラートの研究

ビブラートの一般的な種類は次の通りです。この中から曲に合うビブラートを選びます。

サックスのビブラートの種類

波の速さが大きく・速いほど、テンションの高い音楽になります。

また「ビブラートをかけない」というのも選択肢の1つです。

曲に合うタンギングを研究するのと同様に、エチュードや曲を使った練習や、「良い音楽を聴く」ことが重要です。

2-5.リズム練習

リズム練習で有効なのは、裏拍の位置を5つ覚えてしまうことです。

裏拍パターン

具体的には、次の譜面を使って練習します。ハ長調以外の調でやるのも効果的です。

サックス用リズム練習
練習するときの注意点

この練習は、演奏前のブレスを必ず統一してください。これで効果が倍増します。

  • ①・②・⑤・⑥→ブレスは1拍前にとります。②・⑥のように最初に休符があるパターンでは、休符の間は息を止め、音の入りに備えます。
  • ③・④・⑦→ブレスは小節頭の休符の間にとります。

ブレスを統一することで、休符の長さ(間)を意識することができ、身体で記憶することができます。

リズム練習については、こちらの記事でより詳しく解説しています。

>楽譜のリズムの取り方を学ぶたった1つの練習法~吹奏楽・サックス奏者のための

音源を聴いてから演奏するということは、自ら譜面を読む機会を逸してしまう行為なので、やめましょう。

(※音源を聴くのは自分で1度、譜読みをしてからにしましょう。)

曲を耳で覚えてしまいがちな人は、大体リズムの取り方が甘い。“なんとなく正しいリズム“にはなっていますが、正確なリズムではありません。

本人は気が付かないかもしれませんが、きちんと音楽を勉強している人にとっては、リズムが取れていないように聴こえます。

3.具体的な練習メニュー(エチュード・曲)

スポーツで例えると、基礎練習がトレーニングなのに対して、曲が試合・エチュードは練習試合といったとこでしょうか。

素振りだけでは野球が上手くならないのと同じで、実践経験を積まなければなりません。

素振り

3-1.エチュード

エチュードは「サックスの上達に特化した教本」なので、練習メニューに積極的に取り入れましょう。

吹奏楽部全体で使っている教本(3Dバンドブックなど)は、「吹奏楽のためのエチュード」なので、「サックスの上達」のために使うのは不十分です。

エチュードの主なメリットは、次の通りです。

エチュードの主なメリット
  • エチュードを1つ通してやることで、様々な曲のパターンを体系的に学べる
  • 曲のように書かれているが、あえてサックスで演奏しにくい箇所も含まれている

曲練習ばかりやっていると、どうしても自分や所属団体にとって、好みの曲に偏ってしまいがちです。

エチュードを使って、様々な曲のパターンに触れましょう。

サックスで取り組むべきエチュードとその内容について、こちらの記事で詳しく解説しています。

>サックスのエチュード・教本~おすすめとやる順番(初心者~上級者)

こちらの記事では、エチュードの定番であるラクール・クローゼに特化して解説しています。

>サックス教本・エチュード~ラクールの練習方法と得られる効果

>【クローゼ:25の日課練習】効果的な練習方法とメリット~サックス教本・エチュード解説

3-2.曲練習

曲練習を個人で取り組むときに注意すべきことは、まず楽譜に書かれた内容を正確に演奏することです。

楽譜に書かれた内容とは、次の通りです。上に書いたものほど重要度が高いです。

  • リズム
  • テンポ
  • アーティキュレーション
  • 音量・ダイナミックス
  • 音程

リズムは原則、正解があります。テンポも数字で明確に指定されていれば、それが正解です。

リズムやテンポの変更は、合わせ練習で行うので、個人練習の段階では考える必要はありません。

一方で音量や音程は、周りの音との兼ね合いがあるので、個人練習では正解を見つけ出せません。

音量の変化がほとんどない、チューナーから音程が大きく離れている、などのことがなければ一旦はOKです。

また、曲はある程度余裕をもって、演奏できるようにしておくことが重要です。

合奏練習の場合「周りの音を聴く」ことにも、脳を使わなければならないので、自分の演奏だけに意識を向けることはできません。

4.楽器が使えないときの練習

「練習=楽器を吹く」だけではありません。楽器を持たなくとも、できる練習もあります。

ここで紹介している練習は、楽器が吹けないので仕方なく行うものではなく、楽器が吹ける局面でも非常な重要な練習となります。

4-1.良い音楽を聴く

良い音楽を聴くことが重要なのは、どのように曲を演奏したいのか、イメージを作る練習になるからです。

どんなに技術を磨いても、イメージできていない音は出すことができません。

さらに良い音楽にするためにイメージを磨く、イメージした音を出すために技術を磨く。イメージと技術は楽器上達にとって、車の両輪のようなものです。

上から見た車のイラスト(ワゴン)

車は片輪では走行できないように、良い音楽を聴くことは、楽器を使った練習と同じくらい重要です。

上達につながる音楽の聴き方・イメージの重要性はこちらの記事で詳しく解説しています。

>サックス・吹奏楽部員のための音色改善・イメージの重要性とセンスについて

バージェス

いろいろな音楽表現を思いついて、実行できる人が「センスのある」と言われる。

つまりセンスは、先天的なものではなくて、磨いていくもの。

4-2.マウスピースだけ・マウスピース+ネックの練習

吹奏楽部員で、楽器は学校のものを借りている場合には重宝できる練習です。

マウスピースだけの練習

アンブシュアの確認と柔軟性の練習をすることができます。

マウスピースだけで演奏したときの音程を、チューナーで確認してみてください。

私がマウスピースだけで、演奏したときの音程を記載します。

これが答えではないですが、参考にしてみてください。

楽器音程(実音)
ソプラノH
アルトA
テナーG
バリトンE♭

マウスピースを噛み過ぎると、音程が高くなります。

また、マウスピースだけで音程を変える練習も有効です。

マウスピースだけで、1オクターブの音程が出れば、かなり柔軟なアンブシュアであることが分かります。

マウスピース+ネックの練習

マウスピース+ネックで息の使い方・音色・鳴りの確認を行います。

マウスピース+ネックでの練習は、シンプルに奏法を確認することができます。

  • マウスピースだけ→音色や息の方向を変化させにくい
  • 楽器をつける→音域によって抵抗感が変わる、音程などの要素で確認項目が多くなりすぎる

マウスピースだけ・マウスピース+ネックの練習については、こちらの記事で詳しく解説しています。

>スランプ脱出のヒント!サックスのマウスピース・ネックを使った練習

【スマホだけあればOK】プロがあなたに合わせた、独自の練習メニューを提案します!

スマホを持って、演奏できる環境に行くだけで受講できる、オンラインレッスンを受け付けています。普段の練習と同じ場所・同じ持ち物でお気軽に体験できます。しかも今なら、初回無料でレッスンを受講できます。

無料オンラインレッスン受付中!

レッスン内容に自信がありますので、無料レッスンを受けた後、有料プランへの勧誘は行いません。お気軽にお申し込み・お問合せください。

今回紹介した内容は、あくまで一例です。レッスンではあなたのお悩みに合わせた、個別の課題解決プログラムをご提案します。

吹奏楽CDレコーディング30枚以上の演奏実績と、ホームページ月間約20,000PVの指導実績がある私、バージェスにお任せください。

まとめ

サックスの練習メニューについて、幅広く解説してきました。

今回の要点
  • 練習は「変化」と「反復練習」の2種類
  • 音階・スケール練習は極力取り入れ、できない部分を中心に練習メニューを組む
  • どう吹きたいかイメージする力をつけるには、良い音楽を聴くこと

万人に共通する練習メニューはありません。

今回の記事をもとに、より効果的な、自分なりの練習メニューを構築するヒントにしてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。